妊娠して便秘から快便になった!妊娠中の変化の原因と6つの注意点

スポンサードリンク
うちハピ

妊娠初期に妊娠に気付いて、ずっと悩まされていた便秘から急に快便になると、「これって大丈夫なの?」と心配になりますよね。

快便は嬉しいものですが、突然の便通の良さに驚く方もいるでしょう。

今回は妊娠初期の快便の原因や注意点をまとめてみました。

妊娠初期に便秘から快便に!

妊娠初期は、妊娠する事でホルモンバランスの変化が起こって体調に異変が起こり始めます。

その起こる出来事の1つが快便です。

妊娠初期には、便秘になる方が多くいる中で、逆に快便になる方も少なくありません。

これはプロゲステロンという妊娠すると生成されるホルモンが関係しています。

妊娠しこのホルモンが増加する事で、子宮の筋肉の収縮を防ぎます。

そして赤ちゃんの発育を守ろうとする働きが腸の筋肉にまで届いてしまって、便秘や快便といった症状が出るのです。

便秘で苦しんでいる方が多い中で逆に便通が良くなることは良い事ですから、便秘から急に快便に変わったとしても気にしないで下さいね。

快便に変わってからまた便秘になる方もいたりと、便秘と快便を繰り返される事も。

快便を継続するためにも生活習慣や食生活のバランス良く維持していきましょう。

妊娠初期の快便の原因とは?

便秘だったのに急に快便になった背景にはどういう原因があるのでしょうか?

早速見ていきましょう。

便秘から便通が良くなる背景には、ホルモンバランスの変化妊娠する事で生成されるホルモンバランスの変化から、バランス状態が崩れてしまう事になります。

ホルモンというのは、本来極々僅かな量しか分泌されないので、僅かな異変でも大きい影響を体に与えてしまうのです。

うちハピ

お腹が緩んで下痢が起こりやすくなる方もいれば、反対に便秘になる方もいます。

中でも妊娠初期はホルモンバランスが変化し始めたばかりですから、体が安定していません。

その為快便になる方もいるのです。

便秘にならないように

上記で述べたように、妊娠初期は体の変化からお腹の調子も変わる為、元々便秘気味な方が妊娠をきっかけに快便になる方も多くいらっしゃいます。

これに関しては個人でそれぞれ変わってくるため、更に便秘が酷くなる方もいます。

中には便秘や下痢を繰り返す方もいて、お腹の調子が整っていない状態が続く場合も。

快便になったからといってそのまま持続するとは限らないので、便秘にならないように快便維持を意識して生活しましょう。

妊娠初期の快便を維持するには?

快便を維持するには、食物繊維が最適です。

野菜の中で食物繊維が沢山入っているのは、ほうれん草やレタス、キャベツなどの葉っぱ類の野菜と豆類。

沢山摂っているのにも関わらず便秘になってしまうという方は、食物繊維の摂取方法の間違いが考えられますので見直してみてください。

食物繊維は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維という食物繊維に分類されています。

この2つのバランスが崩れる事で快便の維持は難しくなります。

水溶性食物繊維というのは、便を柔軟にして便秘を防止してくれて、腸内の有害物質や老廃物を絡めて便と共に排出する役割があります。

また悪玉菌を削減して腸内環境を綺麗にし、善玉菌を増加させてくれます。

水溶性食物繊維

スポンサードリンク


  • 海藻類(わかめ・昆布など)
  • こんにゃく
  • オクラ
  • 山芋
  • 寒天
  • いちご
  • イチジクなど

不溶性食物繊維というのは、腸内の水分を取りこんで便の量を増加させて、腸壁を活性化させる為、快便効果があります。

便の水分まで吸収してしまうので、便秘が固くなって便秘になりやすくなります。

その為、下記に示している不溶性食物繊維が入った食材は、便秘解消に良いと思われがちですが、厳密に言えば食べ過ぎてしまうと便秘を招く原因になりかねない為、摂る量には気をつける必要があります。

不溶性食物繊維

  • かぼちゃ
  • サツマイモ
  • トウモロコシ
  • アボガド
  • キノコ類
  • ココアなど

良いバランスを保つには、水溶性食物繊維:不溶性食物繊維=1:2とされています。

いずれもバランス良く摂れる食べ物には、オクラや納豆、ごぼう等がありますので意識して食べて下さい。

このような食物繊維に乳酸菌をプラスすると更にお通じが良くなり、快便を保つ事ができるでしょう。

妊娠初期の快便の6つの注意点

妊娠初期はホルモンバランスの変化から便秘や下痢にもなりやすいので、快便に少しの間だけなっていたとしても、再び便秘になる恐れがあります。

常日頃から便秘や下痢が生じないように気を付ける必要があります。

ここでは、快便を保つための注意点をまとめてみました。

起床時

寝ている間は体の水分が失われてしまいます。

朝起きたら1番に水を一杯飲むようにしましょう。

朝の時間帯は、1番便が出やすい時間帯で便に水分を与える事で快便に導いてくれるので、飲む事を習慣付けるようにしましょう。

冷え防止

冷え防止を行う事で血行不良や便秘防止にもなりますので体を冷やさないようにしましょう。

妊娠中は常に体を冷やさないように気を付けなければなりません。

特に冬場や季節の変わり目には温度差が激しくなるので気を付けて下さいね。

お腹に帯を巻く、靴下を2枚履きにするなどの対策をしてみましょう。

関連記事⇒妊婦の冷えは大敵!妊娠中の冷え、胎児への影響9つの理由と対策

温かいものを

妊娠中に夏場で暑いからといってアイスなどの冷たいものばかりを食べるのは、避けた方が良いでしょう。

冷たい飲み物や食べ物は腸の活動を深刻化させてしまい、便秘が生じ易くなってしまうので気を付けましょう。

食物繊維

上記でも説明したように、食物繊維の摂取のバランスにも意識して摂るようにして下さいね。

適度な運動を

妊娠すると、激しい運動は避ける必要がありますが、軽い運動であれば行う事ができます。

マッサージやストレッチなどを取り入れて快便を保ちましょう。

関連記事⇒妊娠初期のマッサージは大丈夫?影響や注意点と自分でできる8つの方法

ストレスを溜めない

妊娠初期だけではなく、妊娠中はストレスを溜めないようにしましょう。

ストレスが溜まることで副感神経が正常に体に指示を与えられずに腸の活動が悪くなります。

その為、便秘とストレスには関係性があるので、好きな事をするなどしてリフレッシュしましょう。

  1. 起床時
  2. 冷え防止
  3. 温かいものを
  4. 食物繊維
  5. 適度な運動を
  6. ストレスを溜めない

まとめ

妊娠初期は体の変化に戸惑ってしまう方も多いでしょう。

便秘に悩まされる事が多い妊娠中に、快便になる事はとても良い事なので快便を保てるように食物繊維を摂って冷え防止し、適度な運動を心がけましょう。

うちハピ