妊娠初期にカフェインを飲んでしまった!胎児への影響と2つの対処法

スポンサードリンク




妊婦さんはカフェインの摂取量を制限するように言われますよね。

これについて、カフェインを沢山入っている飲み物というのは、胎児の成長に良くないことが理由です。

単純にカフェインが含まれる紅茶やコーヒーが好きな方からすれば、こういった摂取量の制限は辛く思いますよね。

妊娠初期は特別に気をつける必要がありますが、その後は少しの量だと構わないとも考えられています。

そういう訳でここでは、妊婦さんが1日あたり飲んで良いカフェインの摂取量や紅茶やコーヒー好きの方のために対処法に関して整理しました。

□妊娠初期のカフェイン

妊娠初期の妊婦さんは、どうしてカフェインを制限しないといけないと思いますか。

この理由は、カフェインのある効力が関わっています。

カフェインに入っているタンニンというのは、カルシウムや鉄分と繋がって体の外に排出する働きがある事から、妊娠中の妊婦が摂るとカルシウム・鉄分欠乏の状態が慢性化してしまいます。

そうでなくても、赤ちゃんに必要な栄養成分を十分に送らないといけない時期に、妊婦さんの体に欠かせないカルシウムと鉄分が外に出されてしまっては問題が生まれます。

貧血になる、歯が弱くなるのを予防するためには、カフェインを摂らないようにすることが肝心です。

■妊娠初期の栄養剤は良い?

妊娠初期は体の変動やホルモンバランスの異常等によって疲れやすくなりますが、お手軽なヒーリング方として栄養剤を用いる方もいるでしょう。

しかし、眠気防止の効き目としてカフェインが含まれた栄養剤が沢山あるので、買う時には絶対に成分ラベルをチェックしましょう。

近頃では栄養剤の種類が豊富に販売されていますが、人並み外れたカフェイン量の多さに他国では不幸な事故が続発し製造・販売中止に陥った会社もあります。

一切カフェインが含まれていない栄養剤も市販されていますが、一部には300mg越えのカフェイン量が含有されている製品も存在するので、間違い防止の為にも控えましょう。

□妊娠初期の1日に摂っていいカフェイン摂取量は?

続いて、実際に妊婦さんは、1日あたりどれだけのコーヒーを飲用しても良いのでしょうか。

1日毎のカフェイン摂取量が100mgを上回る量になると、自然流産率が増すといった調査結果があるのです。

1日毎のカフェイン摂取量は、100mg迄に控える方が良いでしょう。

  • 100mg以内

簡単に言うと、コーヒー1杯程度だけにすると心配はいりません。

カフェインが入っている飲み物は、紅茶やコーヒーの他にもいっぱいあります。

案外広まっていない物も結構あるので、ここから下を基準に飲む量に意識していただきたいですね。

1日あたりカフェインを100mg以内摂る方と照らし合わせると、100mg以上カフェインを摂る方は、胎児の成長の遅れや早産等といった危険性が 上がりますので100mg以下に抑えるように気を付けましょう。

  • 100mg~199mg:2倍
  • 200mg~299mg:4倍
  • 300mg以上:5倍

■100gの飲み物に含まれるカフェインの目安量

スポンサードリンク


  • コーヒー:約40mg
  • 紅茶:約30mg
  • せん茶:約20mg
  • コーラ(1缶):約40mg
  • チョコレート:約60mg
  • 緑茶:約15mg
  • ほうじ茶:約10mg前後
  • ウーロン茶:約10mg前後
  • ジャスミン茶:約10mg前後
  • 栄養ドリンク:約20mg
  • ココア:約10mg

参考「東京都食品安全FAQ」東京都福祉保健局

□妊娠初期にカフェインを飲んでしまった!胎児やママへの影響は?

世界保健機関のWHOでは、胎児の成長や健康面にカフェインがどのような影響を及ぼすかに関して「現在も立証済みでないが、控える事が大事」というような発表をされています。

それに対して、全世界の研究施設等では、カフェインの取り過ぎにより引き起こされる「胎児の成長・健康面に対する悪い影響が発表されています。

それに加えて、妊娠中のママの健康面に影響するとも考えられています。

  • 自然流産
  • 骨粗しょう症
  • 貧血
  • 発達障害

■妊娠初期にカフェインを飲んでしまった時の2つの対処法

妊娠初期だけに限らず妊娠中は、カフェインを極力摂らない方が望ましいと考えられています。

そうは言っても、ストレス解消の為にほんの少し紅茶やコーヒーを味わいたいという方もいますよね。

それでは、カフェインを摂ってしまった時、どのようにして対処すると良いのかご説明しますね。

最初に、利尿効果がある事を考えて、水分を多目に摂り入れるようにすると良いいでしょう。

その後、カフェインによって体外に出されたカルシウムや鉄分をやや多く補充した方が良いでしょう。

その2つをケアしておくことで、少々カフェインを口にしたからとパニックになる必要はないのです。

但し、このケアを行っていれば何杯も摂っても問題ない訳ではないので、摂取制限量はしっかり厳守しましょう。

  1. 水分補給
  2. カルシウムと鉄分の補充

妊娠初期のカフェインについてのまとめ

スポンサードリンク


妊娠初期のカフェインを飲んでしまった時の対処法やその他の情報をお伝えしてきました。

コーヒーが中々やめられない!といったお悩みは、とても分かります。

カフェインレスにしても正直コーヒーと比べてしまいますよね。

授乳中もカフェインレスは抑えておきたい時期なので、育児が落ち着くまでカフェインレスを用いて上手く乗り越えましょう。

どうしても飲みたい日には、1日2~3杯までと決めて、赤ちゃんの為にもきちんと制限を厳守するようにしてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です