文を使った名前31選~文の意味や由来と読み方を徹底解説!

スポンサードリンク

「文」という漢字について

音読み ブン・モン
訓読み ふみ

主な名乗り あや・いと・とも・のり・み・や

画数 4画

「文」意味や由来や成り立ちと特徴

「文」という漢字は、「文章」「文字」など、言葉を書いたものを意味するのが一般的です。

「文化」「文明」など知的な言葉にも使われます。

しかし「文」という漢字の元になった古代文字は、人の胸に彫った刺青を表していた象形です。

そのため図形や形を表す言葉にも使われていて「文様」などがその名残です。

「文」という漢字を「あや」と読むのは、古語で図柄のことを「あや」と言うからなのだそうです。

現在では言葉を書いたものを表すことが一般的ですが、元々は図柄という意味があり、そこから転じて「言葉を書いたもの」を意味するように使われるようになりました。

また、かつてはお金の単位や足のサイズを測る単位としても使われていたそうです。

その場合には「もん」と読み「一文銭(いちもんせん)」のようになります。

プロレスの蹴り技で「16文キック」という技を知っている人もいるでしょう。

足のサイズを測る時には1文約2.4cmなので16文は約38cmです。

「文」という漢字を名付ける時に込められる思い

「文」という漢字は、図柄や文章など知的なイメージがあります。

「賢い子になって欲しい」「文学を愛する子になって欲しい」「文才など芸術的な才能のある子になって欲しい」という思いが込められます。

また図柄を表すというイメージから「華やかで美しい子になって欲しい」「彩りのある人生を送って欲しい」という願いや、文章を表すというイメージから「筋道をきちんと立てられる礼儀正しい子になって欲しい」「仁徳のある子になって欲しい」という願いも込められます。

落ち着いた和の雰囲気を感じる「文」

「文」という漢字からは、知的で落ち着いた和の雰囲気を感じます。

日本人女性らしい奥ゆかしい感じや優しさやを感じる名前ですね。

上品さもあって何才になっても美しさを感じられる名前です。

また字面が左右対称というところも安定感を感じるポイントになります。

一文字名に使える「文」

「文」という漢字は一文字で名付けをすることができます。

「あや」「ふみ」という読み方ができます。

画数が少なくすっきりとした印象の名前になります。

画数が少なくても左右対称の形をしているので、見た目に安定感があり、どんな苗字と合わせてもバランスが良く見えるでしょう。

「文」という響きから受ける印象

スポンサードリンク


「文」という漢字は名付けでは「あや」「ふみ」「いと」「とも」「のり」「み」「や」という読み方をします。

「あや」という響きからは、伸びやかで自然体でいて開放感を感じます。

「ふみ」という響きには、ふんわりと浮かぶような柔らかさと癒しを感じます。

「いと」という響きには、前向きで一途なイメージを持ちます。

「とも」という響きには、母性的な優しさを感じます。

「のり」という響きには、優しさの中に慌てず騒がず、芯がある知性派な印象を受けます。

「み」という響きには、フレッシュでイキイキとした可愛らしさを感じます。

「や」という響きには、優しくて清潔感のある印象を受けます。

「文」を使った熟語

文雅(ぶんが)

文章を書くことを楽しむこと。

文豪(ぶんごう)

優れた作家。

優れた小説家。

文章を書く仕事をしている中でも実力と人気のある人のこと。

文士(ぶんし)

作家や小説家など文章を書くことを仕事にしている人のこと。

同文同軌(どうぶんどうき)

「文を同じくし、軌を同じくす」とも読む。

同文は、文字を統一にすること。

同軌は、車輪の幅を統一すること。

同文同軌で、全て同じにするという意味から、天下統一するということ。

「文」の説明の仕方

電話でのやり取りのときに、あなたの名前がどの漢字を使っているか聞かれることがありますよね?

そういったシーンで「文」を説明する例を紹介します。

例えば、

A「名前は、〇〇文といいます。」

と伝えと、

B「〇〇あやさんですね。「あや」はどういった漢字を使いますか?」

と聞かれた場合、文の部分の説明の仕方としては、

・A「あやは、文章の「文」です。」
・A「あやは、文学の「文」です。」
・A「あやは、文化の「文」です。」

などが挙げられます。

いくつかパターンを持っておくと、確実に相手に伝わりますよ!

「文」を使った名前の有名人・芸能人

青柳 文子さん
阿部 文香さん
池田 文さん
一ノ瀬 文香さん
今村 文美さん
大八木 文香さん
落合 文乃さん
木村 文乃さん
佐藤 文香さん
福間 文香さん
堀口 文さん

「文」を使った名付け候補

文(あや)
文(ふみ)
阿文(あもん)
文維(あやい)
文菜(あやな)
文音(あやね)
文埜(あやの)
文羽(あやは)
文夢(あやむ)
文女(あやめ)
文莉(あやり)
文詩(いとし)
奏文(かなみ)
慧文(けいと)
小文(こいと)
紗文(さあや)
詩文(しもん)
千文(ちふみ)
文葉(ともは)
文海(ともみ)
文佳(のりか)
文観(のりみ)
文月(ふづき)
文香(ふみか)
文那(ふみな)
文乃(ふみの)
文夜(ふみよ)
麻文(まふみ)
文耶(みや)
文咲(みさき)
玲文(れもん)

まとめ

スポンサードリンク


「文」という字は「文章」「文学」「文化」など知的な言葉をイメージさせます。

知的なイメージは硬そうに感じますが「文」という字は画数が少なく、読み方も「あや」「ふみ」といった優しい響きなので、女性らしい柔らかさを感じることもできる字です。

読み方も豊富なので、名付けの幅も広がります。

和風で落ち着いた名前をつけたいという人におすすめの漢字です。