つわり中に飴が食べたい!2つのおすすめキャンディーと注意点

スポンサードリンク




つわり中に飴が食べたい!おすすめの飴と2つの注意点

喉の不調や乾燥を助けてくれる飴は、多くの方に好まれる商品のひとつです。

特に冬場は飴を舐めているだけで、風邪予防になるので、常備している人も多いのではないでしょうか。

そんな人気の飴ですが、妊婦さんにも大きな力を発揮してくれます。

この記事では、飴について詳しくお話すると共に妊娠中の飴の食べ方についてオススメ方法を紹介します。

ポイントは7つです。

・飴って?
・飴はつわりにおすすめの食べ物?
・飴のカロリー
・妊娠中は飴を食べても大丈夫?
・妊娠中におすすめの飴
・どれぐらいの量を食べてもいい?
・飴を食べるときの2つの注意点

最後まで記事を読んでいただければ、飴にもつわりについてもかなり詳しくなっているはずです。

ぜひ、参考にしてくださいね。

飴って?

本来は米、芋などのデンプンを酸で分解し糖化した甘味食品を飴と呼びます。

私たちが一般的に飴と呼んでいるものは、砂糖を煮詰めたものに香料や果汁、着色料を加えて固めたキャンディーです。

また、砂糖や水飴を煮溶かした液体のことをいうこともあります。

飴はつわりにおすすめの食べ物?

飴はつわりの中でも『よだれつわり』にとても効果を発揮してくれます。

飴を舐めていれば自然とよだれがでますので、口に入っている間は気にならなくなるのです。

他のつわりの症状の時も飴を舐めると気が紛れるので、妊娠中に重宝する食べ物のひとつです。

飴のカロリー

代表的な飴のカロリーをご紹介します。

龍角散のどすっきり飴 1個8キロカロリー

キシリクリスタル 1個10キロカロリー

ミルキー 1個13キロカロリー

ラカントカロリー0飴 1個0キロカロリー

VC-3000のど飴 1個8.5キロカロリー

はちみつ100%キャンディー 1個14キロカロリー

妊娠中は飴を食べても大丈夫?

食べても大丈夫ですが、中には医薬品ののど飴などもあります。

パッケージに『妊娠中は食べるのを控えてください』と書かれていない限りは大丈夫だとは思いますが、心配のようなら薬剤師さんに訊ねてみると安心です。

具体的な医薬品ののど飴は、『南天のど飴』『ルルメディカルドロップ』『浅田飴クールS』になります。

飴を買うときは注意書きを確認することを忘れないようにしましょう。

妊娠中におすすめの飴

できるだけカロリーの少ないものを舐めるのが良いでしょう。

ノンシュガーの飴は、体質や量によってはお腹が緩くなる場合があるので気を付けてください。

個人的には、乳酸菌が入ったものや、ビタミンなどが摂れる、健康維持を促進してくれる飴をオススメします。

妊婦さん向けに葉酸や鉄など不足しがちかつ必要な栄養素が摂れる飴も売られていますので、自分好みのものを探してみてくださいね。

葉酸と鉄、ビタミンが入った飴は、赤ちゃん用品のメーカー、和光堂から発売されています。

どれぐらいの量を食べてもいい?

スポンサードリンク


妊娠時のおやつの目安は200キロカロリー以下が良いとされています。

飴でそのカロリーを一度に摂るのはかなり大量に食べないとなりませんので、飴だけをおやつにするのはあまりおすすめしません。

たとえば10キロカロリーの飴なら、1日5~10個までとして、あとはドライフルーツやナッツなど別のおやつを食べることにするのが良いですね。

妊娠時におすすめのおやつは、ドライフルーツ、ナッツ、寒天、ゼリー、大豆を使った製品(おからクッキーなど)、小魚、野菜や果物のチップスなど。

200キロカロリーをオーバーしないように献立を決めることを楽しむようにすると、お菓子大好きな妊婦さんでもストレスなく続けられます。

飴を食べるときの2つの注意点

①食べ過ぎないように注意が必要です。

飴は砂糖を煮詰めて作るので、1個のカロリーは低くても毎日大量に食べてしまうと、カロリーの摂りすぎになってしまいます。

理想とされる体重の増加をオーバーしてしまうことになりかねないので、1日に食べる量を決めて舐めるようにしましょう。

ただし、よだれつわりや吐きつわりなどで食事を満足に摂れていない場合で、飴ならば舐められるのなら、つわりが治まるまで量はそれほど気にしないで大丈夫でしょう。

②虫歯に気を付けてください。

妊娠中は酷いつわりの影響などで、歯磨きが満足にできない時が多々あります。

初期はつわりに、後期はお腹が大きくなってくるので動くのが億劫になり歯磨きも面倒になりがちです。

おまけに妊娠中は免疫力が低下しているので、虫歯になりやすくなっています。

できるだけ虫歯の原因を作らないようにすることが大切です。

飴を食べた後はお茶やお水を飲むなどし、食べ過ぎないように注意しましょう。

妊娠中も飴を上手に活用しましょう。

つわりで何も食べることができないとき、よだれが酷いとき、さっと飴を舐めれば気分が少し落ち着く。そんな妊婦さんはたくさんいます。

もし今、つわりで苦しんでいる人がいましたら、飴を舐めてみてはいかかでしょうか?

飴はとてもたくさんの種類が出ていて、きっとあなたの好みの味が見つかるはずです。なににしようか探すのも楽しみのひとつですね。

とにかく妊娠中はストレスをためないこと、それに尽きます。

最近では、練り飴屋さんなど、飴専門店もあったりするので、これを機会に色々な飴を食べてみるのもいいかもしれません。

つわり時もですが、飴は冬場の妊娠生活にも大活躍します。

妊娠中は免疫力が低下しているので、飴とマスクで予防をばっちりしてくださいね。

好みの飴を見つけて、一緒に妊婦生活を楽しみましょう。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です