妊婦は電子タバコも吸っちゃダメ?影響や2つのリスクと妊娠中の禁煙方法

妊娠中のタバコは避けるべき。

分かってはいても、どうしても一本だけ吸いたい!という気分のとき、ありますよね。

喫煙は普段からの習慣です。

ですから、いざ止めたくなったときにも、なかなか止められない人が多いのが実情。

では、最近流行の火を使わない「電子タバコ」はどうなのでしょう。

妊婦さんは電子タバコを吸っても大丈夫なのか、吸ったとしたらどんなリスクがあるのか。

など、気になる情報をお伝えします。

そもそも電子タバコってなんだろう?

電子タバコと呼ばれるものには、2つの種類があります。

一つは、タバコの葉を電気で蒸すもの。

いわゆる「加熱式タバコ」です。

一般的なタバコのように火を使って葉を燃やすのではなく、蒸しあげて水蒸気にします。

煙が立たないので、匂いが少ないのが特徴。

タバコの葉を燃やすことで発生する有害物質「タール」が含まれないのもポイントの一つです。

ただ、依存性に影響する「ニコチン」は含まれているので注意が必要。

もう一つは、フレーバーのついた液体を加熱して、その水蒸気を吸うもの。

「ベイプ(VAPE)」などと呼ばれるものがこれに当たります。

タバコの葉は使いません。

タールもニコチンも含まれていないので、匂いも少なめです。

タバコの主な有害物質である、タール・ニコチンが少ないか、まったく出ない。

これが電子タバコの大きな特徴と言えるでしょう。

どちらも、普通のタバコに比べると体に優しいイメージがありますね。

けれど、妊婦さんにとってはやはり多少のリスクがあります。

種類ごとに見てみましょう。

妊婦にとって、加熱式タバコにはどんなリスクがある?

先ほどお話したとおり、加熱式タバコはタールを出しません。

タールというのは、ベタベタした黄色いヤニのこと。

部屋でタバコを吸う人の壁に色がついてしまうのは、このタールが影響しています。

これをなくすことで、発がん性などの健康被害を少なくすることが可能になりました!

けれど、妊婦が吸っても安心かというと、必ずしもそうではありません。

忘れてはならないのは「ニコチンは出る」ということ。

ニコチン単体で妊婦の体にどれだけの害があるかは、実のところまだ分かっていません。

けれど、ニコチンには強い依存性(中毒性)があることで知られています。

血管への吸収も早いですから、妊婦にとって安全とは言えないですね。

健康へのリスクが少ないとは言っても、タバコはタバコ。

できるのであれば、妊娠中は吸わない方がいいでしょう。

おなかの赤ちゃんの健康を守れるのは、お母さんだけ。

自分自身への影響も考えて、禁煙を視野に入れてみるのもいいですね。

加熱式タバコの副流煙って大丈夫なの?

自分がタバコを吸わなくとも、旦那さんや家族に加熱式タバコの愛用者がいる場合もありますね。

そうしたときの副流煙の影響について考えてみましょう。

国内再大手メーカーの販売する過熱式タバコでは、「約90%」の有害物質がカットされると発表されています。

けれど、加熱式タバコの副流煙についてはまだ詳しいデータがそろっていません。

5年・10年と副流煙を吸い続けたとき、どうなるか。

こうした実例がないので、現状では「安全に近いけれど、絶対ではない」と言うしかないのです。

高い精度で有害物質を除去できていることは事実。

ですから、近くで数本吸われても、そこまで神経質になる必要はおそらくないはずです。

でも、妊婦にとって望ましいと言う訳ではないでしょう。

できるだけ、換気扇の下で吸ってもらったりするといいですね。

副流煙のリスクに、あまり過敏になりすぎても疲れてしまいます。

加熱式タバコを吸うときにはどう対応するか、身近な人と話し合っておくのがオススメです。

妊婦がベイプを吸うとどんなリスクがある?

スポンサードリンク


ベイプと言われる電子タバコは、タバコの葉を一切使いません。

「じゃあ、妊娠中でも吸って大丈夫なんじゃない?」と思う人も多いでしょう。

確かに、ベイプのリキッドは基本的に体に無害なもので作られています。

主成分はこちら。

  • プロピレングリコール(食品添加物の一つ)
  • グリセリン(食品添加物でアルコールの一種)
  • エタノール(アルコールの一種で、リキッドによって入っていないものもあり)
  • 精製水(化粧品などに使われる純粋な水)
  • フレーバー(香料として使用)

食品に使われるものなど、口に入っても問題を起こさない成分がベースになっていることが分かります。

けれど、こちらも長く吸い続けたときのデータがないため妊婦に対する影響が分かっていません。

極まれではありますが、グリセリンがアレルギーを引き起こす可能性もあるので注意が必要です。

また、海外製のリキッドにはニコチンが含まれているものも。

少量であっても、妊婦の体に悪影響をおよぼすことが否定できません。

体に害が少ないものであっても、リスクがある以上、できるだけ避ける方がいいですね。

どうしてもベイプを使いたいという場合は、品質検査がきちんと行われているものから選びましょう。

国産のものか、海外産なら検査表示がきちんとされている製品にするのがオススメです。

ベイプの副流煙は安全?

基本的に、ベイプの副流煙は無害です。

ですがベイプを吸った人の息の中には、アルコールや(入っていれば)ニコチンが含まれます。

ほんのわずかな量ではありますが、気に留めておくといいでしょう。

加熱式であれベイプであれ、まだ研究が進んでいないところも多いのが電子タバコ。

少しでも不安な要素があれば、遠ざけておいても決して損はありません。

どうしても禁煙できないあなたに

スポンサードリンク


手持ち無沙汰なときやイライラしたとき、どうしても一本吸いたくなってしまいませんか?

口さびしいときに、ついタバコに目が行ってしまうという人もいるでしょう。

そんなときは、まずは一呼吸置いてみてください。

オススメの方法は、お水を一杯ゆっくりと飲むこと。

飲みきったときに、不思議と心が落ち着いているのを感じるはずです。

オーソドックスですが、深呼吸もオススメ。

喫煙は習慣ですから、急に止めるのが難しいことも多いですよね。

どうしてもタバコとさよならできないという人は、ぜひ主治医に相談してみてください。

産婦人科から、禁煙外来の紹介状を書いてもらうこともできますよ。

禁煙できない!は決して恥ずかしいことではありません。

医療やほかの人の力を借りることも、ときには必要です。

妊娠中の電子タバコは控えた方がいい

電子タバコは、普通のタバコに比べれば安全性の高いものです。

けれど、わずかであっても妊婦にとって有害な成分が含まれているのも事実。

ですから、妊娠中の電子タバコは控えた方がいいでしょう。

おなかにいる赤ちゃんが安心して過ごせるように、心配の芽は摘んでおくべきです。

ただ、我慢ばかりは心と体に良くありません。

趣味やおでかけなど、ストレス解消の方法を見つけておくといいですね。

赤ちゃんと自分にとって、心安らげる時間を過ごしましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です