ベイビーサポートの使い方と成功確率や成功した人失敗した人の口コミ

赤ちゃんは夫婦の愛の結晶。産まれてくる子の幸せを、お母さんとお父さんは誰よりも願っていることでしょう。

「女の子が欲しい」
「男の子が欲しい」

もちろん、男女どちらだったとしても精一杯の愛情を注ぐつもりだけど、それでも希望が頭に浮かぶ方も多いはず。
ベイビーサポートはそんなお母さんとお父さんの願いを叶えるお手伝いをするアイテムです。

もくじ

ベイビーサポートって何? 本当に効果があるの?

ベイビーサポートは、皆さんの希望を叶えるお手伝いをするアイテムです。

ベイビーサポートは男女産み分けゼリー

ベイビーサポートは男女産み分けゼリーです。新たにお父さんお母さんになろうとしている皆さんの希望を叶えるお手伝いをします。

女の子を産みたいというご夫婦は『ベイビーサポート for girl』

男の子を産みたいというご夫婦は『ベイビーサポート for boy』

それぞれを、性交渉の時に潤滑ゼリーとして使うことで、産まれてくる赤ちゃんの性別を希望にそいやすくするアイテムです。

ベイビーサポートの成功率はどのくらい?

一般に男女産み分けゼリーの成功率は70~80%程度とされています。

ベイビーサポートの産み分け成功率は80%ほどと言われていますが、正式な統計は発表されていません。
はっきりと統計を出しにくいのは、男女産み分けはゼリー以外にも様々な手法があり、ゼリーだけを頼った場合と、他の手法を併用した場合では結果が変わってくるからかもしれません。

いずれにせよ、100%の産み分けを保証するものではありません。
一方で、何もしなければ男女どちらが生まれてくるかはほぼ50%の確率であることを考えれば効果はあると言えるでしょう。

男の子、女の子どちらが欲しいという希望があるのならば、使ってみて損はありません。

ただし、100%の効果があるわけではないので、もし希望と違う性別の赤ちゃんができても、愛情をたっぷりそそいで育てる決意は必要です。
男の子であろうと、女の子であろうと、生まれてくる赤ちゃんは2人の大切な愛の証であり、一つの人格を持つ命なのですから。

ベイビーサポートはどういう仕組みで男女を産み分けるの?

スポンサードリンク


ベイビーサポートはどういう仕組みで赤ちゃんの産み分けの手助けをするのでしょうか。
そもそも、性別はどうして決まるのかを含め、少しだけ見てみましょう。

赤ちゃんの性別は精子の染色体で決まる

生まれてくる赤ちゃんの性別は何によって決まるのでしょうか?
以下はかなり簡易的な説明になります。

簡単に言うと、生まれてくる赤ちゃんの性別は、卵子にたどり着いた精子の染色体で決まります。

男性はXY染色体を、女性はXX染色体を持つことはご存知ですよね。

精子にはX精子とY精子があります。
卵子の染色体はXX染色体ですので、受精したのがX精子なら女の子、Y精子なら男の子になります。

それぞれの染色体をもつ精子の特徴

X精子とY精子にはそれぞれ異なる特徴があります。

X精子の特徴 Y精子の特徴
卵子が受精すると女の子になる 卵子が受精すると男の子になる
酸性に強い アルカリ性に強い(酸性に弱い)
数が多い 数が少ない
運動能力が低い 運動能力が高い
寿命は2~3日程度 寿命は1日程度

 

男女産み分けゼリーをはじめとして、医学的な男女の産み分け方法というのは精子の特徴の違いを利用するものです。
決しておまじないのような非科学的な方法で産み分けるものではありません。

ベイビーサポートは膣内のpH値を調整する

元々、膣の中は弱酸性です。ただし、排卵日は中性に近くなります。

ベイビーサポートは膣内のpH値を調整することで、それぞれ希望の精子を卵子にたどり着きやすくするアイテムです。

具体的に言えば、『ベイビーサポート for girl』はpH値を弱酸性にします。
逆に『ベイビーサポート for boy』はpH値を弱アルカリ性にします。

こうすることで、それぞれの精子を応援して、男女の産み分けのお手伝いをするのです。

ベイビーサポートの使い方はとっても簡単

ベイビーサポートの簡単な仕組みはご理解いただけたと思います。

「でも、使うのが難しいんじゃないか」
「産婦人科で処方して貰ったピンクゼリーは湯煎したり大変だった」

そんな声が聞こえてきそうですね。
ですが、産婦人科で処方されるゼリーよりも、ベイビーサポートの使い方はずっと簡単です。

ベイビーサポートの使い方

では、具体的な使い方を見てみましょう。
といっても、本当に簡単なんですよ。ちょっと拍子抜けしたらごめんなさいと言いたくなるくらいです。

まず、ベイビーサポートの容器を1本袋から取り出します。
ベイビーサポートは1回使う分量ずつ、予めピストン容器に入っています。

先端のキャップを取り外します。
湯煎する必要はありません。
最初からゼリー状なのでこぼしてしまわないよう注意してください。

後は膣の中に先っぽを挿入して、ピストンするだけで完了です。

注入後はそのまま性交渉に挑んでください。
トイレなどで注入してから場所を移動する場合は、漏れないようにちょっとだけ力を入れて歩くといいかもしれません。

ベイビーサポートはいつ使えば良いの?

スポンサードリンク


ベイビーサポートはいつ使えば良いのでしょうか。
結論を述べるなら、性交渉の直前に注入します。
特に時間をおく必要はありません。

なお、たまにある間違った使い方としては、性交渉が終わってからベイビーサポートを注入するというやり方です。
これではほぼ効果がありませんから注意してください。

ベイビーサポートの3つの特徴

ベイビーサポートは使い方が簡単なだけでなく、様々な点が評価されています。

安心の国産天然由来成分&徹底した衛生管理

ベイビーサポートは国産天然由来成分で作られています。
また、製造しているクリーンルームはは医療業界向けの製品と同レベルの衛生管理環境下ですから、安心して使うことができます。

1本で十分。4.5mlの大容量

ベイビーサポートは1本4.5mlの大容量です。
他製品の場合、量が足りなくて性交渉の障害になってしまうこともあるようですが、ベイビーサポートは潤滑ゼリーとしても十分な容量。
奥様とご主人の幸せな夜も応援する商品です。
もちろん、量がたっぷりあるので、産み分け効果もより期待できるでしょう。

『おめでた返金キャンペーン』で無駄がない

産み分けゼリーは基本的に妊娠したら不要なモノになります。
次の子供の時に使おうと思っても、ベイビーサポートの消費期限は2年間。
どうしても、あまって無駄になってしまいそうです。

しかし、ベイビーサポートには『おめでた返金キャンペーン』というサービスがあります。
最良の結果が得られた場合、あまったベイビーサポートは1,000円で買い取ってもらえるのです。
まさしく、嬉しい結果へのご褒美ですね。

病院で処方してもらうよりもベイビーサポートをオススメする理由

赤ちゃんのことなら産婦人科で相談した方が良いのではないか。
市販品であるベイビーサポートよりも、産婦人科で処方される産み分けゼリーの方が安心で優秀なのではないだろうか。
そんな疑問をもたれる方もいると思います。

確かに、一般的なお薬でしたら、医師に処方してもらうのが一番確実かもしれません。
しかし、産み分けゼリーの場合は少し事情が違うのです。

産み分けゼリーは医薬品ではない

医薬品であれば、医師に処方してもらうのが一番よいでしょう。
実際に診察して患者さんの体に合った薬を出してもらえるからです。

しかし、産み分けゼリーはそもそも薬ではありません。
それどころか、医薬品のカテゴリにも含まれないのです。

一般に産婦人科で処方される産み分けゼリーは、患者さんの体調とは無関係に同じものが処方されます。
風邪薬ならば確かに患者さんの症状にあわせて処方してくれる医師を頼った方がよいでしょうが、産み分けゼリーの場合は別段そういうわけでもないのです。

しかも、産み分けゼリーは保険適用外であるため病院で処方してもらっても10割負担です。
むしろ、ベイビーサポートよりも値段が高いです。
もちろん、『おめでた返金キャンペーン』などというものもありません。

病院で処方されるゼリーは使い方が難しい

スポンサードリンク


多少値段が高くても、病院で処方してもらった方が効果があるのではないか。

確かにそう言うイメージを持つのは無理もありません。
ですが、病院で処方されるゼリーは効果以前に使うのがとても面倒なのです。

まず、5分間40~50度のお湯で温めなければ鳴りません。熱すぎても冷たすぎてもダメです。
そのあと、容器でゼリーを吸い上げる必要があります。

極端に難しい作業だとはいいませんが、面倒であることは事実です。
これから性交渉という愛の営みをしようというときに、お湯を作って5分間暖めて……など、カップラーメンを食べるんじゃないのにと言いたくなります。
ご主人も待ちきれなくなってしまいそうです。

最初の1回で面倒になって、その後はゼリーを使わなくなってしまう人も多いのです。
当然、ゼリーを使わないのであれば効果があるない以前の問題です。

また、吸い上げる作業中、ゼリーが外気に触れます。
即座に体に影響があるとは言いませんが、最初からケースに入っているベイビーサポートの方が衛生的でしょう。
母胎にも胎児にも、清潔であるに越したことはありません。

さらに産み分け率を上げるために

ベイビーサポートは産み分けを手助けするアイテムであって、100%産み分けられるアイテムではありません。
産み分けを本気で望むなら、さらに以下のようなことに気をつけましょう。

男の子を望むなら、心がけたい3つのこと

男の子を望むのであれば、Y精子が卵子にたどり着きやすくなる環境を整えることが大切です。
ベイビーサポート以外でY精子を手助けする3つのポイントをご紹介します。

性交渉は排卵日に行う

Y精子は24時間程度しか生きられません。
一方、X精子は運動能力が劣るので排出された卵子にたどり着くまで時間がかかります。

つまり、排卵日に性交渉をしたほうが、Y精子を受精する可能性が高まるのです。
排卵日をしっかり管理して、当日に性交渉できれば男の子を授かる可能性が増します。

ご主人は5日間ほど禁欲をして精子を溜めておこう

Y精子はX精子に比べて数が少ないです。
男の子を望むのであれば精液中のY精子の数を増やすことが肝要です。
その簡単な方法が5日間の禁欲です。
性交渉だけでなく、マスターペーションも我慢しましょう。

ただし、あまり長く禁欲してしまうと、精子の受精能力が下がってしまって、そもそも妊娠しにくくなってしまいます。
排卵日の5日前から禁欲スタートが最も効果的でしょう。

女性が快感を覚えるほど男の子が生まれやすくなる?

女性が気持ちいいと、膣の中がアルカリ性になるそうです。
男の子を産みたいならば女性が快感を覚える性交渉をするのもポイントと言えるかもしれません。

女の子を望むなら、心がけたい3つのこと

女の子を望むのであれば、X精子が卵子にたどり着きやすくなる環境を整えることが大切です。
ベイビーサポート以外でX精子を手助けする3つのポイントをご紹介します。

性交渉は排卵日の2日前に行う

男の子を産みたい場合と逆ですね。
X精子は2日間生き延びますが、Y精子の大半は死亡します。
また、X精子は運動能力が劣りますから、子宮にたどり着くのに時間がかかります。
排卵日の2日前に性交渉をすれば、X精子を受精する可能性が増します。

1週間~3日に1回以上射精しておくことで、精液を薄めておく

精液が薄まると、Y精子よりもX精子の割合が増えます。
日頃から定期的に射精して精液を薄めておくと、X精子を受精する確率が上がります。

なお、マスターペーションではなく性交渉で精液を薄める場合は避妊をしてください。この時妊娠ししてしまうと産み分けになりません。

女性が快感を覚えすぎないセックスが女の子を呼ぶ?

こちらも男の子を産みたい場合の逆です。
女性が快感を覚えすぎると膣の中がアルカリ性になってしまいます。
とはいえ、夫婦の営みも大切ですし、ベイビーサポートを使うのであればそこまで意識する必要は無いかもしれません。

ベイビーサポートの口コミ

それでは実際にベイビーサポートを使った方の口コミを見てみましょう。
ここでは産み分けを成功された方、失敗された方、まだ結果が出ていない方に分けて掲載致します。

産み分けを成功した人の口コミ

まずは産み分けに成功された方の喜びの口コミです。
成功したことだけでなく、ベイビーサポートの使いやすさにも喜んでいらっしゃる様子です。

使いやすくて便利でした。望んでいた女の子を授かりました。

病院で処方してもらったピンクゼリーは湯煎したりと面倒が多く、結局最初の1回しか使いませんでした。
ベイビーサポートは使い方がとても簡単で良いですね。
夫との交わりの前に使うのにも苦になりません。

おかげさまで、望んでいた女の子が授かりました。
余ったベイビーサポートは『おめでた返金キャンペーン』を利用させていただきました。
この幸せが他のお母さんお父さんにも届きますように

跡継ぎをという無言のプレッシャーに潰されそうだった私を救ってくれました

上の子2人は女の子。もちろん、女の子も可愛いのですが、跡継ぎを早く産んで欲しいという姑からの無言のプレッシャーは常に感じていました。
3人目こそ男の子を産みたいと考え、ベイビーサポートを使ってみました。

望み通りの男の子を授かりましたが、仮にまた女の子だったとしてもベイビーサポートを使うくらい努力したという事実を夫や姑も認めてくれたと思います。
私を救ってくれたベイビーサポートに感謝します。

産み分けを失敗した人の口コミ

次に産み分けに失敗された方の口コミを見てみましょう。
失敗されてもご夫婦で前向きにお子様を愛する決心をされた様子がうかがえます。

2人目は男の子と思いましたが、女の子でした。もちろん、娘は可愛いですよ。

スポンサードリンク


男の子を授かりたくて、ベイビーサポートを利用しました。
実はそれ以前にも産婦人科で処方して貰ったことがあるのですが、湯煎が面倒だったので諦めていたんです。
ベイビーサポートは使いやすくて良いですね。

ですが、結果は女の子。
少し落ち込んでがっかりした私を、夫がしっかりと抱きしめていってくれました。

「男の子を産むためのゼリーを泳ぎ切って生まれてきた女の子なんだから、きっと強い子だよ」

その言葉で、気持ちを切替えて出産に望みました。
娘は何の障害もなく生まれてきてくれました。
最近はお姉ちゃんが一緒に遊んでくれます。

産み分けは失敗しましたが、夫と一緒に頑張ったおかげで家族の絆がより深まったと思います。

まだ結果が出ていない方の口コミ

最後に、まだ結果が出ていない方の口コミです。

まだ結果待ちですが、性別にかかわらず愛していこうと思います。

上の子2人が男の子なので、3人目は女の子が良いねとベイビーサポートを購入。
先日、無事妊娠できました。
まだ、性別は判明しておらず、結果待ちです。

女の子なら嬉しいですが、仮に男の子だったとしても変わらず大事に育てる決心です。

一番大切なことは子供とパートナーと自分を愛すること

ここで一番大切なことを書きます。

「女の子が欲しい」
「男の子が欲しい」

そう願うのは悪いことではありません。
その為にご夫婦で努力するのは素晴らしいことです。

しかし、産み分けゼリーも、他のどんな産み分け法も、100%の結果にはなりません。
ですから、願った結果と違う性別の子どもが産まれてくることはあります。
効果が80%ということは、裏を返せば5人に1人は願いが叶わないということでもありますから。

もし、仮に願いと違う結果になったとしても、お子さんを愛してください。
違う結果になったからと言って、パートナーと責任のなすりつけあいはしないでください。
そして、失敗してしまったと自分を責めるのもやめましょう。

産み分けにチャレンジするのは間違ったことではありません。
しかし、望まない結果になったからと、産まれてきた子どもに愛情を注がないのは、間違った行為だと言われても仕方がないでしょう。

子供が授かるということはそれだけでとてもおめでたいことです。
新たな命を授かったことを精一杯喜んで、お子様に愛情をそそいでください。

まとめ

赤ちゃんはご夫婦の愛の結晶です。
現在、男女の産み分けを100%にする方法はありません。

ベイビーサポートは望んだ性別の赤ちゃんを授かる手助けをするアイテムです。
排卵日をきちんと調べるなど他の産み分け手法もあわせて使えば、80%くらいの確率で望みが叶うと言われています。
希望を持って性交渉をできるというだけでも、ベイビーサポートには大きな価値があります。
その上で願った性別の赤ちゃんに巡り会えたら、それはとても幸せなことなのです。

願いが叶ったとしても、叶わなかったとしても、読者の皆様が新しい命と一緒に幸せなご家庭を築いていただけることを願っています。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です