COCO塾ジュニアの評判って?子供向け英会話スクールの料金と勉強方法

スポンサードリンク
うちハピ

グローバル化社会などといわれるようになって久しいですが、これからの世の中どんなお仕事も日本だけで完結はしなくなります。また、それにあわせて2020年度から開始される新学習指導要領では英語教育開始時期の前倒しや、学習内容の高度化が予告されています。

かわいいお子様の将来を考え、早いうちから英語教育を受けさせたいと思うお母様も多いのではないでしょうか。子供向け英会話スクールはたくさんありますが、今回は全国で教室を展開しているCOCO塾ジュニアについて特集いたします。

はたして、COCO塾ジュニアの学習内容は本当にお子様の将来に役に立つのでしょうか? 料金が高すぎたりしないのでしょうか? 実際にお子様を通わせている皆様のご意見はどうなのでしょうか?

目次

COCO塾ジュニアが目指す4つの教育方針

COCO塾ジュニアでは4つのお約束として、お子様達の教育方針を示しています。合い言葉は『やりたいことは、英語の先にある』です。英語を学ぶことが目的ではなく、英語を学ぶことで子ども達の夢を叶える教育をおこなっています。

大人になっても使える本当の英語と英会話を学ぶ

本当に役に立つ英語や英会話とは、テストで点数を取るための勉強ではありません。外国人と英語でストレスなくコミュニケーションを取れる能力のことです。

COCO塾ジュニアの英語学習はコミュニケーション力の向上を目指したCLT学習法を採用しています。これは現在世界で主流になっている方針で、お子様達が大人になったとき、本当の意味で英語と英会話を使いこなす技術を学ぶことを目標としています。

ほとんどの日本人は、少なくとも中学で3年間、高校で3年間の計6年は英語教育を受けているはずです。しかし、大人になった日本人の多くは英語を話せません。道ばたで外国人に英語で話しかけられても、せいぜい『I can’t speak english』と言って逃げ出すのがやっとです。

これまでの日本の英語教育は『文法和訳式』でした。これは文法を暗記していったん日本語に変換するという作業をおこなう語学習得方法で、紙の上では良い点数が取れても、会話には繋がりにくい学習方法だったのです。

COCO塾ジュニアの教室を日本語は一切使わない英語ONLYの世界。頭の中で日本語に訳して考えるのではなく、英語で考えて英語で話す訓練を幼いうちから積んでいきます。

お子様が英語を大好きになるよう育てる

COCO塾ジュニアではお子様が英語を好きになるよう様々な工夫をしています。英語を学んでいて楽しいなと思うことが、まず一番大切なのです。

英語に限らずどんなお勉強や習い事でもそうですが、嫌いなことより好きなことの方が学習効果は高まります。『好きこそものの上手なれ』とはよくいったもので、親や先生に命じられて嫌々勉強するよりも、自分から積極的に学びたいと思っている方が、はるかに成果が期待できるのです。

COCO塾ジュニアの幼児教育は英語を使ったアクティビティ(遊び)やゲームで子ども達の気持ちを引きつけることから始まります。

年齢が上がってきますと、外国人インストラクターとのふれあいによる異文化への関心が育成され、さらにはスピーチコンテストなどの目標設定が子ども達を自然と英語の世界へ歩ませます。

学校の英語教育や各種検定試験の変化に対応する

2020年、学校の英語教育も大きく変わります。英語の学習が小学校3年生からに前倒しされ、中学以降はオールイングリッシュの授業が開始されます。

COCO塾ジュニアの授業はもちろんオールイングリッシュ。できるだけ幼いうちから、子ども達に日本語なしの英語だけの空間になれさせておきましょう。

これまで日本の学校の英語教育は『書く』、『読む』が圧倒的に重視されてきました。授業は日本語でおこなわれ、文法の説明も日本語。日本語で書かれた文章を英語に翻訳して記載できれば点数を取れたのです。

ですが、これからの学校教育は違います。『書く』、『読む』だけでなく『話す』、『聴く』能力が求められるようになります。その能力は日本語で教える英語教育では身につきません。

もちろん、英検®など各種検定資格にもバッチリ対応しています。検定対策の特別コースもあります。

お子様の『今』と『未来』を大切に支える

お子様の学習が『今』どこまで進んでいるのか、今後を見据えてどのように学習していけば良いのか、COCO塾ジュニアではお子様1人ひとりの状況を把握できる『アセスメントカード』を作って、保護者の方に提示しています。

うちハピ

必要があれば保護者と面談しながらお子様の学習方針を決定しています。それが、お子様の『未来』を見据えた教育に繋がります。

COCO塾ジュニアの特徴

スポンサードリンク


COCO塾ジュニアの教育方針を確認したところで、教室としての特徴をもう少し掘り下げてみましょう。

未就学児から高校生まで対応。目的に合わせたコースを選択できる

COCO塾ジュニアは5歳児~高校生まで対応しています。5歳で入会して、高校を卒業するまでCOCO塾ジュニアで英語学習をするお子様も多いようです。

基礎英語力を身につけるための『総合英語プログラム』と、英語で発想する力をさらに養うための『インターナショナルプログラム』という2種類のコースをご用意。

他にも英検®対策コースのための特別コースもあります。

COCO塾ジュニアで学んだお子様の71.3%が英検®に合格しているというデータもあり、高い指導技術がうかがえます。

『インターナショナルプログラム』は中学生以降になると『海外進学コース』となり、将来的に海外留学までを視野に入れた英語や英会話の学習をおこないます。

大人向けのGabaマンツーマン英会話や、留学プランを提案するヨーク国際留学センターなど、さらに上を目指す系列塾との連携もしています。

グループレッスンで対話やコミュニケーション能力UP

COCO塾ジュニアの授業はインストラクター(教師)が一方的におこなう学校の授業とは一線を画します。受講生同士や受講生とインストラクターが英語だけの空間で会話することで、お子様達はとっさの英語での受け答えができるようになるのです。

教科書に書かれている日本語を英語に訳すのではなく、自分の想いを英語で相手に伝える訓練を重視しているのが、COCO塾ジュニアの大きな特徴です。

講師はオリジナルのトレーニングを積んだプロのインストラクター

COCO塾ジュニアのインストラクターは、独自の研修でトレーニングを積んだプロばかりです。それは日本人講師も外国人講師も変わりありません。

ネイティブだからというだけで講師として即採用してしまうなんていうことはありません。もちろん、日本人講師も過去に海外留学経験や海外在住での仕事をした経験の持ち主達が、英語学習の研修を受けて配属されています。

ほぼ全ての授業が英語で行なわれる対話型授業

COCO塾ジュニアの授業はほぼ英語だけで行なわれます。日本語が存在しない空間で、英語を使って自分の意志や考えを伝え、インストラクターやお友達が英語で伝えることを理解します。

いったん頭の中で日本語に訳するのではなく、英語は英語としてそのまま理解する訓練を積むことが、将来役に立つ『対話力』に繋がります。

また、対話型の授業で学べるのは英語だけではありません。引っ込み思案のお子様でもお友達やインストラクターに積極的に話しかけるようになるなど、人間としてのコミュニケーション能力も向上していくことでしょう。

COCO塾ジュニアの学習法

スポンサードリンク


COCO塾ジュニアの教室の特徴をご理解いただいたところで、次に具体的な学習方法を見ていきましょう。

『コミュニケーション力の向上』を目指すCLT学習法

CLTとは『Communicative Language Teaching』の略です。日本語に訳すと『コミュニケーションのための言語教育』でしょうか。

従来日本の学校で行なわれていた、完璧な文法構造の理解や英語を母語とする人の模倣ではなく、子ども達が英語でコミュニケーションを取れるようになることを重点的に鍛える学習方法です。

具体的には、英語だけの教室で自分の意見や感情を表現しながら交流する練習を主軸として、その中で正しい英語を学んでいくという手法です。

たとえば、従来の日本の英語教育では『How are you?』に対しては『I’m Fine, thank you. And you?』と答えるものでした。それが正解だと中学校で習った方も多いはずです。

これは文法的には間違っていません。意味としても正しい回答です。ですが、実際の英語ネイティブからするとやや古典的というか、固すぎる受け答えに聞こえるそうです。少なくとも2020年代を生きる子ども達の答としては違和感を覚えるでしょう。

実際には『How are you?』への答は様々考えられます。単純に『I’m good』と答えても良いですし、ちょっとネガティブならば『Could be better(もっとよくなりそうだよ)』と返事をしても良いのです。

従来の英語教育は1つの正解を覚えることが主な学習でした。しかし、CLT教育では様々な子ども達が自分の気持ちに一番近い返事をできるようになることが目的です。それが将来、ネイティブの方々とも自然に会話できる能力に繋がります。

『異文化への感心』を高めるCLILを意識した教材

COCO塾ジュニアの教材はCLILを意識して作られています。CLILとは『Content and Language Integrated Learning』の略で、お子様達が興味を持ちやすい題材を学びながら、それを英語と結びつける教育のことです。

言語は文法と単語だけでできているわけではありません。その国の文化や風習と密接に結びついています。単語や文法、表現を覚えることと同じくらい、海外の文化をきちんと理解することも、英語を学習する上でとても重要なのです。

『英語の世界への扉』を開くEnglish Key学習法

English Key学習法は、COCO塾オリジナルです。英語の世界へ扉を開くために、外国人インストラクターとふれあうことで、英語圏の発送や文化に触れていきます。

たとえば、1つの絵と単語から、様々な連想される言葉を発信していく授業があります。

正解が1つではない問題を考えることによって、英語の能力と共に子ども達の発想力や発信力が鍛えられていくことでしょう。

英語教育が暗記科目であった時代はすでに終わりました。これからの英語教育は発想力やコミュニケーション能力がモノをいう時代です。

COCO塾ジュニアの料金は?

スポンサードリンク


COCO塾ジュニアの料金は教室やコースによって様々変わってきます。ここでは概算のみ示しますから、具体的な料金はお近くの教室にお確かめください。

入会金 8,750円~16,200円
月謝(月1回) 6,900円~16,740円
月謝(月2回) 14,340円~21,600円

※他に教材費が必要

かなり幅があるのは、本部校と提携教室でずいぶんお値段が異なるからです。基本的に本部校の方が値段が高いようですね。

その分、本部校では安定した学習空間が保証されます。提携教室(ホームインストラクター教室)は、インストラクターの先生の個人宅で授業をおこなったりしていることもあるようで、それが悪いというわけではありませんが、先生の質や授業環境に幅があるのも事実のようです。

COCO塾ジュニアの欠点や不満点はないの?

ここまでCOCO塾ジュニアの特徴を、特にオススメポイントを中心に記載してきましたが、COCO塾ジュニアに欠点や不満点はないのでしょうか? 全国の口コミを元に、不満点としてよくあげられることをまとめてみました。

特にホームインストラクター教室では、場所ごとに雰囲気が変わってしまう?

本部校はともかく、ホームインストラクター教室では場所ごとに全体の雰囲気が随分違うという指摘があります。確かにインストラクターのご自宅の一室で授業おこなっている場合と、学習塾の一角でおこなっている場合では、いくら教材やカリキュラムが同じでも雰囲気は異なるでしょう。

また、共通の研修を受けているとはいえ、インストラクターも人間です。教室によってインストラクターの質や性格にばらつきが出てしまう部分もあるようです。

ホームインストラクター教室はフランチャイズ制度を導入していますから、オーナーさんによってはあまり良い雰囲気ではない教室も、ごく一部あるという評価もあります。

もし、通える範囲に複数のCOCO塾ジュニアがあるのでしたら、両方の無料説明会に参加してみるのも1つの手かもしれません。

教室によっては日本人のインストラクターしかいないことがある?

これも主にホームインストラクター教室なのですが、外国人インストラクターが1人もいない教室もあるようです。中には外国人インストラクターが担当してくれると聞いたから入会したのに、数ヶ月後に日本人インストラクターだけになってしまったなんていう事例も。

ここら辺はフランチャイズ制度で拡大した教室の限界なのかもしれません。本部校ではこのような不満はほとんど聞きませんし、ホームインストラクター教室でも多くの教室では問題ないようなのですが、全ての教室には本部の目が行き届いていないのかもしれませんね。

料金がちょっと高め? 休んだときに振替ができない

COCO塾ジュニアのお値段が他の英会話教室と比べて極端に高いという印象は受けません。しかし、もっと安いお子様向け英会話教室がないのかと聞かれれば、存在するでしょう。

また、休んだときに授業の振替ができないという訴えもありました。事前に知らせておけば大丈夫なケースも多いようですし、当日突然休んだ場合に振替て欲しいという要求の方が無茶なのかもしれませんが、お母さんとしては子どもが急病になったのに……と感じてしまうかもしれません。

COCO塾ジュニアの評判・口コミ

ここでCOCO塾ジュニアにお子様を通わせている保護者の方の口コミを見てみましょう。

カリキュラムがしっかりしているので安心してお任せしています

COCO塾ジュニアのカリキュラムはしっかり作られていますね。子どもが自然と英語を話せるようになる工夫が随所にあって、感心しました。

授業内容がしっかりしているし、先生もやさしいので安心してお任せしています。

ネイティブの先生の授業が楽しそうです

親は見学できないので実際の授業がどうなのかは分かりません。でも中学生の息子はネイティブの先生との会話が楽しいと言っていました。

教科書やカリキュラムは体験授業で見た限り分かりやすいんじゃないかなと思います。教室がしっかり整理整頓されているのもいいですね。

突然日本人のインストラクターだけになってしまった

私の娘が通っているCOCO塾ジュニアの教室は、数ヶ月前から突然ネイティブの先生がいなくなりました。理由を聞いてもハッキリした回答が戻ってきません。

先生個人の事情には詮索しませんが、ネイティブの先生がいない状態を放置されているのはちょっと不信感が募りつつあります。ここの教室だけで対応できないなら、本部からちゃんとネイティブの先生を派遣してほしいです。

近所の別のCOCO塾ジュニアに移ることも検討中です。

先生がとても熱心。日本人インストラクターですが、ネイティブに負けない発音力があります

日本人インストラクターの先生だけしかいない教室ですが、先生の英語力が高いので安心してお任せしています。

教室がちょっと狭いのが気になりますが、それ以外は概ね満足していますよ。

幼稚園の娘は毎週COCO塾ジュニアを楽しみにしています

5歳の娘は毎週COCO塾ジュニアに通うのが楽しみなようです。まずは英語に親しんでほしいので、楽しいのが一番だなと思います。

値段は他と比べれば安いと思いますが、我が家にとってはそれなりの負担ですね。でも、娘の将来のためなら高いとまでは言えません。

まとめ

これからの時代を生きるお子様にとって、英語・英会話の技能はますます重要になってくるでしょう。20年後国際的なビジネスをおこなうのならば、英会話は必須です。

単に英語が話せるというだけでなく、英語で自分の気持ちや意見を表明し、ネイティブの方と渡り合っていく力を手にすることは、お子様にとってこの上ない大切な宝物になるはずです。

COCO塾ジュニアで、ネイティブに負けない英会話力を子ども達に学ぶ機会を与えてみませんか?

うちハピ