「麻」の意味や由来、読み方って?「麻」を使った男の子・女の子の名前54選

スポンサードリンク

「麻」という漢字は、女の子の名前に人気のある漢字です。

読み方も多く、命名のときに候補に挙がりやすい特徴があります。

「麻」という漢字について

字画数:11画
音読み:ま
訓読み:あさ

麻という布地の持ち味を想像してみてください。

実際には派手さのない生地です。

植物の麻の成長具合に目を向けてみます。

そうすると育ちにくい土壌でも、まっすぐにスクスクと発育するという性質があります。

これを命名の時に知っている人。

子供にはどんな場面でもまっすぐに立ち向かえる強さを持ってほしいと思うわけです。

そこが、「麻」を名前に使いたいと思う理由の一つです。

「麻」を使った男の子の名前

麻緒(あさお)
麻生(あさき)
麻人(あさと)
麻陽(あさひ)
麻巳(あさみ)
麻道(あさみち)
麻充(あさみつ)
麻夢(あさむ)
麻哉(あさや)
依麻(いお)
和麻(かずま)
光麻(こうま)
秀麻(しょうま)
准麻(じゅんま)
祥麻(しょうま)
卓麻(たくま)
辰麻(たつま)
冬麻(とうま)
麻純(ますみ)
麻弘(まひろ)
麻弥(まや)
悠麻(ゆうま)
陽麻(ようま)
琉麻(りょうま)
諒麻(りょうま)
麻太郎(あさたろう)
麻左也(まさや)
麻那人(まなと)

響きの良い「麻」という名前

男の子の名前としても「麻」はとても人気のある漢字です。

読み方も多いのが特徴です。

優しい響きと天真爛漫な雰囲気を感じさせます。

女の子にしか使えない漢字?という印象もあります。

それでも実際に男の子の名前としても立派に通用するわけです。

「麻」を使った女の子の名前

麻華(あさか)
麻季(あさき)
麻胡(あさこ)
麻羽(あさは)
麻妃(あさひ)
麻美(あさみ)
麻莉(あさり)
恵麻(えま)
奏麻(かなお)
万麻(まあさ)
真麻(まあさ)
麻惟(まい)
麻知(まち)
麻冬(まゆふ)
麻穂(まほ)
麻弥(まや)
麻由(まゆ)
麻夜(まよ)
麻凛(まりん)
美麻(みお)
優麻(ゆま)
麻衣子(まいこ)
麻沙美(あさみ)
麻奈歌(まなか)
麻理絵(まりえ)
麻里華(まりか)

美しい人という印象のある漢字「麻」

スポンサードリンク


女の子の名前で「麻」が付く名前は、憧れの対象というイメージがあります。

読み方も「あさ」「ま」という種類があります。

どちらもとても、すっきりとした雰囲気で綺麗な人を想像してしまうほどです。

「麻」を使った有名人・芸能人の名前

佐々木 麻緒さん
三田 麻央さん
内田 由麻さん
飯田 麻由さん
福田 麻由子さん
渡辺 麻友さん
伊藤 麻衣さん
草刈 麻有さん
瀬戸 麻紗美さん
白石 麻衣さん
伊藤 真麻さん
河北 麻友子さん
宮田 麻里乃さん
永瀬 麻帆さん
野村 麻純さん
皆本 麻帆さん
岡本 麻里参加
三井 麻由さん
西田 麻衣さん
高橋 麻里奈さん
筒井 麻未さん
倉里 麻未さん
中山 麻聖さん
三輪 麻未さん
和久田 麻由子さん
浜田 麻未さん
吉田 麻也さん
小林 麻衣愛さん
小泉 麻耶さん
小野 麻亜奈さん
小川 麻琴さん
大島 麻衣さん
富田 麻帆さん
水ト 麻美さん
岩下 志麻さん
カルーセル 麻紀さん
中山 麻理さん
小林 麻美さん
刀根 麻理子さん
浜田 麻里さん
入江 麻友子さん
川崎 麻世さん
伊藤 麻衣子さん
岩下 志麻子さん
片桐 麻美さん

発育の早い植物の「麻」にあやかって

麻という植物は成長が早いことが特徴です。

なかなか生育が厳しいと思われる場所でも、元気に育つという麻を子供の成長に例えるのです。

そこで名前の漢字として使うことが多いのです。

まっすぐに延びていく麻のように育ってほしい。

上を目指してほしいという意味もこめられています。

麻という素材を知る

麻を使った製品は上品なイメージがあります。

麻の持つ生命力は想像しているよりも強く生気に満ちています。

可愛いという雰囲気だけではなく、麻のしなやかで強い特徴を知った上で名前に使う。

男の子、女の子どちらにも逞しく生きて行けるように。

そんな思いをこめて名付けの際には使いたくなる漢字の一つなのです。

「麻」の持つ独特な響きと素材の良さ

夏の服で麻素材のものには独特の風合いがある。

シルクほどの高級感はありません。それでも、質の良さとどことなく控えめで上品さを感じさせる素材から受ける印象があります。

昔から日本人が親しんできた植物の一つとして、古い歴史もあるのです。

その漢字を名前に使う。

素材としての「麻」と名前に使う「麻」

どちらにも、独特の雰囲気があるのです。

響きと雰囲気に惹かれて

スポンサードリンク


「麻」という漢字を名前に使う。

漢字の意味を深く知った上で使う場合。

もしくは、漢字から受ける印象の良さから使いたくなる場合。

どちらも、名付けの場面ではとても大事なきっかけになるわけです。

どちらかと言えば響きの良さに惹かれる人が多いことが特徴的です。

「麻」の字面の良さも命名の理由

漢字として書いたときに、どことなくカッコいいというのも、名前に「麻」を使う一つの理由になります。

古くから生活に浸透している麻という植物と漢字で表記するときの雰囲気の良さ。

これらも「麻」を好んで名前に付ける理由です。

今も昔も人気の漢字「麻」

まっすぐに延びていく「麻」の発育状態を知る。

発育状態がとても良く背丈も大きい。

子供の成長もそのようであってほしいという親の気持ち。

「麻」という漢字には寄せられているのです。