文を使った名前35選~文の意味や由来と読み方を徹底解説!

スポンサードリンク

「文」という漢字について

字画数:4画
音読み:ぶん、もん
訓読み:ふみ

「文」の読み方は他にもある?

「文」は音読みの「ぶん」「もん」や訓読みの「ふみ」以外にも読み方が存在しています。

名前で使用する際には、「あや」「のぶ」「のり」「み」「や」と読むこともできるのです。

また、「文字」のように「文」を「も」読むことも。これは、「もん」が縮まったものです。

「文」を使った男の名前

文(ぶん)
文樹(あやき)
文人(あやと)
依文(いふみ)
永文(えもん)
和文(かずのぶ)
我文(がもん)
才文(さいもん)
沙文(さもん)
志文(しもん)
慈文(じもん)
高文(たかふみ)
太文(たもん)
文斗(のりと)
宏文(ひろぶみ)
武文(たけふみ)
寛文(ひろみ)
文緒(ふみお)
文希(ふみき)
文月(ふみつき)
文登(ふみと)
文弥(ふみや)
文則(ふみのり)
文彦(ふみひこ)
文世(ふみよ)
康文(やすふみ)
文治(ぶんじ)
文成(ぶんせい)
文太(ぶんた)
昌文(まさや)
文司(もんじ)
芳文(よしふみ)
文太郎(ぶんたろう)
文次郎(もんじろう)
正文(まさふみ)

「夫」を使った男性芸能人、有名人

杜澤 泰文さん
寺脇 康文さん
外波山 文明さん
川口 丈文さん
森貞 文則さん
浜 博文さん
早崎 文司さん
青柳 文太郎さん
矢崎 文也さん
押川 善文さん
井上 昭文さん
円谷 文彦さん
坂部 文昭さん
石綿 文太さん
渡辺 文雄さん
新井 浩文さん
古賀 弘文さん
藤間 文彦さん
小日向 文世さん
寺井 文孝さん
松浦 崇文さん
村尾 英文さん
松尾 文人さん
大村 文武さん
石垣 広文さん
菅原 文太さん
田島 義文さん
福沢 博文さん
篠原 孝文さん
荒木 宏文さん

「文」の使い方

「文」は様々な読み方ができる漢字のため、先頭字でも止め字としてでも使用することができる漢字です。

「ぶん」と読ませることで、男性らしいパワフルさが引き出されるため、男の子の名前にもぴったりです。

「文」の持つ意味

スポンサードリンク


「文」は「文字」などのようにことばを書き記したものという意味が代表的です。

ですが、それだけではなく様々な意味があるため、ひとつずつ解説していきます。

「文」は知的活動を意味する

「文」は、ことばを記したもの以外にも、知的活動を指す場合もあります。

「文化」や「文明」などで「文」が使われることがその例にあたります。

また、「武」と対比的に使われることもあります。ひとつの例が、「文武両道」です。

「文」は図形や図柄を指すことも

「文」は模様の形からできた漢字です。

そのため、飾りや彩りなどを表します。

そこから、「文」は「文様」や「天文」にも使われ、図形や図柄を表していることがわかりますね。

縄で図柄を付けた土器の「縄文式土器」もこの例です。

「文」を使った熟語

「文」の熟語を先にいくつか紹介していますが、さらに見ていきましょう。

ことばを書き記したものを意味する熟語としては、「文字」「「文章」「序文」「文学」などがあります。

そして、知的活動を意味する熟語には、紹介してきた通り「文化」「文明」がありますね。

「文武両道」のように「武」と対比的に使われる熟語には、「文民」「文弱」「文治主義」などがあげられます。

さらに熟語をあげると、「文様」「文句」「注文」などがあります。

これらは、「文」を「もん」と読ませた熟語です。

「もん」は奈良時代以前から存在する古い読み方なのです。

「文」の説明の仕方

「文」を直接顔合わせしていない相手に伝える場合は、熟語を利用するとわかりやすいでしょう。

・「文は、文章の文です」
・「文は、文学の文です」

これらのように「ぶん」と読ませる熟語を伝えるのがいいでしょう。

「文字のもです」だと言いにくさもある分、簡単なのに伝わりにくいです。

「ぶん」と読ませる熟語をいくつかストックしておくと安心できますよ。

「文」を使用する魅力とは

「文」は読み方により様々な魅力を発揮します。

また、「文学」や「文章」に使われるように、「文才」という言葉もありますよね。

ここから「文才」に恵まれるようにと願いを込めることもできるのです。

では、「文」の魅力をもっと見ていきましょう。

「文」は読み方により与える印象が変わる

スポンサードリンク


「文」には様々な読み方が存在していました。

たとえば「ふみ」と読む場合ですが、ふっくら温かい雰囲気を出すことができますね。

そして「あや」と読ませる場合は優しさ、「ぶん」と読む場合は音の印象からパワフルさが引き出されます。

読み方によって、ガラリと雰囲気が変わるのも「文」がもつ魅力でしょう。

「文」を使うことで子供へ対しての願いをしっかり込める

「文」は模様の形からできた漢字とお伝えしましたが、そこから彩りのある人生をという願いを込めることができます。

さらに、「文学」「文才」などに使われる漢字ということで、「文才」に恵まれる子に育ってほしいと願いを込めることもできるのです。

まとめ

「文」は様々な読み方があるため、男の子にも女の子にも使用できる漢字です。

読み方によって与える印象が変わるのも魅力でした。

優しい印象、パワフルな印象を男の子につけたい場合は、読み方を先に考えてから名前をつけるのもいいかもしれませんね。

男の子にどのように育ってほしいのかという願いもしっかりと込めることができる漢字でもあるので、「文」を使う名前も検討してみてくださいね。