クッキーの冷凍・冷蔵の仕方と賞味期限って?保存方法と6つのメニュー

スポンサードリンク

お菓子をストックしておくと、いざというときも役に立ちますし、子供のおやつにもなるので、保存している家庭は多いのではないでしょうか?

お菓子を保存するときに、特に保存方法を気にしないかもしれませんが、きちんと保存することで、しけることもなく長い期間おいしく食べることができます。

お菓子は種類によって保存方法が違いますので、そのお菓子にあった保存方法で保存します。

お菓子の中でも、特にクッキーは、湿気ることが多いお菓子。

クッキーの保存方法、消費期限、クッキーを使ったおすすめのメニューなどを紹介しますので、参考にしてください。

クッキーはどのくらい日持ちする?賞味期限は1ヶ月!

クッキーはどれくらい長持ちするのでしょうか?

基本的に袋や箱をあけてない場合は、クッキーの箱に記載されている賞味期限を参考に食べきってください。

大体のクッキーは賞味期限を1ヶ月~2ヶ月に設定しています。

クッキーの材料によって、長く保存できるものもありますね。

購入するときは、なるべく賞味期限が遠いものを選びましょう。

クッキーの保存方法!

クッキーを開封して食べきれない、残ってしまった、そんな経験皆さんあると思います。

クッキーはどうやって保存すれば、いつまでもおいしく食べることができるのでしょう。

クッキーの正しい保存方法について紹介します。

クッキーの正しい冷凍保存方法

クッキーは、すぐに食べない場合は、冷凍で保存することもできます。

クッキーを冷凍保存する場合は、クッキーが入っている袋を輪ゴムで止め、さらに保存袋に密封して、保存します。

冷凍での消費期限は、1ヶ月。

食べるときは、凍ったままアルミホイルの上で、オーブントースターで焼くと、パリッとしたおいしいクッキーを楽しむことができます。

クッキーの正しい冷蔵保存方法

クッキーは、湿気が一番の敵なので、冷蔵保存には向いていません。

常温で保存するか、長期間食べないときには、冷凍して保存しましょう。

その他の方法

クッキーは、基本的には常温で保存します。

袋を開けていないクッキーはそのままで、一度開封したクッキーはできれば食べきったほうがいいですが、残った場合は、湿気ないように乾燥剤と一緒に、密封できる袋、もしくは缶に入れて保存しましょう。

乾燥剤は、もともと入ってきた乾燥剤を再利用してもいいですが、もしかしたら湿気を吸って効果がない場合もありますので、食品用の乾燥剤を用意しておくと、いろいろ使えるのでいいですね。

常温での保存期間は、1ヶ月、賞味期限を目安に早めに食べきりましょう。

ワンポイントアドバイス

スポンサードリンク


もしクッキーが湿気ってしまったら、キッチンペーパーをお皿に置き、その上に湿気たクッキーを置いて、電子レンジでチンします。

湿気が飛んでパリパリのクッキーがよみがえるので、おすすめ。

おせんべいがしけったときも、このやり方で、パリッとしたせんべいが食べられます。

冷凍しておいたクッキーを使った5つのメニュー

冷凍したクッキーはオーブントースターで焼いて、そのまま食べることもできますがそのほかにもいろいろ使い道があります。

冷凍したクッキーのメニューを紹介します。

シリアルヌガー

シリアルとクッキーを砕いてヌガーにします。

【材料】

チョコレート
好きなシリアル 適量
冷凍クッキー 適量
ドライフルーツ 適量
マシュマロ 適量

① 冷凍したクッキーは、オーブンで焼いて解凍しておきます。

② チョコレートを湯煎して溶かします。

③ 砕いたクッキー、シリアル、ドライフルーツ、マシュマロを混ぜて、チョコレートを絡めます。

④ 平らなパットに、クッキングシートを敷いて、流しいれて広げます。

冷蔵庫で冷やして固めます

⑤ 食べやすい大きさに切って出来上がり。

レアチーズケーキ

火を使わないレアチーズケーキは、冷やすだけなので簡単。

【材料】

冷凍クッキー 15枚分
バター 大さじ2
牛乳 大さじ2
クリームチーズ 250g
プレーンヨーグルト1カップ
生クリーム 1カップ
砂糖 大さじ5
レモン汁 大さじ1
粉ゼラチン 10g
バター適量

① 冷凍したクッキーを解凍し砕いて、牛乳、バターを合わせて、バターをぬった方にまんべんなく敷きます

② クリームチーズは、レンジで1分加熱します。

砂糖、ヨーグルト、生クリームを混ぜて混ぜます。

③ レモン汁を加えて。ゼラチンは水大さじ4でふやかし、電子レンジで加熱します。

④ 溶かしたゼラチンを②に混ぜ、手早く混ぜ合わせます。

⑤ ①の型に生地を流しいれ、表面をきれいにならします。

⑥ 冷蔵庫で1~2時間冷やして出来上がり。

クッキーケーキ

【材料】

クッキー 10枚

★ 生クリーム 1/5カップ
★ 砂糖 大さじ2
★ 牛乳 適量

イチゴジャム 大さじ2

① 冷凍したクッキーは解凍しておきます。

② クッキーは牛乳をくぐらせて、広げたラップの上に置きます。

③ ジャムを牛乳に浸したクッキーの上にのせます

④ これを繰り返して5枚のせます。

⑤ ラップに包んで冷蔵庫で30分寝かせます。

⑥ ★の材料をまぜて、固めの生クリームを作り、寝かせたクッキーの周りに塗ります。

アラザンで飾り付けてもいいですね。

マシュマロサンド

スポンサードリンク


すぐにできるマシュマロサンドは、人気のおやつです。

【材料】

クッキー 2枚
マシュマロ 1個
板チョコ 1かけ

① クッキーは解凍しておきます。

② クッキーにマシュマロをのせて、電子レンジで20秒加熱します。

③ マシュマロがふわっとしたら、クッキーを上にのせます。

④ 電子レンジで溶かしたチョコを上において、乾かします。

スノーボールクッキー

残ったクッキーのリメイククッキーです。

【材料】

残ったクッキー 250g
ココア 大さじ1.5
バター 80g
薄力粉 100g
粉砂糖 適量

① クッキーは解凍しておきます。

② フードプロセッサにクッキーと粉、を入れて、塊がなくなるまで混ぜます

③ ②にバターを入れて、バターが粉になじむまで混ぜます。

④ バターがなじんだら、手で握って固めます。

ばらばらになって固まらない場合は、バターを足してください。

⑤ 3cmほどの大きさに丸めて、キッチンペーパーをのせたテンバンにのせ、180℃で20分焼きます。

⑥ 荒熱が取れたら、粉砂糖をまぶします。

冷めてからだと砂糖がつきにくいので、少し暖かいうちにつけてください。

クッキーの作り置きメニュー

クッキーは作り置きして使えるメニューがあるのでしょうか?

クッキーの作り置きメニューを紹介します。

型抜きクッキー

市販のクッキーもおいしいですが、自分で作ったクッキーもおいしいので、おすすめです。

【材料】

小麦粉 200g
バター 60g
砂糖 80g
卵 1個
卵黄(つや出し用)
バニラエッセンス 少々

① バターはレンジで柔らかくして、ふるった砂糖を加えてよく混ぜます。

② 卵を溶いて①に混ぜて、滑らかになるまで混ぜます。

③ ふるった小麦粉とバニラエッセンスを加えて、手でまとめ、冷蔵庫で1時間寝かせます。

④ 1時間寝かせた生地を、めん棒で5mmの厚さに伸ばします。

⑤ 型に小麦粉を適量つけて、生地を抜きます。

つやを出すために卵黄をぬります。

⑥ クッキングシートをテンパンに敷いて、型抜きしたクッキーを並べて、180℃に熱したオーブンで15分焼きます。

残ったら冷凍して保存してください。

まとめ

クッキーやお菓子は、長期保存できると思って安心し、つい賞味期限が切れてしまうことありますよね。

一度袋を開けたクッキーは、湿気てしまう可能性があるので、空気に触れないようにして乾燥させて、保存するのが大切です。

クッキーの正しい保存方法と、湿気たときの対処方法など紹介しました。

正しく保存して、おいしいクッキーを食べてくださいね。