バターの冷凍・冷蔵の仕方と賞味期限って?保存方法と6つのメニュー

スポンサードリンク

私たちの食卓に欠かせない乳製品、バター。

一時期は価格が高騰して、買うのをためらうこともありましたが、やはり料理のコクを出し、パンやトーストには欠かせないので、どの家庭も冷蔵庫に常備しているのではないでしょうか。

牛乳のなかの脂肪分を固めて作られていて、乳酸菌で発酵させないクリームを原料とした非発酵バターが、日本では主に売られています。

これはヨーロッパで主流の発酵バターに比べると、食べやすいです。

バターは、空気に触れると弱いという特徴があり、保存するときは注意が必要。

ここでは、バターの正しい保存方法、消費期限、おすすめのバターを使ったメニューを紹介します。

 バターはどのくらい日持ちする?賞味期限は2週間!

バターは製造過程で塩を入れて作った有塩バターと、塩を入れない無縁バターがあります。

実は保存期限も違い、有塩バターのほうが無塩バターに比べると1ヶ月保存期間が長く設定されています。

無塩バターは、お菓子作り、パン作りには欠かせないですし、塩分を気にする方にもおすすめ。

開封する前の賞味期限は6ヶ月と、長く設定されていますが、開封した後は空気に触れるため、できれば2週間以内で使い切りましょう。

 バターの保存方法!

バターは空気に触れると脂肪分が酸化するために、急速に劣化していきます。

酸化すると、嫌な匂いが出たり、風味が落ちたり、変色しますので、なるべく早く食べきりたいですね。

バターの正しい保存方法を紹介します。

 バターの正しい冷凍保存方法

バターは冷凍保存もできる食材です。

通常乳製品は、冷凍して解凍すると成分が壊れ、分離してしまうので冷凍保存できないのですが、バターは解凍後も成分が保たれるので、冷凍にむいています。

というのも、バターの成分は80%以上が乳脂肪分で水分が少ししか含まれていないから。

バターを冷凍するときは、使いやすい量の10gずつをアルミホイルでぴったりと包んで、空気に触れないようにして、保存袋に入れて保存しましょう。

小分けにして冷凍保存すると、1年は保存可能。

使うときは凍ったまま使います。

 バターの正しい冷蔵保存方法

バターは未開封の場合は、有塩バターで6ヶ月、無塩バターで5ヶ月、マイナス5度以下の保存で持ちます。

一度開封すると、空気に触れるため酸化する速度が速くなりますので、風味や味が落ちます。

できるだけ2週間で食べ切るようにしましょう。

開封した後は、ラップかアルミホイルでぴったりと包んで保存します。

常温においておくと、カビの生える原因となりますので、使った後はすぐに冷蔵庫に戻します。

冷蔵保存で気をつけることは、バターは他の匂いを吸収しやすい食品なので、匂いの強い食品のそばには置かないこと。

他の匂いが移ると、バターの風味が薄れてしまいます。

またカビの原因のひとつには、パンくずなどがバターに付着することもあげられます。

トーストに欠かせないバターですが、バターナイフをつけっぱなしにしておくと、パンくずがバターに付着して、カビの生える原因となります。

バターにパンくずが入らないように、注意して使って下さい。

 ワンポイントアドバイス

バターは長期間使わないときは冷凍保存すると、風味も味も損なうことなく長期間保存することができるので、おすすめ。

冷蔵で保存するときも、冷凍で保存するときも、大切なのは、空気に触れないように保存すること。

バターは一度溶けると、組織が壊れます。

再び固まったとしても、味も風味も落ち、以前のバターとはまったく違いますので、常温に置かないように注意してください。

 冷凍しておいたバターを使った5つのメニュー

スポンサードリンク


冷凍したバターは、そのまま料理に使うことができます。また自然解凍して料理に使うことも可能。

冷凍したバターを使ったおすすめのメニューを紹介します。

 さつまいものチーズ揚げ

バターがしみこんださつまいもがおいしいバター揚げ

【材料】

さつまいも 1本

チーズ適量

★ 塩コショウ 適量

★ バター 適量

★ 片栗粉 大さじ2

★ 牛乳 大さじ2

① さつまいもは皮をむいてすぐに火が通るように、一口大に切ります。

② さつまいもにくしが通るくらいにゆでて水気をきって、つぶします。

③ ある程度つぶれたら、★の調味料を入れてまとめるようにつぶします。

④ 粘り気が出てきたら、一口サイズにして、真ん中にスライスチーズを切って入れます。

⑤ 深めのフライパンに油を入れて、狐色になるまで揚げて、出来上がり。

じゃがいもで作ってもおいしいですね。

 ジャガバター

レンジで簡単ジャガバター。バターは凍ったままじゃがいもにのせます。

【材料】

じゃがいも 2つ

味塩 適量

冷凍バター 適量

① じゃがいもは良く洗って、十字に切込みを入れます。電子レンジで5分30秒くらいチンしてください。

② 上の皮を少しめくって、170度の油で2分揚げます。

③ バターをのせて味塩を振りかけて出来上がり。

 味噌バター鍋

味噌にバターは相性ぴったりですね。冬に食べたい体が温まるおすすめの鍋です。

【材料】

★ 水 6カップ

★ 味噌 大さじ7

★ みりん 大さじ3

★ バター 30g

白菜、もやし、水菜、キャベツ、もも肉、豚肉、豆腐、油揚げ、うどんなどお好みで

① ★の調味料を鍋に入れてよく溶かします。

② 好きな食材を用意して、食べやすいように切って鍋に入れます。

しめはうどんでもラーメンでもあいます。

 厚揚げのバターソースサラダ

厚揚げ 1枚100g

グリーンリーフ 2枚

小ねぎ 3本

かいわれ大根 1/3パック

醤油ドレッシング 適量

ブロッコリー 50g

しめじ 50g

バター 5g

パン粉 1/4カップ

① グリーンリーフは手で小さくちぎります。小ねぎは5cmの長さに切って、皿に並べます。

② ブロッコリーとしめじはゆでて、食べやすい大きさにきっておきます。

③ 厚揚げは油抜きをして、オーブントースターでかりっとするまで焼きます。

④ 厚揚げを一口大に切って、ブロッコリーとしめじも一緒に皿にもります。

⑤ フライパンにバターとパン粉を入れて、きつね色になるまでいためて、④の上にかけます。

⑥ かいわれを散らして、ドレッシングをかけて出来上がり。ボリュームたっぷりのサラダです。

 ししとうかつお節バター炒め

【材料】

ししとう 15本

バター 10g

しょうゆ 小さじ2

かつお節 子袋1

塩コショウ 少々

① ししとうをバターで炒めます。

② クタッとしたら醤油を入れて、

 バターの作り置きメニュー

バターには作り置きメニューがあるのでしょうか?

おすすめのバターの作り置きメニューを紹介します。

 きのこのマリネ

秋に食べたいきのこの作り置きマリネです。

【材料】

バター 5g

にんにく 1かけ

まいたけ 1パック

えのき 1パック

エリンギ 1パック

ベーコン

★ 酒 大さじ2

★ 醤油 大さじ1

★ 酢 大さじ1

① きのこは石づきを切り、えのきは半分に、まいたけは細かく裂き、エリンギも適当な大きさに切ります。

② 鍋にバターを入れてみじん切りにしたにんにくを炒めます。香りが出たらベーコンもいためます。

③ ベーコンの油が出たらきのこを入れます。きのこから水が出てしんなりするまで炒めます。

④ 用意した調味料を鍋に入れて、調味して出来上がり。

熱いままでも、冷蔵庫で冷やして食べるととてもおいしいマリネです。

 まとめ

バターの正しい保存方法、消費期限、おすすめのバターを使ったメニューを紹介しました。

バターの大敵はなんと言っても空気に触れること。

酸化をすると嫌な油くさい匂いを発するので、空気に触れないように保存することが大切。

また、カビが生えないように、常温で放置しないこと、パンくずが付着した状態で保存しないことなど、注意して保存してください。

正しくバターを保存して、おいしいバターを食べてくださいね!