赤ちゃんの離乳食でズッキーニはいつから食べて大丈夫?3つの注意点とおすすめレシピ

スポンサードリンク




淡泊で癖がなく、海外の料理や煮物など、色々な料理にして楽しむことができるズッキーニ。

赤ちゃんの離乳食作りで、それぞれの食材には、それぞれの食べさせ始めるおすすめの時期があります。

ひとつひとつ知っておくことが、もちろん安心なのですが、全部を把握するのは、なかなか難しいですね。

普段あまり食べないような食材を使う時は、尚更「これ食べさせていいんだっけ?」と、思うお母さんも多いのではないでしょうか?

今回は、常備菜ではないのですが、赤ちゃんにもおすすめのズッキーニについてご紹介していきます。

「赤ちゃんはいつからズッキーニを食べてもいいの?」

「ズッキーニを食べさせるときに気を付けることは?」

「ズッキーニを使ったおすすめの離乳食レシピが知りたい!」

など、ズッキーニと離乳食についての、疑問や不安を解消していきましょう。

  • 赤ちゃんがズッキーニを食べられる時期
  • ズッキーニを食べさせるときの3つの注意点
  • ゴックン期のおすすめレシピ
  • モグモグ期のおすすめレシピ
  • カミカミ期のおすすめレシピ
  • パクパク期のおすすめレシピ

赤ちゃんの離乳食作りにマンネリ化してきて、新しい食材を加えてみたいときや、緑の色どりを加えたいとき、離乳食の進め方や離乳食作りに悩んでいるお母さんの、少しでも参考になれば嬉しいです。

赤ちゃんはズッキーニをいつから食べても大丈夫なの?

ズッキーニはきゅうりに姿や形が似ているのですが、実はペポかぼちゃというかぼちゃの仲間です。

かぼちゃは完熟したものなのですが、ズッキーニは未熟果で、味はほのかな甘みがあります。

低カロリーで、カロテンやビタミンCが豊富に含まれており、風邪の予防にも良い野菜です。

細長い緑色のものが多くお店に並んでいますが、黄色のズッキーニや、丸い形のズッキーニもあります。

さて、赤ちゃんはいつ頃食べられるのでしょうか?

実は、離乳食初期のゴックン期から食べさせることができます。

かぼちゃと同じく、火を通すことでトロトロに調理することができ、また、味も癖がなく、甘みもあるので、赤ちゃんも食べやすい食材です。

皮の部分は硬そうに思えますが、意外にやわらかいので、カミカミ期からであれば、皮付きのまま調理をして食べさせることもできます。

栄養価が高く、赤ちゃんも食べやすいので、離乳食に向いている食材です。

赤ちゃんにズッキーニを食べさせるときに気を付けてほしい3つのこと

離乳食用に調理する際にはあく抜きをする

ズッキーニはかぼちゃに比べると、少し灰汁が出ます。

調理する際には、ズッキーニを切った後に、一度、水につけてあく抜きをしたほうがよいでしょう。

水に浸ける時間の目安は30分ほどです。

離乳食期だけでなく、幼児食などをつくるときにも、出来るだけあく抜きをしたほうが、美味しく食べられるので覚えておきましょう。

また、ズッキーニには、苦み成分であるククルビタシンが含まれているので、赤ちゃんに食べさせる前に、一度お母さんが味見をしておいた方がよいですね。

生で食べさせるのは少しあとになってから

ズッキーニのサラダなどを食べるご家庭もあるかと思いますが。

離乳食はできるだけ加熱したものを食べさせるようにしましょう。

赤ちゃんの消化器官や内蔵機能が未熟なため、消化不良を起こしてしまう可能性があります。

生のズッキーニを食べさせる場合は、2歳過ぎてから、少量ずつをおすすめします。

ズッキーニアレルギー

スポンサードリンク


赤ちゃんに初めての食材を食べさせるときには、まずアレルギーが心配です。

ズッキーニはアレルギー特定原材料には含まれておらず、アレルギーを起こしにくい食べ物ですが、まれに、ズッキーニを食べてアレルギー反応を起こしたケースも報告されています。

症状としては、口周りの腫れや赤み、蕁麻疹、目のかゆみや充血、鼻水などが挙げられています。

どの食材を食べさせるときでも同じことが言えるのですが、初めて赤ちゃんが食べるものを食べさせるときに、午前中に一口食べさせて、一日赤ちゃんの様子を確認するようにしてくださいね。

ゴックン期(生後5~6か月頃)のおすすめレシピ

ズッキーニとしらすのトロトロ和え

<材料>

  • ズッキーニ 10g
  • しらす 5g

<作り方>

1.しらすは耐熱容器に入れて、熱湯をそそぎ、5分したら、湯きりをします。

2.ズッキーニは皮をむき、輪切りにしてやわらかくなるまで茹でます。

3.しらすとズッキーニをなめらかになるまですりつぶして、ゆで汁を少しいれのばしたら出来上がりです。

ズッキーニのフリージングレシピ

<材料>

  • ズッキーニ 1本

<作り方>

1.ズッキーニはピーラーで皮をむき、輪切りにします。

2.切ったズッキーニは水にさらしてあく抜きをします。

3.沸騰したお湯に入れやわらかくなるまでゆでます。

4.なめらかにすりつぶし粗熱がとれたら、製氷皿にいれて、冷凍保存します。

1週間ほど保存可能です。

モグモグ期(生後7~8ヶ月頃)のおすすめレシピ

ラタトゥイユ

<材料>

  • 鶏ひき肉 100g
  • にんじん 3分の1本
  • 玉ねぎ 1個
  • ズッキーニ 1本
  • えのき 適量
  • ブロッコリーの芯 少量
  • ベビー用コンソメ 小さじ2分の1
  • トマトピューレ 大さじ1
  • オリーブオイル 少々

<作り方>

1.野菜はみじん切りにし、ズッキーニは塩水にさらしあく抜きをします。

2.鍋に少々のオリーブオイルをひき、鶏ひき肉を炒めます。

3.ひき肉の色が変わったら、野菜とえのきをいれてまぜ、コンソメもいれて、さらに混ぜます。

4.トマトピューレをいれて、ひと煮立ちし、蓋をします。

5.野菜がやわらかくなるまで煮たら出来上がりです。

ズッキーニのミルク煮

<材料>

  • ズッキーニ 6分の1個
  • なす 6分の1個
  • 玉ねぎ 6分の1個
  • オートミール 大さじ2
  • 豆乳または牛乳 10ml
  • オリーブオイル 小さじ1

<作り方>

1.ズッキーニとなすは皮をむき、サイコロ状に切り、水につけてあく抜きをします。

2.たまねぎをすりおろしておきます。

3.オリーブオイルをひいたフライパンに、ズッキーニとなす、すりおろした玉ねぎをいれて炒めます。

4.さらに豆乳か牛乳、オートミールをいれて、10分煮込んだら出来上がりです。

カミカミ期(生後9~11ヶ月頃)のおすすめレシピ

スポンサードリンク


野菜たっぷりミートソース

<材料>

  • トマトピューレ 150g
  • 合いびき肉(豚ひき肉でも〇) 100g
  • 玉ねぎ 1個
  • にんじん 3分の1本
  • ズッキーニ 2分の1本
  • 無添加コンソメ 小さじ2分の1
  • 水 100㏄

<作り方>

1.玉ねぎとにんじんをみじん切りにし、ズッキーニは皮をむいてみじん切りにし水にさらします。

2.玉ねぎとにんじんは耐熱容器にいれて、レンジで2分ほど加熱します。

3.鍋にトマトピューレ(できれば無添加のもの)と水、ひき肉をいれて、火を付けます。

4.ひき肉の色が変わってきたら、玉ねぎとにんじん、ズッキーニをいれて軽く混ぜて煮込みます。

5.沸騰したら、コンソメをいれて、10分煮込んで出来上がりです。

ズッキーニ入りチキンライス

<材料>

  • 鶏ささみ 20g
  • 玉ねぎ 10分の1個
  • ズッキーニ 2㎝
  • ミニトマト 5個
  • キャベツの葉の部分 2㎝
  • かぼちゃ 少々
  • 軟飯 2食分
  • 無添加コンソメ 少々
  • ケチャップ 少々

<作り方>

1.玉ねぎ、ズッキーニ、ミニトマト。キャベツ、かぼちゃを小さめに切ります。

2.鶏ささみも小さくさくか、細かく切ります。

3.すべての材料をフライパンにいれ、材料が浸かるくらいの水をいれて火を付けます。

4.沸騰したらコンソメとケチャップを入れて、水分を飛ばしていきます。

5.水分が半分くらい減ったら、軟飯をいれて、混ぜ合わせたら完成です。

パクパク期(1歳~1歳半頃)のおすすめレシピ

温野菜サラダ

<材料>

  • じゃがいも 1個
  • ピーマン 2分の1個
  • キャベツ 1枚
  • ズッキーニ 3㎝ほど
  • ごま油 少々
  • レモン汁 少々
  • ベビー用マヨネーズ 少々
  • ゴマ 飾り用

<作り方>

1.じゃがいもは軽く洗って耐熱容器に入れ、ラップをかけて600wで1分半加熱します。

2.ピーマンとズッキーニはみじん切りにして、キャベツは1㎝角に切ります。

3.ピーマン、ズッキーニ、キャベツを耐熱容器に入れて、レンジで30秒加熱します。

4.熱したフライパンにごま油をいれて、さっと3を炒めます。

5.じゃがいもは皮をむいて、潰しておきましょう。

6.潰したじゃがいもと4、レモン汁、マヨネーズを加えて混ぜ合わせたら出来上がりです。

ズッキーニグラタン

<材料>

  • ズッキーニ 1㎝
  • 小さなかぶ 6分の1個
  • トマト 4分の1個
  • とろけるチーズ 4分の1枚
  • 塩 少々

<作り方>

1.ズッキーニは皮をむいて、1㎝角にきり、水にさらしておきます。

2.小さなかぶは、皮をむいて、1㎝角にきります。

3.鍋に水とズッキーニ、かぶをいれ、やわらかくなるまで茹でます。

4.トマトは皮をむき、種をとって、角切りにします。

5.耐熱皿に、ズッキーニ、かぶ、とまとを入れて塩をほんの少しふり、チーズをのせます。

6.オーブントースターでチーズに焼き目がつくまで焼いたら出来上がりです。

まとめ

スポンサードリンク


ズッキーニは、あく抜きをして、加熱することで、やわらかくなり、ゴックン期の赤ちゃんから食べることができる食材です。

煮物などの和食、フレンチなど、様々な料理に使うことができるので、離乳食作りの助けになります。

アレルギーの心配もありますが、初めて食べさせるときは注意し、赤ちゃんがいつも通りであれば、その後もたくさん食べさせてあげてくださいね♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です