妊娠初期に歯医者でレントゲンや麻酔をしてしまった!胎児への影響と3つの対処法

スポンサードリンク

妊娠前までは特に何の心配もせずに受診していた歯医者さん。

しかし、妊娠をするとレントゲンや麻酔、歯を削ったりする治療は受けても大丈夫?

お腹の赤ちゃんに何か影響があるのではないのかな?と心配になってしまう妊婦さんも少なくはありません。

  • 妊婦はレントゲンや麻酔をしても大丈夫なの?
  • 実は妊婦は虫歯や歯周病になりやすい!
  • 歯医者を受診する際に大切な事

今回は妊娠中の歯医者さんとの上手な付き合い方についてまとめています。

歯医者を受診しようかと悩んで居る妊婦さんや、歯の痛みに悩まされている妊婦さんは是非参考になさってくださいね。

妊娠中のレントゲンや麻酔は大丈夫?

レントゲンや麻酔といった物は、どうしてもお腹の赤ちゃんへの影響が心配になりますよね。

歯医者でのレントゲン、麻酔は心配しなくて良い?

X線の写真撮影、局所麻酔薬、といった響きは妊婦さんは特に警戒してしまうものですよね。

しかし、結論から言うと歯医者さんで行うレントゲンや麻酔程度ではお腹の赤ちゃんに影響を与える事はほとんどありませんので、安心して受診して問題はありません。

歯医者さんでレントゲン撮影をした事がある方はわかると思いますが、撮影をする際にエプロンのような物をかけられますよね。

口元のみを撮影しているので、お腹には直接影響はほとんどありません。

妊娠中は歯のトラブルが起こりやすい

実は妊娠中は妊娠前よりも口腔環境が悪くなってしまいがちです。

よって歯周病や虫歯などのトラブルが起こりやすくなってしまいます。

唾液が減少傾向

妊娠すると分泌される女性ホルモンの影響で、唾液が減少傾向に。

唾液が減ると、菌を洗い流す作用が少なくなってしまうので口腔環境の悪化に繋がります。

他にも、つわりで歯磨きがなかなかできなかったり、食事の好みが変わったり間食が増えてしまう事なども虫歯などの原因に。

口の中で歯周病菌が増殖すると、妊娠性歯肉炎といって歯肉が赤く腫れ、出血をする事もあります。

その他にも、様々なトラブルが起こりやすい時期とも言えますので、しっかりと口腔環境を清潔に保つ事が大切です。

日本産婦人科学会の情報によると歯周病になった妊婦さんは、早産や低体重児出産のリスクが約7倍にもなりますのできちんと歯周病治療を行う事が安産に繋がるともいえますね。

避けた方が良い治療は?

歯医者を受診しても問題はありませんが、避けた方が良い治療ももちろんあります。

インプラント、親知らずの抜歯などを妊娠中に行うのは避けた方が良いでしょう。

インプラントの処置をするのは出産そして授乳期を終えて一段落してから行うのが望ましいです。

中には腫れがひどく治らない事や、痛みが続き抗生物質が必要になる場合もあります。

急ぎの治療とは訳が違いますので、落ち着いてから行うようにしましょう。

親知らずの抜歯は出血がおさまらない、腫れや痛みが引かない事も多いです。

妊娠中はできるだけ避けましょう。

妊娠前に抜いて置く事が一番良いのですが、どうしても気になる場合は歯科医へ相談する事をオススメします。

歯医者を受診する際に大切な3つの事

安心して歯医者を受診する為に注意すべき事をお話していきます。

必ず歯科医に妊娠中だという事を伝える

一番大切な事は、必ず自分が妊娠しているという事実を伝える事です。

それにより、歯科医も処置が変わってくる事もあります。

現在の妊娠週数や、体調などをきちんと伝えておきましょう。

体調が悪くなったらすぐに伝える

歯の治療をしている時に体調が悪くなってしまったり、

お腹の張りや痛みを感じた時には、歯科医にその旨を伝え一度中断してもらいましょう。

安定期でも、万が一の事を考えて無理はしないようにしてください。

仰向けがきつい時には、他の体勢で治療してもらう事はできないか?などと事前に相談しておくのも良いでしょう。

受診時期は安定期がベスト

受診する時期ですが、安定期と呼ばれる妊娠中期がベストだと言えます。

妊娠初期はつわりなどで体の不調が多い時期ですし、何よりまだ胎盤がしっかりと完成しておらず不安定な時期です。

また、妊娠後期になるとお腹が苦しくなり診察台に上がって同じ体勢でいるのは大変ですし、お腹の張りを感じやすくもなります。

できるだけ安定期に治療を終え、お産に向けての準備をしておくと良いでしょう。

まとめ

妊娠中はお口のトラブルに悩む妊婦さんはとても多いです。

なかなか改めて歯医者に行くのは億劫に感じますが、歯周病が原因で早産になってしまったり、低体重で産まれてしまう事が実際にあるのです。

万が一そうなってしまった場合は、きっととても後悔してしまいます。

そんな思いをしない為にも、きちんと妊娠中に口腔ケアを行い安全なお産の為の準備をしておくようにしましょう。

参考資料

「たまひよ新・基本シリーズ 初めての妊娠・出産」

「HUMAN+ Baby+ お医者さんがつくった妊娠・出産の本」