残ったカレーをリメイク!我が家のおすすめアレンジ!カレーリゾットの作り方♡

スポンサードリンク
うちハピ

夕飯のカレー。美味しく食べた後、ほんのちょっとだけ余ってしまった!そんな経験ってありませんか?捨てるにはもったいないし、かといってそのまま取っておいて置いても家族分には足りません。さてどうする......となった時、私はカレーリゾットにして食べることにしています。カンタンに作れてとっても美味しいですのでおすすめ。

それに何より自分のお昼ご飯に悩む日が1日だけですが消えてくれます。作った後すぐに食べてもOKですし、リゾット用カレーソースとして冷凍保存しておいてもOK。あるいはおかずのソースとしても活用できますのでとってもおすすめのアレンジ方法です。

今回は、この残りカレーで作るリゾットを紹介します。良かったら参考にしてくださいね♫

残りカレーで作るカレーリゾットの作り方

ここからは、カレーリゾットの具体的な作り方を紹介します。すぐに食べる場合・ソースとして保存しておく場合・おかずのソースとしての活用方法なども合わせて紹介しますね。

必要なキッチンツール
軽量カップ・ゴムべら・スプーン

カレーを作った時のお鍋をそのまま使う前提ですので、キッチンツールにお鍋もお玉も含まれていません。

残りカレーで作るカレーリゾットの材料(1人分として)
たまご1個・ご飯軽く1膳くらい・水・カレーパウダー・焼き野菜・ウスターソース(焼き野菜とウスターソースはなくてもOK)

ソースとして保存しておく方法

まずは残りカレーをアレンジして、ソースとして保存しておくケースの紹介です。カレーを続けて食べれない!なんて人におすすめ。(私は全然大丈夫なのですが......(^_^.))では早速作り方を紹介します!

残り物のカレーをリアルにそのまま使用しています。なんだかお見苦しいかもしれませんね。お許しください<(_ _)>では、仕切り直して作り方を見ていきましょう。

まずは、カレーが焦げないように混ぜ混ぜしながら温めます。

1人前の半分程度の残りカレーを水で薄めていきますので......

お水を50ml用意します。

これを全量お鍋に投入します。ここでお水とカレーソースが全体的になじむまで混ぜ混ぜします。ここで一度味見。そしてカレーソースの濃さをチェックします。というのは、この後リゾットに仕上げますのであまり濃度の濃いどろどろのカレーはおすすめできません。ソースの濃度は薄めが良いかと思います。

対して味が薄いのはNG。ご飯を入れるとさらに薄い印象になりますので、味はある程度濃くてハッキリしている方が美味しく仕上がります。

味がちょっと......それを回避するためにカレーパウダーを入れて味を調えます。分量はお好みでOK。私はあまり辛いのは得意ではないので、写真くらいの分量、ティースプーンにチョコっとだけ入れます。これでリゾットのためのカレーソースは完成です。

※軽量スプーンなら小さじ1杯程度の分量です。

このまま保存しておきたいなら、粗熱を取って冷蔵庫へ入れておけば2~3日程度は大丈夫です。もし、すぐに食べないなら保存容器に移してから冷凍庫で保存しておきましょう。

残りカレーで作るカレーリゾット/カレーソース作りのポイント
・ルーはさらっと薄めの状態になるようにアレンジしておきましょう。

うちハピ

・味が薄いとご飯を入れた時に美味しく食べることができませんので、カレーパウダーでやや濃いめに味を調えておきましょう。

そのまま食べるなら

スポンサードリンク


ここからはカレールーがリゾット用にアレンジされている前提での作り方を紹介します。

まずはご飯の準備をします。ご飯の分量は軽く1膳くらい。リゾットにすることでご飯が全体的にカレーソースで覆われた状態になりますので、カレー&ライスで食べるときに比べてボリューム感を感じます。(私の場合)ですので、普通の量として食べたいならやや控えめがおすすめ。ガッツリ食べたいなら普通の量でも多めでも大丈夫です!

このご飯をレンジで軽くチンして温めておきます。そして......

今回は残り物の焼き野菜をトッピングしたいと思いますので、こっちもレンジでチンして温めておきます。

温めるタイミングが早いのでは?と思うかもしれませんが、カレーリゾットは温めている間にでも完成するくらい、本当にすぐに出来上がりますので、このタイミングでも大丈夫です。

残りカレーで作るカレーリゾット/ご飯・トッピングなどの準備のポイント
・ご飯はある程度(50度くらい)まで温めておけば、ご飯の塊がバラバラにほどけやすくなります。

・カレーリゾットはスピーディに完成しますので、トッピングを温めるなら早目がベストです。

温めたご飯を全量カレーのお鍋に投入します。

ここからは一気に作り上げていきますので、手早くやっていきましょう。ファイト!

ご飯をつぶさないように、でもご飯のカタマリはバラしたいですので、ご飯全体にカレーソースをなじませるようにかき混ぜます。すると......

カレーソースを薄めておいたので、こんな風にラクラク全体にからんでくれます。ここでも焦げ付かないようにやさしく混ぜながら1分程度煮立たせます。これでカレーリゾットは完成です!

出来上がったカレーリゾットをお皿に入れて、焼き野菜をトッピングします。これだけでももうご馳走な感じ?です。このまま食べても美味しいですが、ちょっと栄養をオンしたいので......

ジャン!生のたまごを準備します。ゆで卵や目玉焼きなどでも美味しいのですが、ここでは手間はかけないという前提なので......

生でGOです!ここでは黄身だけ使いますので......

たまごの黄味を真ん中にオンすれば完成です!あ、黄身が破れていますね(*^_^*)ご愛嬌ということでお許しください<(_ _)>

スプーンでそうぞ召し上がれ♪美味しいですよ!

味をオンするなら

スポンサードリンク


辛さが足りないとか、ちょっと味に変化をつけたいなら直接かけることができる調味料をオンします。私のおすすめは......

まずは王道のウスターソース。これはごく一派的な味でむしろ甘めかもしれません。辛いのが好きな方にはよりスパイシーなウスターソースをおすすめします。あるいは......

バリ辛ペッパー。これはホントに辛くなります。私は苦手なのですが辛いもの好きな家族には大好評。辛い辛いと言いながらも、辛さ大好きな夫はこの味を楽しんでいます(^_^.)これら以外にも一味もオススメ。後を引くダイレクトな辛さに仕上がります。

また、ブラックペッパーなら見た目もおしゃれに仕上げることができますので、ちょっと手の込んだ料理にさえ見えてしまいます。それはそれでラッキーですよね♫

残りカレーで作るカレーリゾット/味をオンする時のポイント
・より辛くしたい⇒バリ辛ペッパーや一味がおすすめです。

・カラミをオン&見た目を華やかに⇒ブラックペッパーがおすすめです。

・野菜などをトッピングしないなら⇒パセリパウダー&ブラックペッパー出彩りを加えるのがおすすめです。

おかずソースとしての活用方法

スポンサードリンク


残りカレーのソースは実はリゾット以外にも大活躍。ボイルやフライにしたジャガイモにオンしても美味しいですし、焼いた食パンと一緒ならスープ代わりにもなります。カロリーもボリュームも気にならないならリゾットにさらにチーズをオンして、オーブンで表面をカリッと焼くと焼きカレーリゾットに早変わりです!

こんな風に、カレーソースは活用のは無限大!?捨てる必要も悩む必要も全然ないのです。ですので、あえてカレーを多めに作っておけば、いつかの夕飯に家族全員分にらくらく活用できます。

残りカレーで作るカレーリゾット

残りカレーで作るカレーリゾットは時短メニューなのにウマウマ保障つきです。ですので、カレーがちょっとだけ余っちゃった......、そんな時にはリゾットで美味しく食べちゃいましょう。あるいはカレーがたくさん余ったのなら、おかず用のソースとして活用してしまいましょう。

そう考えれば、カレーって一度作れば二度美味しいメニューなのですよね。あれこれ試してほしいのですが、まずはリゾットから食べてみたくださいね!

うちハピ