チェックワンファストの販売店まとめー6つの特徴と正確さやデジタルとの違い

スポンサードリンク

妊娠を待ち望む女性が、「妊娠していることをいち早く知りたい」と思うのは当然のことです。

しかし、一般的な妊娠検査薬は生理予定日の一週間後からしか使えないものが多く、もどかしい思いをしている方も多いでしょう。

そんなあなたにおすすめしたいのが「チェックワンファスト」という妊娠検査薬です。

チェックワンファストの特徴や正確さ、販売店などの情報をまとめます!

チェックワンファストとは?

チェックワンファストとは「株式会社アラクス」という製薬会社が販売している妊娠検査薬です。

スティックタイプで使いやすく、またすぐに結果を知ることができるので国内では非常に高い評価を得ています。

価格は販売店によって若干の差はありますが、およそ1,500円くらい。

(2回用)2キット入っているので、1回あたりの値段は700〜800円ということになります。

1回用のものも販売されていますが、値段が割高になってしまうので、購入する際はお得な2回用がおすすめです。

また、製品の有効期限は、24ヶ月となっています。

妊娠検査薬のメカニズム

チェックワンファストの特徴をご紹介する前に、そもそも妊娠検査薬がどのようなメカニズムで妊娠判定をしているのかをご紹介しましょう。

妊娠検査薬は、基本的に尿に含まれるホルモン値で妊娠を判断するものです。

受精卵が子宮に着床すると、女性の体内では、hCG(絨毛性性腺刺激ホルモン)という物質が分泌されます。

hCGは尿に混ざり放出されることになるので、それの多寡を計測して妊娠を判定しているわけですね。

一般的には、「着床3週目以降でhCGが50mIU/mlを超えると妊娠」と判定されます。

しかし、このhCGの分泌には個人差があるため、検査薬の使用は「生理予定日の1週間後」という基準が設けられているのです。

チェックワンファストの特徴

では、チェックワンファストの特徴を以下でご紹介します。

フライング検査が可能

チェックワンファストの特徴、まずは何と言っても「フライング検査が可能」ということです。

従来の妊娠検査薬は、先述したように「生理予定日の一週間後から使用できる」という基準が設けられています。

hCG値の分泌量には、個人差があるから。

チェックワンファストと同じ会社が発売している「チェックワン」がそうですね。

しかし、チェックワンファストは、生理予定日当日から検査が可能となっています。

妊娠第三週目のhCG値はおよそ20〜50mIU/mlですが、一般的な妊娠検査薬ではこの低いホルモン値を感知することができません。

しかし、チェックワンファストは25IU/Lと高感度であるために、この時期の低いhCG値でも感知し、結果を出せるというわけです。

妊娠しているかどうかはできるだけ早く知りたいもの。

赤ちゃんを待ち望むご夫婦にとって、早く検査ができるというのは魅力ですよね。

日本で唯一の早期妊娠検査薬

スポンサードリンク


チェックワンファストには「日本で唯一の早期妊娠検査薬である」という特徴もあります。

生理予定日一週間後より前に妊娠検査できるものを「早期妊娠検査薬」と呼びますが、日本ではチェックワンファスト以外にこのような商品がありません。

もちろん、並行輸入などで海外製の早期妊娠検査薬は出回っていますが、買うのが少し不安ですし、在庫も不安定。

やはり正確な検査結果を得るためには、日本のものを選びたいというのが本音でしょう。

ですので、日本で早期妊娠検査薬を選ぶのであれば、チェックワンファストがおすすめです。

かなり正確な判定ができる

「判定がかなり正確」というのもチェックワンファストの特徴。

株式会社アクラスが出している妊娠検査薬「チェックワンシリーズ」は、いずれも判定精度99%以上という高い数値を誇っています。

「妊娠検査薬を使って陽性反応が出たのに、病院で検査してみたら間違いだった…」そんな思いをしないためにもなるべく正確性が高い検査薬を使いたいですよね。

その点、チェックワンファストは選んで間違いないといえます。

陽性の線が消えない

「陽性の線が消えないでそのまま残る」という特徴もあります。

通常の妊娠検査薬は、しばらく経つと浮き出た陽性の線が消えてしまうものがほとんど。

陽線が出たときに旦那さんがそばにいればいいですが、もし外出している場合は喜びを一緒に味わうことができません。

しかし、チェックワンファストは検査後も線が消えずに残るので、旦那さんが仕事から帰ってきてから感動を共有することができます。

妊娠の感動は女性のためだけのものではありません。

チェックワンファストは、旦那さんへの配慮もなされた商品と言えますね。

蒸発線が出づらい

チェックワンファストは、蒸発線が出づらい妊娠検査薬です。

蒸発線とは、尿が蒸発するときに、検査薬が僅かに反応を示してしまい、うっすらと検査窓に線が浮かび上がるもの。

よく、「尿をかけてからしばらく経って、うっすら線が出た!妊娠かも!」

と思われる方がいるようですが、通常の妊娠検査薬を使った場合、これは蒸発線の可能性が高いです。

しかし、チェックワンファストにはその蒸発線が出づらいという特徴があります。

これなら、「せっかく線が出たのに病院に行ったら妊娠してなかった…」なんてがっかりな思いをせずに済みますね。

ただ、100%蒸発線が出ないとは言い切れないので、検査結果は尿をかけてから10分以内、蒸発してしまう前に確認するようにしましょう。

また、線が薄い場合は「十分に尿がかかってない」、「浸す時間が短かった」という場合もあります。

正しい検査結果のためにも、使用上の注意は守るようにしてくださいね。

チェックワンファストは判定結果が変わる?

チェックワンファストを使った人の中には、「生理日当日に検査したら陰性だったけど、1週間後に再検査したら陽性に変わった」という人もいます。

チェックワンファストは非常に感度の高い妊娠検査薬ですが、生理予定日当日にhCGの分泌が足りなかったりして、陰性の判定が出てしまうこともあるようです。

従来品よりも早く検査できるというのがこの商品のメリットですが、ホルモンの分泌量には個人差があるもの。

そういう場合には諦めずに、1週間後もう一度検査してみるのがいいでしょう。

ひょっとしたら陰性から陽性に変わるかもしれません。

そんな時のためにも、2回用のものを買っておくのが安心ですよ。

チェックワンファストの使い方

続いて、チェックワンファストの使い方について。

使い方は以下の3ステップです。

1.製品の尿吸収部分に尿を3秒間かける

※もしうまくかけられない場合は、紙コップなどに採尿後、その中に5秒間浸すという方法でも可

2.製品を平らなところに置き、一分間待つ

3.検査窓に赤紫色の線が浮かび上がってくれば陽性反応

というもの。

説明書もいらないくらい簡単な手順ですね。

チェックワンファストはどこで買える?

チェックファストは、どこで買うことができるのでしょう?

確かに他の商品のように頻繁に見かけませんね。

残念ながら、コンビニや街のドラッグストアなどでは購入することができません。

このチェックワンファストは、「第一類医薬品」に分類されているため、薬剤師さんがいる薬局で名前、住所などを記入した上で購入することが義務付けられています。

また、薬事法により、通販で買うことも不可能。

メリットもたくさんあるこの商品ですが、買うのには少し手間がかかります。

とは言っても、全国ではかなり多くの薬局で取り扱われている商品。

街のドラッグストアでも、少し大きめの店舗で薬剤師さんが常駐しているようなお店では置いている事があります。

以下、アクラスのHPから、お住いの地域でチェックワンファストが取り扱われている店舗が検索できるので、ぜひ活用してみてください。

医療用体外診断用医薬品取り扱い薬局一覧

デジタルとの違いは?

スポンサードリンク


アクラスが出しているチェクワンシリーズには、チェックファンファストの他にも、「チェックワンデジタル」という商品があります。

デジタルというとなんだか「高そう」、「検査方法が違う」などのイメージが湧いてきますが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか?

両者の違いを簡単にまとめると、以下の3点。

  • デジタルはファストと異なり、生理予定日一週間後からしから検査ができない
  • デジタルは判定窓が液晶画面になっており、正確な判定結果が出る
  • デジタルは「第二類医薬品」であるため、薬剤師がいない薬局、通販などでも購入が可能

チェックワンデジタルの方は、ファストのように生理予定日当日から検査をすることはできない仕様になっています。

ですので、「とにかく早く結果を知りたい!」という方は、ファストの方を選ぶのがいいですね。

また、判定窓にも大きな違いが。

デジタルのほうは判定窓がデジタルになっており、検査結果が線ではなく「+、-」で表示されるようになっています。

ですので、アナログな検査薬と違い、「線が薄いから検査結果が不明瞭…」という心配はありません。

検査薬を鬼のように凝視し、力づくで陽性の線を浮き出させようと試みる私のようなタイプにはピッタリでしょう。

そして、「気軽に購入できる」というのもデジタルならではの特徴。

チェックワンデジタルは「第二類医薬品」であるため、薬剤師が不在でも登録販売者がいる薬局、通販など購入することが可能です。

ちょっと買うのに手間がかかるファストと比べると、これは魅力的かもしれませんね。

ちなみに、Amazonでの販売価格は2,200円前後。

(3回用)値段はチェックワンファストとそこまで変わりません。

チェックワンファストで正しい検査結果を得るには?

チェックワンファストは尿中のhCG値を計って妊娠を検査するものですが、もし尿自体に問題があった場合、当然正しい検査結果を出すことはできません。

ですので、検査前には以下の点に注意しましょう。

  • 生理予定日をしっかり把握する
  • 検査前、前日などに水分を大量に摂りすぎない
  • 血など不純物の混じった尿を使わない

そもそも生理予定日をしっかり把握できていないという場合、当然正確な検査結果は出ません。

また、検査前に水分を取りすぎてしまった場合も同様。

尿中の水分量が増えすぎてしまうため、正確なホルモン値を測定することができなくなります。

そして、着床出血などで尿に血が混じってしまった場合も再検査が必要です。こういった時も正確な判定をすることができません。

おすすめは、朝一番の尿で検査薬を使うこと。

朝一番の尿は妊娠ホルモンが最も多く含まれているため、正確な検査結果を得ることができます。

妊娠検査薬が誤判定を起こしてしまうケース

チェックワンファストに限らず、時に妊娠検査薬が誤判定を起こしてしまうケースがあります。

例を挙げると、以下のようなケースです。

  • 双子など多胎妊娠の場合
  • 子宮外妊娠、胞状奇胎などの場合
  • 化学的流産

双子など多胎妊娠の場合、通常の妊娠時に比べて着床時に分泌されるhCG値が増えます。

妊娠ホルモンの量が多すぎると、検査薬が逆に反応を示さず、妊娠しているのに陰性反応が出てしまうことも。

検査薬で陰性の結果であったとしても、胸の張りや頭痛、吐き気などつわりの症状がある場合は産婦人科で検査をしてもらいましょう。

また、子宮外妊娠とは、本来子宮に着床するはずだった受精卵が、何らかの理由で子宮の外に着床してしまうこと。

そして胞状奇胎とは、胎盤へと成長する「絨毛細胞」が染色体異常によって増殖を起こしてしまう病気のことです。

いずれの場合も検査薬で陽性反応は出ず、また一応「妊娠」はしていますが残念なことに受精卵が胎児へと育つことはありません。

名前が知られている「科学的流産」も、検査薬が誤判定を起こす原因のひとつ。

化学的流産とは、一度受精卵が着床しかけたものの、その状態をキープできずに子宮の外へ排出してしまう現象のことです。

名前に「流産」とつきますが、完全に着床してからの流産ではないので、俗に言う流産にはカウントされません。

一度着床はしかけているので、その時点で検査薬が「陽性」の反応を出すのは正しいことですが、化学的流産が起こってしまった場合、病院での検査では妊娠していないと診断されます。

よく「妊娠検査薬の判定が陽性から陰性に変わった」と疑問に思われるときに考えられる現象です。

検査した時点では正しい判定をしているものの、結果的に「誤判定」となってしまうパターンですね。

陽性反応が出た場合はとりあえず病院へ

スポンサードリンク


妊娠検査薬を使って陽性反応が出たとしても、手放しで安心することはできません。

妊娠検査薬を使った妊娠判定は、あくまでも個人レベルのもの。

もちろんチェックワンファストの正確性は保証されていますが、100%ではないのが事実です。

ですので、陽性結果が出たら自分一人で判断せず、必ず病院で診察してもらいましょう。

まとめ

チェックワンファストの特徴や正確さ販売店などの情報をまとめました。

チェックワンファストの特徴を簡単に並べると、

・フライング検査が可能(生理予定日当日から検査可能)

・早すぎて1週間後に陰性から陽性に変わる可能性があるので、購入は2回用がオススメ

・日本で唯一の早期妊娠検査薬

・正確性が高い(99%)

・判定線が消えない

・誤判定の原因となる蒸発線が出ない

というようなもの。

正確性も高く、通常の検査薬よりも早く妊娠を調べることができるので、「とにかく早く検査したい!」という方には、チェックワンファストがおすすめです。