妊婦はあぐらをかいても大丈夫?妊娠中の胡坐の影響と4つの注意点

スポンサードリンク




妊娠中、特にお腹が大きくなってくると、座るのも一苦労です。

どうやって座れば、楽に座ることができるのかと妊娠中に考えることがあるはず。

しかし、なかなかしっくりと来ずに自分流で座ってみたりアイテムを使ってみたりと、試行錯誤していませんか?

しかし、座り方を間違えると、骨盤がゆがみやすくなり、便秘や腰痛、肩こりの原因になります。

さらには、産後に骨盤が戻らず、腰痛や生理痛などがひどくなる場合もあります。

妊娠中の座り方によって、妊娠生活が快適に過ごせるようになるので、座り方はとても大切です。

では、どのような座り方が骨盤やお腹の赤ちゃんにとってよいのでしょうか?

色々な座り方がありますが、今回はその中でも『あぐら』の姿勢に注目を置いてみましょう。

  • 妊娠中にあぐらの姿勢は良いのか?
  • あぐらをかくときに注意すること4つ
  • あぐら以外の座り方
  • 座るときの便利なアイテム

この4つについて順序を追ってご紹介していきます。

妊娠中の肩こりや腰痛、そして座り方に悩んでいる方の参考になれば良いです♪

妊娠中にあぐらをかいても良いの?

そもそも、あぐらの姿勢というのは、周りから見ると男座りのようで行儀良く見られずに、恥ずかしいと思う人もいます。

しかし、妊娠中は、何よりお母さんの身体と赤ちゃんの負担がかからない座り方が1番ですね♡

そんな『あぐら』姿勢ですが、妊婦さんはあぐらをかいても平気なのでしょうか?

あぐらは骨盤をしっかりと開き、安産に繋がると言われています。

産婦人科やマタニティヨガでも推奨されており、妊娠後期のお腹が大きな時期は特に、あぐら座りが楽な座り方と言えます。

あぐらは子宮を圧迫しない座り方でもあり、お腹の赤ちゃんも苦しくなくゆったりと快適です。

また、出産の際は足を大きく開く姿勢になるので、開脚をするため股関節を柔らかくしておかなければなりません。

股関節が硬い人は、なおさらあぐら座りがおすすなのです。

あぐらの姿勢をとり、両肘を両膝に乗せ、ゆっくりと下に押してあげることで柔軟体操もできます。

また、あぐらの姿勢をとり、左右にゆっくり揺れるだけでも柔軟体操になりますよ♪

テレビを見ながらでもできるので、おうちで試してみてください。

あぐらの姿勢が、周りの人に見られると恥ずかしいなと思う人は、先に「あぐらの姿勢が骨盤に良い!」と伝えておくと、気にせずできるので良いですね。

妊娠中のあぐら座りはこれに注意して!

正しいあぐらの姿勢をしよう

どんなあぐらの姿勢でも、骨盤に良いのかと言えば、違います。

あぐらにはあぐらの良い姿勢の方法があります。

『背筋を伸ばしひざはしっかりと外側に向ける。』

これがあぐらをかいたときの正しい姿勢です。

しかし、股関節がかたい、または身体の柔軟性が低い人は、あぐらをかいて背筋を伸ばすことが一苦労かもしれません。

無理をせずに、少しずつ股関節を柔らかくするためにも、あぐらをかいての柔軟体操を毎日数回繰り返していきましょう。

マタニティヨガでもあぐらをかいて柔軟体操するポーズがあるので、産院やジムでのヨガ教室や、マタニティヨガのDVDを観ながら挑戦してみてくださいね♪

また、妊娠中、座っているときも立っているときもこの姿勢を意識してみてください。

それは、『首を伸ばし、下腹部を引っ込める』姿勢です。

というのも、お腹が大きくなると、自然と背筋をそってしまい、後ろに倒れそうな姿勢になります。

それが、腰痛の原因にもなります。

ですので、後ろではなく、上に向けて首筋を伸ばすような感覚で姿勢を正すように頑張ってみましょう。

あぐらで尾骶骨(びていこつ)が痛くなる!?

スポンサードリンク


あぐらをかいていると、痛くなってくる場所として尾骶骨があります。

フローリングの上や薄いマットの上であぐらをかいていると、尾骶骨が痛くなり、あぐらの姿勢が辛くなってきます。

あぐらの姿勢だけではなく、座るだけでもお腹の赤ちゃんの体重で、いつも以上にお尻に負担がかかりますね。

そのため、普段からバスタオルやマットを敷くようにすると良いです。

バスタオルも三つ折りくらいにたたみ、そこに座るだけで、だいぶ尾骶骨にかかる負担が和らぎます。

マタニティヨガや柔軟体操をするときも、必ずマットやバスタオルを敷くと良いですね。

長時間同じ姿勢で座り続けないこと

次に、あぐらが良いと言って、ずっとあぐらの姿勢でいるのはおすすめできません。

他の姿勢でも同じことが言えます。

長時間座り続けたり、同じ姿勢でいたりすると、血流が悪くなってしまいます。

血流が悪くなってしまうと、足や手のむくみ、しびれに繋がります。

また、赤ちゃんへの栄養が届きにくい状態となってしまいます。

適度な時間で姿勢を変えることや足を組み替えるなどして、血流が悪くならないようにしましょう。

仕事をしている人も、同じ姿勢の場合は、立ち上がって軽く体を動かすなどして、体と赤ちゃんへの負担がないようにすると良いですね♪

座ることさえ疲れる場合は…

あぐらをかく姿勢は疲れにくい姿勢ではあるのですが、

妊娠中は座ることさえ疲れることがあります。

そんなときには、無理をせずに横になって休むことも必要です。

とにかく、無理をしないようにして、毎日を過ごしてくださいね!

こんな座り方には注意して!

妊娠中の座り方としておすすめできない座り方があります。

それは、ペシャンコ座り(正座をして両足を両側にずらす)、女の子座り(両足を片側に寄せる)、

椅子に座って足を組む、スマホ(パソコン)座りなどです。

どれも、骨盤に負担がかかったり、重心が片方にかかりバランスがよくなかったり、また、背筋が曲がってしまうような体勢となり、骨盤変形や腰痛に繋がる原因になってしまいます。

妊娠中は、椅子に深く腰掛けたり、地べたに座るときにはあぐらをかいて座るようにしてみましょう。

座るときにおすすめのアイテム

あぐらをかく、また椅子に座るときなどにお尻が痛くならない、腰を支えてくれるようなアイテムを

合わせて使うと、楽に座ることができますね。

おすすめのアイテムとして、形が変形するビーズクッションがおすすめです。

大きなサイズもあるので、よく座る場所に適したサイズを探してみましょう。

椅子の背もたれにおいても良し、お尻の下においても良し、眠るときには抱き枕としても活躍してくれる優れものです。

その他にも、ドーナツクッションもおすすめです。

産後も授乳時や座るときに、骨盤を優しく支えてくれるのでとても楽に座ることができますよ♪

外出が多い人は、携帯用クッションを持ち歩くのも良いですね。

運転中や仕事中にもさっと出せるので便利です。

それぞれの生活に合ったアイテムを使ってみてください。

まとめ

妊娠前に色々な座り方をしていたと思いますが、妊娠中だけでもあぐらをかくようにしてみましょう。

柔軟体操にもなりますし、お母さんの身体にも負担の少ない座り方なので、とてもおすすめです。

また、あぐらをかく時だけでなく、普段から『姿勢』に気を付けることで、腰痛や肩こりなどの症状が改善される場合もあります。

あぐらで、快適なマタニティライフと、安産を迎えてください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です