赤ちゃんの離乳食でオイスターソースはいつから使って大丈夫?2つの注意点とおすすめレシピ

スポンサードリンク




中華料理に必ずといっていいほど使用されているオイスターソース、みなさまはお好きですか?

牡蠣の濃厚で上品なうまみは、料理に少し加えるだけで味を良くしてくれます。

焼きそばやうどん、中華丼や野菜炒めなど、活躍の場はたくさん。

そんなオイスターソースですが、赤ちゃんの離乳食には適している食材なのでしょうか?

この記事では、オイスターソースについて詳しく説明するとともに、離乳食使用についての疑問にもお答えします。

ポイントは6つです。

  • オイスターソースってどんな食べ物?
  • オイスターソースの栄養価
  • 赤ちゃんはオイスターソースをいつから食べてもいい?
  • 離乳食に使用するオイスターソースの選び方
  • オイスターソースを食べさせる時の2つの注意点
  • 離乳食時期別オススメレシピ

最後まで記事を読んでいただければ、オイスターソースを使ってみようかなという気持ちになっていただけるかも?

ぜひ、参考にしてくださいね。

オイスターソースってどんな食べ物?

調味料のひとつで、塩漬けにした牡蠣を煮だした時に出た脂肪を使用し、醤油や食塩などを加えたのち、発酵させて作ります。

濃厚な風味とコクでうまみが強く、中華料理(主に広東料理)によく使われます。

牡蠣油(かきあぶら)とも呼ばれることも。

オイスターソースの栄養価

炭水化物、タンパク質、脂質、ナトリウム、ビタミンB12が豊富です。

炭水化物は脳を活性化さえる働きがあります。

タンパク質は、筋肉や臓器の構成に必要な栄養素です。

脂質はエネルギー源になります。

ナトリウムは、体液量の調節、神経機能を正常に維持する効果、筋肉の動きを正常に保つ働きがあります。

ビタミンB12は、ヘモグロビンの育成を助け貧血予防に繋がります。

赤ちゃんはオイスターソースをいつから食べてもいい?

カミカミ期(生後9~11か月)から食べさせても大丈夫です。

ただし、この月齢では、大人のメニューから少量を取り分ける程度にしましょう。

湯通しをして食べさせてあげると、赤ちゃんに優しいです。

パクパク期(生後1歳~1歳半)からは、味付けのために少量を使用してもOK。

原料のカキの風味とコクがあり、うまみが強いので少量でも味の変化が楽しめます。

離乳食に使用するオイスターソースの選び方

なるべく添加物の少ないものを選びましょう。

赤ちゃんに食べさせるときは、使用する同量のお湯で薄めてから使用すると、胃腸の負担が減ります。

オイスターソースを食べさせる時の2つの注意点

スポンサードリンク


アレルギーに注意が必要です!

オイスターソースの原料、牡蠣はアレルギーに比較的なりやすい製品です。

牡蠣でアレルギー反応がすでに出ている赤ちゃんは、食べさせないようにしてください。

初めてオイスターソースを食べさせるときは、注意深く子供の様子を見守る必要があるでしょう。

まずはスプーン一杯から。アレルギー症状が出ていないかを見ながら量を増やすようにしてください。

オイスターソースでアレルギーになるとしたら『口腔アレルギー症候群』です。

このアレルギーはオイスターソースを食べたあと、口の周辺や舌などが赤く腫れ、時には身体に発疹がでたりします。

そのほかに代表的な症状としまして、目の充血や痒み、鼻水や身体の発疹などが現れましたら、アレルギーを疑いましょう。

重篤な症状になると、呼吸困難などになってしまうこともあるのでくれぐれも注意してください。

たとえ呼吸困難などの症状がなく緊急性が低くても、アレルギー反応が出た場合は、かかりつけの小児科を受診するようにしましょう。

塩分のとり過ぎに注意が必要です。

オイスターソースは塩分が多いので、食べさせ過ぎには注意が必要です。

塩分の摂りすぎは胃腸に負担がかかってしまい、下痢などを引き起こす原因になる場合も。

くれぐれも食べさせ過ぎには気を付けましょう。

離乳食時期別オススメレシピ

カミカミ期(生後9か月~11か月)

・オイスターソースのたまごがゆ

材料:ご飯60g、溶き卵1個、オイスターソース少量

↓作り方↓

①小鍋にご飯を入れます。

②ご飯にかぶる程度まで水を加えて、煮立たせましょう。

③煮立ってきたら弱火にして、おかゆ状になるまで煮ます。※かたさはお好みで調節ください。

④強火にして、溶き卵を回しかけます。

⑤ゆっくりとかき混ぜて卵に火を通しましょう。

⑥仕上げにオイスターソースを少々加え、味を調えてできあがりです。

※お好みでネギのみじん切りなどを加えても◎

パクパク期(生後1歳~1歳半)

・焼きうどん(大人ととりわけメニューです)

材料:チルドうどん1玉、お好きな野菜(にんじん、キャベツ、もやし、ねぎ、しめじなど)100g※カット野菜を使用するととっても楽です。

醤油大さじ1、オイスターソース大さじ1、かつお節少々、サラダ油少々

↓作り方↓

①フライパンを熱し、油を少量ひいて野菜を炒めます。

②うどんを入れてよく混ぜ合わせましょう。※水を少量入れるとうどんが解れやすくなります。

③醤油とオイスターソースをフライパンに加え、再びよく混ぜ合わせましょう。

④皿に盛りつけ、かつお節をかけたらできあがりです。

※赤ちゃんのうどんは、塩分が気になるようならさっと湯通しをしてから与えても。

キッチンバサミ等で、うどんと具材を食べやすい大きさに切ってあげましょう。

アレルギーに注意しながら、上手に活用をしましょう。

オイスターソースを離乳食に使用する際、最大の注意点はアレルギー反応です。

その不安が取り払われれば、とても便利な調味料と言えます。

うまみが強く、少量加えるだけでも中華料理屋さんの味に近づけるのですから使用しない手はありませんよね。

ぜひ、上手に活用してくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です