デュファストンは妊娠初期の流産や早産の予防にも効果的?飲み方や効果まとめ

スポンサードリンク

あなたは”デュファストン”をご存知でしょうか?

妊活中の方や妊婦さんであれば、よく知っているかもしれませんね。

デュファストンとは、女性ホルモンを整えるお薬です。

不妊治療などでよく処方されることがあり、妊娠中の女性にとっても効果的な作用が多くあります。

今回はデュファストンの効果、使用用途、服用の仕方、そして副作用まで解説したいと思います。

女性の悩みを解決する大きなヒントとなるはずですので、ぜひ一度目を通してみてくださいね。

そもそも「デュファストン」って何?

デュファストンは、「妊娠サポートホルモン」として知られるプロゲステロンと同様の働きを知る薬です。

妊娠しやすい体つくり、流産・早産防止、月経周期を安定させる等の働きがあります。

デュファストンは極めて安全性の高い薬ですが、体重増加や生理周期のズレ等の副作用を起こす可能性もあります。

デュファストンの主な成分や効果は?

デュファストンは、ジドロゲステロンを主成分とする内服薬です。

体内で作られるプロゲステロン(黄体ホルモンとも呼ばれる)とほぼ同じ働きをします。

そのため、デュファストンの効果を理解するためには、プロゲステロンの働きを理解するべきです。

では、プロゲステロンの働きを見ていきましょう。

妊娠に必要なプロゲステロンの働き

女性の体には主に「エストロゲン」と「プロゲステロン」と呼ばれる2種類の女性ホルモンがあります。

これら2種類の女性ホルモンが互いにバランスを取り合うことで、女性の体は健康を保つことができ、生理や妊娠、そして出産ができるのです。

エストロゲンは生理の終わりごろから分泌量が増えます。

対して、プロゲステロンは排卵後から次の月経が始まるまでに分泌されます。

この時期を「黄体期」と呼びます。

プロゲステロンの重要な働きは、妊娠確率を上げること、そして妊娠の維持です。

プロゲステロンの別名は「妊娠サポートホルモン」。

精子と卵子が受精しても、受精卵が子宮内膜に着床しなければ、妊娠が成立しません。

プロゲステロンは、子宮内膜を厚みがあるふかふかの状態、つまり受精卵が着床しやすい状態にする効果があります。

無事に受精卵が着床しても、その後のプロゲステロンの分泌量が少なければ妊娠の継続は難しいです。

そのため、着床が起きた女性の体ではプロゲステロンの分泌量が増え続け、子宮内膜を整え続けるのです。

もし着床できなかった場合は、プロゲステロンとエストロゲンの分泌量が減少し、子宮内膜が剥がれて体外へ排出されます。

つまり、生理が起きるということですね。

その他にもプロゲステロンは、体内水分量の維持、基礎体温の上昇、乳腺の発達、食欲増進する働きがあります。

関連記事⇒生理前は妊娠しやすいってホント?妊娠しやすい日と性行為で妊娠する確率

デュファストンは数多くの女性の悩みに使われる

プロゲステロン量の少なさが原因で起きる病気は数多くあります。

見方を変えれば、プロゲステロンと同じ働きをするデュファストンを治療薬とする病気がたくさんあるということです。

ここからはデュファストンの使用用途を紹介します。

不妊治療

スポンサードリンク


黄体機能不全の原因の一つにプロゲステロン分泌量の少なさが挙げられます。

黄体機能不全とは、基礎体温の高い時期が短くなり、生理不順や不正出血、そして不妊症等を引き起こしてしまうことです。

軽度の黄体機能不全はデュファストンの服用で改善が期待されます。

また、エストロゲンとプロゲステロンのバランスが整うので、基礎体温が高くなる時期が安定します。

注意したいのは、デュファストン自体に基礎体温を上げる効果はないということです。

子宮内膜症

プロゲステロンには子宮内膜症を抑える働きがあります。

子宮内膜症とは、子宮内膜と似た組織が子宮内膜以外(例えば卵巣や子宮)にできる病気のことです。

詳しい原因は未だに判明していませんが、エストロゲン分泌量が優位になることで起きると考えられています。

そう考えられている理由は、子宮内膜症はエストロゲン分泌量が盛んな20~40歳代に発症することが多く、逆に閉経直前の女性の場合は症状が緩和されることが明らかになっているからです。

プロゲステロン分泌量が少ない方は、常にエストロゲン優位の状態ということです。

つまり、子宮内膜症発症リスクを高めれば、症状が悪化する可能性も高いということ。

デュファストンを服用することで、エストロゲンとプロゲステロンのバランスが取れ、症状や痛みを和らげます。

流産と早産の予防

妊娠維持をサポートするデュファストンは妊娠初期の流産・早産予防のために使われることが多々あります。

お腹の張り、痛み、性器からの出血等の前兆が見られた時にデュファストンが使用されます。

子宮がん発生予防

子宮がんの原因の一つに、長期間にわたるエストロゲンによる刺激が挙げられています。

プロゲステロンの分泌量が少ないとエストロゲン分泌期間が長くなる可能性があります。

さらに、プロゲステロンには一部の乳がんの増殖を抑える働きがあると言われているのです。

そのため、閉経後の女性にデュファストンが処方されることがあります。

機能性子宮出血症

機能性子宮出血症とは、月経、妊娠、腫瘍、炎症以外の原因で性器から出血が起きることです。

機能性子宮出血症の原因は、エストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れること。

特に機能性子宮出血症の中でも破綻出血は、プロゲステロンの分泌量が少なくなることで起きると考えられています。

機能性子宮出血症の方は、デュファストンが処方される可能性が高くあります。

デュファストンの有効性は、臨床成績で確認されています。

以下が記録された臨床成績一覧です。

・切迫流早産77.1%(1,072例中827件)

・習慣性流早産88.1%(59例中52件)

・無月経77.8%(695例中541件)

・月経周期異常83.3%(36例中30件)

・月経困難症70.6%(789例中557件)

・機能性子宮出血症77.5%(387例中300件)

・黄体機能不全による不妊症51.4%(181例中93件)

・子宮内膜症88.5%(104例中92件)

関連記事⇒不妊治療に欠かせない排卵誘発剤の疑問8つを不妊治療成功ママが解説♪

デュファストンの服用方法

デュファストンには様々な効果があることがわかりましたね。

では具体的に、いつから、何錠飲めばいいのでしょうか。

デュファストンの服用回数は、個人や治療目的によって異なります。

例えば、ジドロゲステロンとしては1日に5~15㎎のデュファストンを1~3回分割経口投与するのが基本です。

対して、子宮内膜症には1日に5~20㎎のデュファストンを経口投与します。

服用方法・期間等は必ず医師の指示通りに行ってください。

基本的には1日に1~3回服用することになり、長ければ1か月以上飲み続けることもあります。

絶対に守りたいのが、デュファストンは水で飲むこと。

コーヒーやジュース等の栄養が配合された飲み物で服用すると、デュファストンの効果が十分に発揮されない可能性があります。

デュファストン服用者に多いのが飲み忘れです。

可能ならば、服用時間にアラームをかける等の工夫をして飲み忘れを防ぎましょう。

もし飲み忘れに気づいたならば、すぐに服用することをおすすめします。

しかし、次の服用時間が迫っているときには、飲み忘れた分は飲まない方がいいかもしれません。

後述しますが、デュファストンの服用中は生理がこなくなることがあります。

途中でやめたらすぐに生理がくるのかというと、それも個人差があります。

事前に飲み忘れた場合の対処法を医師に確認しておくといいです。

関連記事⇒妊婦と市販薬~妊娠中の市販薬の影響と流産リスクや4つのポイント

デュファストンの副作用は?

スポンサードリンク


デュファストンは副作用が出る可能性が極めて低い薬です。

ある調査では、1%未満の確率で吐き気・胸やけ、食欲不振、嘔吐等の副作用が出ています。

しかし、それほど大きな副作用ではなく発生確率も低いことを考えると、デュファストンは安全な薬と言えるでしょう。

上記以外で起こり得る副作用は、眠気、胸の痛み、出血、体重増加、めまい、皮膚発疹及びかゆみです。

眠気の感じ方は人によって異なるので、使用開始からしばらくの間は服用後に車の運転をするのは避けましょう。

いずれの副作用も、体内のプロゲステロン量が多くなることで起きる一時的なものです。

服用を中止すれば基本的には収まります。

服用後すぐに副作用が現れることがありますが、服用を続ければ体が慣れて、副作用が収まるケースが多いです。

もし副作用が辛ければ、担当医と相談してみるといいでしょう。

デュファストン服用で体重増加するわけ

生理前に食欲増進する方は多いです。

それは、プロゲステロンの働きのせいです。

「妊娠サポート」ホルモンであるプロゲステロンは、胎児のために水分や栄養素をため込む働きがあります。

そのため、プロゲステロン分泌量が多くなる生理前は食欲増進したり、体にむくみが生じたりするのです。

デュファストンはプロゲステロンと似たような働きをするので、服用期間中は体重増加しやすくなるというわけです。

デュファストン服用で出血するわけ

デュファストンの副作用に「出血」は確認されていません。

デュファストン服用後に起きた出血は他の原因が考えられます。

まず考えられるのは、消退出血。

デュファストンに含まれるプロゲステロン量が不十分だった時に起きます。

消退出血が出れば、重い黄体機能不全の可能性が考えられます。

次に考えられるのは、着床出血。

受精卵が子宮内膜症に着床したことで起きる出血です。

不妊治療目的でデュファストンを服用している方に起きやすいです。

基本的には、性器から出血しても心配する必要はありません。

不安ならば、医師に相談するのをおすすめします。

デュファストンで生理が来なくなる?

デュファストンは女性ホルモンバランスを整える働きがあるので、服用することで生理周期が変化することがあります。

そのため、生理予定日になってもこないと不安になってしまうのです。

基本的にはデュファストンの働きで生理がずれているだけなので、心配する必要はありません。

デュファストンが不妊治療に使用されるのは、排卵を抑制する作用がないから。

生理が長い間来ないもしくは服用を止めて1週間以内に生理が来ないときには妊娠している可能性もあります。

また無月経等の治療で使用しても、すぐに生理がくるとは限りません。

数サイクル繰り返して生理がやってくることもあれば、デュファストンでは生理がこない可能性も十分に考えられます。

デュファストン服用で赤ちゃんの影響は?

デュファストン服用で生まれてくる赤ちゃんが、先天異常や先天奇形になる医学的根拠はないといわれています。

また葉酸サプリとの併用も問題ないとされていますが、必ず医師と相談してから服用するようにしましょう。

関連記事⇒葉酸サプリが絶対に必要な3つの理由とたった5つの選び方

デュファストンを使用するべきではない人

まず初めに紹介したいのが、デュファストンを絶対に使用するべきではない方。

それは、重度の肝障害もしくは肝疾患を持っている方です。

デュファストンは肝臓で代謝されます。

肝機能が正常ではない方が服用すると、肝障害が悪化する可能性が高くあります。

プロゲステロンは電解質代謝に影響を及ぼすので、ナトリウムや体液が溜まる可能性があるため、心疾患・腎疾患の方もしくは経験者の方はデュファストンの服用に注意が必要です。

また症状が悪化する場合もあるので、肝障害患者とポルフィリン症患者の方も注意してデュファストンを使用してください。

他にも服用している薬がある、アレルギーがある、持病がある等の気になることがあれば、遠慮なく医師に相談しましょう。

まとめ ~デュファストンで女性の悩みを解決する~

デュファストンは安全性が高いといわれている人気の処方薬です。

特に不妊治療や妊活を行っている方には頼もしい存在となるでしょう。

デュファストンを上手に活用して、月経問題を解決したり、赤ちゃんが過ごしやすい環境つくりを行ってください。