つわり中にケーキが食べたい!おすすめ2選と3つの注意点

スポンサードリンク




クリスマスや誕生日、子供の日……お祝いごとに欠かせないものといったらケーキですよね。

ご褒美といったらケーキ!と答える方、多いのではないでしょうか。

昔、会社勤めをしていたころ、疲れたとき甘いものが欲しくてコンビニに寄ってケーキを買ったりしていました。

頑張った自分へのご褒美といったところでしょうか。

ひとくち食べるとふわっと疲れが和らぎ、幸せな気分になる。

そんな魅力いっぱいのケーキ。

妊娠時には、どんな風に食べるのが理想なのでしょうか?

この記事では、ケーキについて詳しく紹介すると共に、妊娠中の食べ方についてアドバイスもしたいと思います。

ポイントは、6つです。

・ケーキって?
・ケーキはつわりの時におすすめの食べ物?
・ケーキのカロリーは?
・妊娠中におすすめのケーキの食べ方は?
・おすすめケーキレシピ
・ケーキを食べるときの3つの注意点

最後まで記事を読んでいただければ、妊娠中にケーキを食べても大丈夫だとわかってくれるはずです。

ぜひ、参考にしてくださいね。

ケーキって?

洋菓子のひとつです。

デコレーションケーキ、フルーツケーキ、ロールケーキ、チョコレートケーキなど、数多く種類があります。

作り方は主に小麦を使用し、バターや砂糖、ベーキングパウダーなどを混ぜて焼いたスポンジを作り、生クリームや果物、チョコなどを飾ったお菓子です。

ババロアやパイ生地、ムースなどで作ったものもあり、誕生日やクリスマス、記念日などにホールで買ってお祝いをする家庭が多く、子供たちにも人気があります。

ケーキはつわりの時におすすめの食べ物?

砂糖や生クリーム、バターが原材料なので、カロリーが高めです。

食べ過ぎると妊娠糖尿病の危険が大きくなる可能性があるので、特におすすめしたい食べ物とは言えません。

ですが、個人的意見ではありますが、妊娠中はつわりが苦しかったり、無事出産できるかどうか不安が募ったりとストレスが溜まりがちです。

たまにおやつとして少量、もしくは食事のかわりになど、食べたいときに工夫しながら食べるのは良いのではないでしょうか。

また、吐きつわりでケーキや甘いものだけは食べられるという方もけっこういるようなので、そんな時は食べられるだけ食べてしまっても大丈夫です。

つわりの症状が改善してから、カロリーや体重の増加などを気にするようにしましょう。

食べつわりの人は、小分けにして食べるなど食べ過ぎないよう工夫することを忘れずに。

ケーキのカロリーは?

製法や使用している果物などによって大きな開きがありますので、一般的な平均のカロリーを表示しています。

・ショートケーキ1個 約320~450キロカロリー
・チョコレートケーキ1個 約200~450キロカロリー
・チーズケーキ1個 約180~400キロカロリー
・ホットケーキ1食分 約560キロカロリー
・タルト1個 約230~400キロカロリー

妊娠中におすすめのケーキの食べ方は?

妊娠中のおやつの摂取カロリーは200キロカロリー未満が理想とされています。

ケーキだと大半が1カットでそのカロリーをオーバーしてしまうことになります。

とはいえ、我慢するのは辛いこと。それならば、シェアしてしまいましょう。

旦那さん、上のお子様、お母さん、お友達などなど、周りの人と『半分こ』することでケーキも食べることもでき、摂取カロリーも抑えられます。

なにより、一緒に食べるなら、楽しい時間になりますよ。

また、市販のものなら、コンビニで買うのではなく、ケーキ屋さんで売っている添加物の少ない新鮮なものを買うようにすると、身体に優しいです。

他には、砂糖や生クリームの分量が調節できるので、手作りするのもオススメ。

作っている時間は、いいリフレッシュになるかもしれませんよ。

おすすめケーキレシピ

スポンサードリンク


ホットケーキミックスのチーズケーキ

材料:ヨーグルト400g、ホットケーキミックス100g、砂糖80g、卵2個、サラダ油大さじ3

↓作り方↓

1:オーブンを180度に予熱開始します。
2:ヨーグルトとホットケーキミックス、砂糖、卵、サラダ油をボウルに入れて良く混ぜ合わせましょう。
3:丸形の型にクッキングシートを敷き、ケーキのもとを入れていきます。
4:オーブンで様子を見ながら40~50分焼いたらできあがりです。

バナナケーキ

材料:薄力粉250g、ベーキングパウダー5g、バター100g、砂糖100g、卵2個、牛乳150g、バナナ2本

↓作り方↓

1:オーブンを180℃に予熱開始します。
2:薄力粉とベーキングパウダーをふるいにかけます。
3:常温に戻したバター(もしくは柔らかくなるまでレンジでチンしたもの)と砂糖をボウルに入れ、よく混ぜましょう。
4:溶いた卵をバターのボウルに入れて、よく混ぜ合わせます。
5:牛乳と薄力粉、ベーキングパウダーを入れて滑らかになるまで混ぜ合わせます。
6:フォークなどで潰したバナナを入れて、再度混ぜ合わせましょう。
7:クッキングシートを敷いた型に入れて25分~30分ほど焼いたらできあがりです。

ケーキを食べるときの3つの注意点

チーズケーキを食べるときは注意してください。

チーズには『リステリア菌』に感染する可能性があるものがあります。

感染すると重症化してしまうこともあるので、加熱されていないチーズ(ナチュラルチーズ)は食べないようにしたほうが安心です。

具体的にどのようなものに使われているかというと『レアチーズケーキ』や『ティラミス』『ムースケーキ』など。

日本で製造されているナチュラルチーズは加熱してから使うように義務化されているので、気を付けるのは輸入製品です。

使用されているかを必ず確認し、心配があるようなら避けたほうが無難です。

洋酒を使用したケーキ

スポンサードリンク


ケーキの中には、ラム酒やブランデーなど、香りづけに少量使用しているものがあります。

焼く前に洋酒を使用しているものは、焼くことでアルコール分が飛びますが、焼いた後に洋酒を塗ったり漬けたりするものは、食べないようにしましょう。

妊婦がアルコールを口にすると胎児に奇形などの悪影響を起こすことがありますので、くれぐれも注意してください。

気付かずに食べてしまってどうしよう!となっても、少量なら問題ないことが多いですが、うっかり食べてしまわないよう、買う時に原材料を見るようにクセをつけておくと安心ですね。

食べ過ぎに注意しましょう。

砂糖と脂肪の塊といってもいいほどケーキはカロリーが高めになっています。

でも、美味しいんですよね。

だから食べたくなってしまいがちなのですが、ぐっと我慢しましょう。

まったく食べないのではなく、200キロカロリー未満で食べることに決めると、ストレスなく食べ過ぎを予防できるはずです。

摂取カロリーに気を付けて、ケーキを楽しみましょう。

妊娠時やダイエットの時など、ケーキは不向きな食材というイメージがありますが、大事なのは食べ過ぎないことです。

我慢をしてストレスを抱えてしまうと、それが爆発してしまったとき、暴飲暴食をしてしまうので、かえって身体に負担をかけることに繋がります。

1日200キロカロリーを守り、妊娠中もケーキを食べて楽しみましょう。

食べてもいいからといって毎日ケーキを食べるのはおすすめできません。

色々なおやつを食べるのが理想です。

『今日のおやつはなににしようかな』とスーパーを巡って運動しつつ、おやつで幸せな時間を過ごしつつ、マタニティライフを楽しんでくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です