DHCプレグムは妊活中のための葉酸サプリ!Pregm4つの特徴と口コミをプロが解析!

スポンサードリンク

「プレグム」という葉酸サプリがあることをご存知でしょうか。

大手サプリメーカーのDHCが手がけていることもあり、興味のある方や実際に飲んでいるという方も多いのではないでしょうか。

『プレグムって聞いたことがあるけど、どんなもの?』

『どんな成分が含まれているの?期待される効果は?』

『プレグムの評判や口コミが知りたい!』

など、プレグムについての気になる点を調べてみました。

すると、プレグムには妊活中の方が摂り入れたい成分が多く含まれていることが分かったのです!

プレグムの基本情報から評判まで、詳しくまとめましたので是非参考にしてくださいね。

DHC プレグムの4つの特徴

CMでもおなじみのDHCから、妊活のために考えられたサプリ「プレグム」が発売されました!

プレグムは妊活中に体のバランスを整えるため、必要な栄養素をバランスよく取り入れることができる新しい葉酸サプリです。

通常の葉酸サプリとは違って、妊活向けに配合された成分だからこそ、これまで妊娠中や産後の方向けの葉酸サプリはあまり自分に合っていないという人にもおすすめです!

まずはそんなDHCプレグムの特徴を見ていきましょう!

特徴① イソフラボンを発酵分解させた「アグリマックス」を配合

DHCのプレグムの成分の中心となっているのは「AglyMax(アグリマックス)」という栄養素。

あまり聞きなれない成分ですが、実は大豆胚芽由来のイソフラボンに、麹菌を足して作られたもの。

麹菌による発酵分解をさせることで、体への吸収率を高めたアグリコン型のイソフラボンなんです。

イソフラボンは女性ホルモンと似た働きを持っていて、体のリズムを整えたり、女性らしい体のラインを作ったり、美肌をサポートしたりと、女性にうれしい効果がたくさん期待できる栄養素!

プレグムは「質」に着目した妊活のためのサプリメントで、まずは体の内側から調子を整えていく基盤づくりを手助けしてくれるんです。

アグリマックスは、卵子の着床に必要な「LIF」といったたんぱく質の分泌を促す効果が確認されている注目成分です。

不妊治療クリニックが、実際に不妊治療に使っているところもあるほど。

女性の毎月のリズムは、ストレスや寝不足、不健康な食生活などの日々の生活習慣で簡単に乱れてしまいます。

妊活を成功させるには、まず毎月の生理周期を整えて赤ちゃんを迎えやすい体を作っていくことが欠かせません。

プレグムはそんなママになりたい人を応援する、ワンランク上のイソフラボンを配合しているんですね!

関連記事:妊活中のイソフラボンの摂取量はどれくらい?取り過ぎると不妊になる?3つの注意点

特徴② 1日分で400μgの葉酸・各種ビタミンもしっかり摂取できる!

妊活中から摂りたい栄養素として、定番になっている「葉酸」。

プレグムは妊活サプリでありながら、1日分の3粒でしっかりと400μgが補える商品です!

葉酸の吸収率を高めるのに欠かせない「ビタミンB12」もセットで含まれています。

また、皮膚や粘膜の健康を保って、体のエネルギー代謝を支えてくれる「ビタミンB2」や、筋肉と血液を作るときにも消費される「ビタミンB6」も配合。

これらのビタミン類は日々の健康を保つためで、ぜひ摂りたい栄養素です!

特徴③ すべて国内生産!厳しい管理基準で作られている

DHCと言えばダイエットサポート商品やサプリメントを数多く作っているメーカーです。

もちろんこのプレグムも、国内大手メーカーとして信頼と実績の国内工場で作られているんです!

妊活期という大事な時期の体に入るものだからこそ、安全性にはこだわりたいですよね。

長年サプリメントを発売しているDHCという大手ブランドの信頼性や、製造は国内のみであることからも安心して飲むことができますね!

特徴④ 1日分ずつ個包装で持ち運びしやすい

プレグムは1日3粒が1つずつ個包装になっているデザインです。

ピンクのかわいらしいパッケージに入っていて、毎回袋を開封して飲むスタイルのため、とても衛生的で新鮮さも保たれるというメリットがあります。

たとえば旅行先や出張先なら、必要な日数分の個包装を持っていけばいいのでコスメポーチにもスマートに収納できますよ。

ランチなどの外出先でも飲みやすいコンパクトなデザインは何かと便利ですよね。

家と職場、それぞれに半分ずつ保管しておくといった管理もできるので、毎日続けやすく飲みやすいサプリです!

DHC プレグムの成分について

DHCのプレグムはここまで紹介してきたもの以外にも、妊活に特化した成分が入っています。

海外で大人気!別名「飲む美容液」のピクノジェノールを配合

スポンサードリンク


DHCプレグムの特徴の一つが、ピクノジェノールというフラボノイドを配合していること。

美容や健康に関心の高い方なら、名前を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

ピクノジェノールは強力な抗酸化作用を持っている成分で、フランスの南西部のボルドーで採取される松の樹皮が原料。

この松の樹皮には、「OPC(オリゴメリックプロアントシアニジン)」という、ほかにはない特殊なフラボノイドが含まれています。

その抗酸化作用のパワーは、ビタミンCの約340倍、ビタミンEの約170倍という圧倒的なもの!

現代社会で不妊に悩む方が増えている原因は、日々の生活でのタバコ、大気汚染、農薬や紫外線、そしてストレスなども関係していると考えられています。

これらの影響を受けると、人の体の中では活性酸素という成分が作られます。

この活性酸素がやっかいなところは、体の細胞にあるミトコンドリアの機能を弱らせてしまうこと。

妊娠力を上げるには、元気なミトコンドリアの活動が必要です。

しかし、活性酸素を溜め込んだ体はミトコンドリアの働きを衰えさせて、妊娠しづらい状態につながる可能性があるのです!

ピクノジェノールで活性酸素を除去することで、不妊の原因を減らして妊娠のサポートにつながっていきます。

しかもピクノジェノールは血流を改善する作用も期待できます。

体のめぐりを良くすることは、子宮や卵巣に新鮮な酸素や栄養を送るサポートになります。

ピクノジェノールは妊活をしたい人にとって、ぜひ摂りたい成分ですね!

マイタケの抽出成分「グリスリン」で排卵をサポート

グリスリンとはマイタケに含まれる成分です。

昔からキノコは食物繊維などの栄養が豊富で、ダイエット食材として注目されていますよね。

このグリスリンはマイタケに含まれるタンパク質と糖質が合わさったもので、女性の「PCOS(多のう胞性卵巣症候群)」の改善に役立つことが研究で明らかになりました。

PCOSとは、卵巣の中に卵子が入っている袋状の組織である「卵胞「(らんほう)」が増えすぎてしまう病気。

本来卵胞の袋を破って、卵子が子宮に向かって移動するのが排卵期です。

しかし、PCOSになると卵胞の数が増えすぎて排卵されるほどの大きさまでなかなか成長せず、排卵につながりにくくなってしまうのです。

実は卵胞が過剰に発生する原因ははっきりと解明されておらず、卵巣内の男性ホルモンが多すぎることが関係していると考えられています。

グリスリンは卵胞の成長を抑制する原因をなくして、正常な排卵を促すサポートをしてくれるんです!

実際に、PCOS(多のう胞性卵巣症候群)によって生理がなかった女性に、グリスリンとマイタケマッシュルームパウダーを配合した製品を継続して服用させたところ、排卵率が上がったことが実験結果として報告されています。

高い抗酸化力を持つピクノジェノールと一緒に、女性の体のリズムを整えて妊娠力を高める手助けをしてくれます!

「還元型コエンザイムQ10」と「ビタミンD」で毎日の健康をキープ

コエンザイムQ10と言えば、基礎化粧品などの美容アイテムに入っている成分のイメージがありませんか?

実はコエンザイムQ10は若返り成分とも言われていて、体のあらゆるところに存在しています。

心臓や肝臓、卵巣にもコエンザイムQ10が多く含まれていて、特に心臓にとって重要な栄養素となっています。

365日24時間鼓動し続けている心臓の働きをサポートしているということですね。

また、高い抗酸化作用を持っていて卵巣の老化を防止する働きがあるため、妊娠しやすい体づくりに役立ちますよ。

さらに、還元型コエンザイムQ10のパワーは、美肌などの美容やアンチエイジングにもおすすめ!

お肌のターンオーバーを促進して、シミやたるみの解消などの若々しいお肌を生み出してくれます!

一方ビタミンDは、骨や歯を作るカルシウムとリンの吸収を促す働きを持つ栄養素。

将来的に妊娠した際、赤ちゃんの骨や歯を作っていくためにママの体を通じてカルシウムが与えられていきます。

ママのカルシウム不足は赤ちゃんの発育にも影響が出る可能性があるんです!

日本人に不足しがちなカルシウムの吸収率を高めてくれるので、カルシウムが多い食事を心がけるのと同時に、ビタミンD入りのプレグムでカルシウム不足を防いでいきたいですね。

DHC プレグムの飲み方は?

DHCのプレグムは1日3粒の摂取がおすすめされています。

1日分ずつ個包装になっているので、数を数える手間もなくスムーズに飲むことができますよ。

飲む時間帯はサプリメントなので特に指定はありません。

寝起きや就寝前など、飲みやすいタイミングに3粒を飲みましょう!

個包装で持ち運びしやすいからこそ、会社のランチでも飲みやすいのがプレグムのうれしいところですよね。

DHC プレグムに期待できる3つの効果

スポンサードリンク


DHCのプレグムを飲むことで期待できる3つの効果をご紹介します。

1.毎月の生理のリズムを整える

プレグムの特徴は、妊活向けに特化していること。

ホルモンバランスを整えるアグリマックスが、女性ホルモンの働きをサポートしてくれます。

毎月の生理のリズムの乱れを正してくれるので、妊娠しやすい体づくりに役立ってくれます。

もちろん妊娠初期にも重要な葉酸も1日分400μgをしっかりと配合!

ほかにも、高い抗酸化力で卵子の老化を防ぐピクノジェノールなど、いつかママになりたい女性の願いを影から支えてくれるサプリメントなんです。

2.スムーズな排卵で妊娠力を高められる

プレグムに含まれるマイタケ由来の「グリスリン」は、PCOS(多のう胞性卵巣症候群)の改善効果が認められている成分です。

不妊の原因になる無排卵を防いで、妊娠力を高める手助けをしてくれます。

また、還元型コエンザイムQ10は子宮にある栄養素で、体の活性酸素を除去する働きで卵子の質の低下を防ぐ効果が期待できます。

卵子は女の子がお母さんのお腹の中にいるうちに作られ、その後は数が減少していきます。

だからこそ、年齢を重ねるごとに健康な卵子が減っていき、いわゆる奇形や遺伝子異常がある卵子の割合が高くなっていく状況に…。

さらに日々のストレスや睡眠不足といった生活習慣の乱れも、体内で活性酸素を増やして健康な卵子を劣化させる原因につながっていきます。

還元型コエンザイムQ10をはじめとする栄養素で、卵子の質の低下を防ぎ、妊娠力をキープする効果が期待できますよ!

3.冷え性・むくみを改善してくれる

DHCのプレグムに含まれるピクノジェノールは冷え性改善にも効果が期待できる成分です。

冷え性に悩む女性は本当に多いですよね。

特に指先や足先の末端の冷えは、お風呂に入っても布団の中にいても温まらず、冬は寒くて眠れないという人もいるのではないでしょうか?

こうした体の冷えは、妊活中の女性にとってぜひ避けたいもの。

体が冷えると血管が収縮して、血やリンパのめぐりも悪くなってしまいます。

すると、子宮にも血液を通じて新鮮な酸素や栄養が届きにくくなり、機能の低下につながる可能性も!

また冷えによってリンパの流れが悪くなるのは、足や手のむくみの原因にもなりますよ。

ピクノジェノールには、血管を拡張させて血液の流れをよくする効果があるので、むくみに悩む女性にぜひ摂っていただきたい成分です。

毛細血管を強くするなど、末端の冷えを起こりにくくするサポートもしてくれます!

DHC プレグムはいつからいつまで飲んだらいいの?

DHCのプレグムは葉酸配合のサプリメントとしてはめずらしく、妊活中に飲むことが推奨されているサプリメントです。

妊娠中、授乳期は服用を避けるように公式サイトの注意書きでも表記されています。

その理由は、2006年に厚生労働省にて大豆イソフラボンを含んだ特定保健用食品について、妊娠、授乳期の大豆イソフラボンの摂りすぎは控えるよう通達されたため。

というのも、大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きを持っています。

妊娠前とくらべて女性ホルモンの分泌バランスが大きく変わる、妊娠、授乳期はむやみにホルモンバランスに影響する成分や薬をとらないよう対応されているんですね。

DHCでは、

  • 妊娠、授乳中、乳児と小児は摂取しないこと
  • 過剰摂取は控えること
  • 医療機関を受診している場合は医師に相談のうえ服用すること

この3つを推奨しています。

妊活中に妊娠しやすい体を作りたい人専用の葉酸サプリなんです。

DHC プレグムの品質と衛生面は?

DHCのサプリメントはすべて国内の工場で製造されています!

海外製の葉酸サプリは配合成分も多く、コスパの良いものもありますよね。

ですが安くても、妊活中の体に取り入れるものなので、どこで作っているのかわからないもの、安全だと確信できないものには気をつけたいところ。

その点、プレグムは、長年国内でサプリメントシェアトップを誇るDHCだからこそ、安心感があります。

ちなみにプレグムを作ったのは、DHCの第二研究所でサプリを手掛けている妊活経験者の方!

自分自身が妊活をした経験のもと、本当に妊活中の自分に必要な栄養素をバランスよく配合して作ったのがプレグムなのだとか。

赤ちゃんとママの気持ちがわかる人だからこそ、作ることができた妊活サプリなんですね!

DHC プレグムの副作用と注意点について

スポンサードリンク


DHCのプレグムは2017年11月に発売されたばかりの新しい葉酸サプリです!

妊活中というデリケートな時期を支えるサプリメントだからこそ、品質にも原材料にもこだわって、長年、不妊治療に携わる三彗会のHORACグランフロント大阪クリニックの森本院長と協力して作られました。

特に成分の中心である、アグリマックスは大豆と黒麹菌を掛け合わせたもの、グリスリンはマイタケ、ピクノジェノールは松の樹皮と、すべて天然由来です。

ホルモンバランスを整えたり、排卵を促したりする医薬品を服用することは、妊活治療の定番ですよね。

ですが、医薬品は効果が高い分、副作用も起こりやすいのがデメリットです。

DHCのプレグムは、これを飲んだからと言って、すぐに妊娠ができると効果を保証しているものではありません。

ただ、医薬品よりも体にやさしく働きかけ、少しずつ体のリズムを整えていってくれるので副作用のリスクも少なく安心して飲み続けられるでしょう。

DHC プレグムは男性でも飲める?

DHCのプレグムは女性向けに作られた妊活サプリです。

特に男性におすすめはされていませんが、葉酸やビタミン類など男性も普段から摂りたい栄養素がしっかりと入っていますよ。

ただし、DHCはプレグムだけでなく男性向けの栄養素を使ったサプリメントも数多く販売しています。

たとえば毎日の元気を応援するマカや亜鉛など、妊活中の男性が摂りたい栄養のサプリメントもあるので、こちらを中心にバランスよく続けていくことをおすすめします。

関連記事:子どもが欲しい!子作りしたい気持ちを旦那や嫁に伝える方法

DHC プレグムを飲んでいる芸能人

プレグムは発売したばかりのサプリメントで、特に愛用している芸能人の方はいませんでした…。

ただし、DHCそのものはサプリやダイエット食品を使って、芸人の友近さんや南海キャンディーズの山里さんと言った有名芸能人が、たびたびダイエットにチャレンジしていますよね。

サプリメントメーカーの知名度としては、日本トップクラスではないでしょうか?

プレグムも今後、妊娠を希望する芸能人の間で話題になっていくでしょう。

DHC プレグムの価格

公式サイト 楽天 Amazon Yahoo!ショッピング
定価 1箱6,480円

 

なし なし なし
定期コース 1箱5,700円(5%オフ)

2箱11,664円(10%オフ)

なし なし なし
1日のコスト 約216円 なし なし なし

DHCと言えば公式通販だけでなく、大手通販サイトはドラッグストア、コンビニまでいろいろな場所で気軽に購入できるのが魅力のサプリメントですよね。

こちらのプレグムは、そうしたコスパの良いサプリメントとは違い、1か月分約6,000円と葉酸サプリとしてはかなり高額です。

しかも販売店は公式サイトと、DHCの直営店のみというこだわりぶり!

通常のDHCサプリとは違って購入できる場所が限定されています。

それだけ成分にもこだわって配合しているし、本当にプレミアムな妊活サプリなんですね。

また、定期購入にすれば常に5%オフで購入ができますよ。

赤ちゃんを授かるまでの道のりは、残念ながら簡単にはいかない人もいます。

長く続けるものだからこそ、少しでもお買い得価格で購入できるよう公式サイトからの定期購入がおすすめです。

DHC プレグムの解約方法は?

スポンサードリンク


DHCのプレグムのお届け定期コースは、最低「3回以上の継続」が条件になっています。

4回目以降に定期コースを中止する場合は、公式サイトの「マイDHC」のページから手続きができます。

手順は次のとおりです。

①DHCの「マイDHC」にログインをする。

②「定期コース」から「現在申し込みいだだいている定期コース」の横の「中止する」をクリックする。

③プレグムの欄の横にある「中止する」をクリックする。

ちなみに解約は電話からでも対応しています。

電話番号:0120-575-391

受付時間:9時~20時(日曜、祝日をのぞく)

DHC プレグムの評判!良い・悪い口コミを調べてみました

DHCのプレグムはまだ発売されたばかりなうえ、ネットで購入できるのは公式サイトだけであまり口コミが投稿されていませんでした。

ただし、妊活中の女性のブログやSNSの書き込みなどで、プレグムを飲んでいる方の意見や感想がいくつかありましたので、それをピックアップしてご紹介します。

悪い口コミ

・月額6000円はやっぱりお財布に厳しい!続けるべきか迷っています(30代女性)

・いつかは授かりたいと思ってプレグムを飲み始めました。私の体には合っていなかったのか1か月飲んでも特に体の変化は感じられなかったです(30代女性)

・葉酸を摂るだけならDHCの葉酸サプリがあるからそちらで良いと思いました。また妊娠中は飲めないので、別のサプリをまた探すのが少し面倒だと思います(30代女性)

良い口コミ

スポンサードリンク


・多のう胞性卵巣症候群で不妊治療中です。クリニックで今月は排卵しているねと褒められました!私はまだ効果を実感していませんが続けていこうと思います(20代女性)

・将来的に赤ちゃんが欲しいから飲み始めました。薬じゃなくて天然由来なので体に負担が少ないのが良いです(30代女性)

・ピクノジェノールなど海外で注目されている成分が入っているので飲んでいます(30代女性)

・あのDHCが発売しているので安心感があります!個包装で粒も小さいから飲みやすいのも気に入っています(30代女性)

プレグムはまだ口コミや感想が少ないですが、やはり葉酸サプリとしては価格が高すぎるという意見がありました。

妊娠中から授乳中まで長く飲みたいサプリを探している人には、あまり向かないのかもしれません。

ですが、良い口コミでは不妊治療を本格的に始める前に、副作用のリスクが少ない有効成分をお試しできるのはありがたいという意見も!

本格的な不妊治療に取り組んでいる人、将来的に赤ちゃんが授かれると良いなと考えている、妊活中の方にとっては、別々でそろえると高価な成分をプレグム1つでまかなえるのはかなりお得ですよ。

妊活に良い成分をいろいろと試したいけれど、たくさんサプリを飲んだり買ったりするのは面倒だという人に、プレグムはぴったりの商品ですね。

DHCのプレグムに関するQ&A

DHCのプレグムに関する、疑問についてまとめました!

DHC葉酸とプレグムはどんなところが違うの?

DHCにはいろいろなサプリメントがあって、赤ちゃんを授かりたい女性をサポートする商品も複数発売されています。

その中でも代表的なのが「葉酸」サプリ!

1か月のコストはなんと約250円と、数ある葉酸サプリの中でも断トツのコスパの良さを誇っています。

同じく葉酸を摂るのなら、こっちの方が安くて良いと考える人もいるのではないでしょうか?

そもそもこのコンビニなどでも購入できるDHCのサプリメントシリーズは、大量に生産をして大量に買ってもらうことで、低コストを実現しています。

それに対して、プレグムはアグリマックスやピクノジェノールなど、高価な成分を贅沢に配合しているもの。

葉酸とくらべてコストがかかる分、葉酸だけのシンプルなサプリよりもはるかに高い金額になっているんですね。

DHCの「葉酸サプリ」は妊活中から授乳期まで、お手頃で続けやすい価格帯のサプリをお探しの人向け。

そして、プレグムは葉酸も摂りつつ赤ちゃんを授かる体づくりを根本から目指す、「最大限のはたらきを目指す」ための商品という違いがあります。

ちなみにプレグムに入っている大豆イソフラボンの「アグリマックス」と、DHCの大豆イソフラボンサプリメントも、同じ大豆由来でも製法に違いがあります。

アグリマックスは、麹菌で発酵した大豆が使われていて、分子が通常の大豆イソフラボンよりも小さくて吸収率が高くなっています。

少ない量でより高い効果を目指したい人、ある程度お金をかけてでも結果を出したい人にこそ、DHCのプレグムがおすすめです!

関連記事:ママナチュレ葉酸サプリはピニトール・マカで妊活にもおすすめ!プロが教える成分と口コミ