妊婦は副流煙も吸っちゃダメ?妊娠中の副流煙3つの注意点と胎児への影響

スポンサードリンク

妊娠中は食べてはいけないもの、飲んではいけないものなど、制限が色々とあります。

タバコは妊婦が吸ってはいけないものです。

妊娠中の喫煙はお腹の赤ちゃんがちゃんと育たなかったり、早産や流産の危険があります。

最近では女性の意識も高くなってきていて、妊娠を希望した時点から禁煙を始める方もいるそうです。

しかし、妊娠中の喫煙がいけないと分かっていながらも、どうしても避けられない状況もありますよね。

それが『副流煙』による受動喫煙です。

副流煙とは、喫煙者の近くにいることで間接的に吸ってしまうタバコの煙のことです。

自分はタバコを吸っていなくても副流煙を吸ってしまうことを受動喫煙と言います。

実はこの副流煙を吸うことでも妊婦には悪い影響があります。

  • 胎児の発育不全
  • 早産や流産の危険
  • 乳幼児突然死症候群

副流煙を吸うことはこれだけリスクが大きいことなのですね。

それでは妊娠中に副流煙を吸わないために、どういった対策を取れば良いのでしょうか。

この記事では、妊娠中の副流煙について妊婦がとるべき対策などを具体的に紹介していきます。

私も妊娠前は喫煙者でしたが妊娠がわかってからは、ぱったり吸わなくなりました。

妊娠中は自分とお腹の赤ちゃんの為に、少しでも危険なリスクを減らしていきたいですよね。

対策をしっかりと行って、妊娠中は副流煙を吸わないように注意しましょう。

自分は吸ってなくても怖い!副流煙の妊婦への影響

妊娠してタバコを吸っている妊婦さんはほとんどいないと思いますが、意外と多いのが妻が妊娠してもタバコを吸っている旦那さん。

妻の妊娠を機に禁煙してくれる方もいますが、みんながみんなすぐにタバコをやめられるわけではありませんよね。

妊娠中でも夫がタバコを吸っていれば副流煙を吸ってしまう機会はグンと多くなります。

夫がタバコを吸っていなくても、街中や職場などでも副流煙には注意が必要です。

妊婦が副流煙を吸うことでお腹の赤ちゃんに悪い影響が出ます。

主なリスクは以下の3つです。

1.胎児の発育不全

妊婦自身がタバコを吸うことはもちろんお腹の赤ちゃんに悪影響ですが、副流煙でも少なからずお腹の赤ちゃんに影響が出る可能性があります。

副流煙を吸うことで妊婦の体の血管が収縮してしまい、お腹の赤ちゃんにうまく栄養が行き渡らなくなります。

お腹の赤ちゃんがうまく育たずに低体重になってしまったり、発達障害や神経障害になってしまう危険性もあります。

2.早産や流産

妊婦が副流煙を吸ってしまったら早産や流産の危険性が高まります。

妊娠中に喫煙している妊婦さんはそうでない妊婦さんの3倍もの確率で流産や早産になるというデーターがでています。

妊婦本人が喫煙していなくても、副流煙を吸うことで同じように流産や早産のリスクが高まると考えて良いでしょう。

3.乳幼児突然死症候群

乳幼児突然死症候群とは今まで元気にしていた赤ちゃんが突然急死してしまう病気です。

原因はいろいろな要素があり、はっきりとわかっていません。

しかし、妊娠中に両親が喫煙してた場合は、この乳幼児突然死症候群の確率も上がると言われています。

妊娠中に副流煙を吸うことでも乳幼児突然死症候群のリスクは高まります。

元気な赤ちゃんを産むために、妊婦ができる3つの副流煙対策

妊婦が副流煙を吸うとお腹の赤ちゃんに様々なリスクがあります。

それでは副流煙を吸わないためにはどうしたら良いのでしょうか。

妊娠中に副流煙を吸わないためにやるべき対策を3つご紹介します。

①禁煙席などを利用

最近は分煙化が進み、ファミレスなどは全面禁煙のお店も多いですよね。

しかし時間帯によっては喫煙ができるお店もあります。

副流煙を吸わないためには禁煙席を選ぶことをお勧めします。

また、全席禁煙の時間帯でも、喫煙席にはタバコの匂いが染み付いていて不快です。

妊娠中は匂いにも敏感になっていますので、全席禁煙の時間帯でも禁煙席を選ぶようにしましょう。

②喫煙所付近に行かない

分煙化が進み、街中で歩きタバコをする人も見かけなくなりました。

その代わり街中に喫煙場所や喫煙所が設けられています。

タバコを吸う人たちがそこに集まってタバコを吸っているので当然副流煙もモクモクです。

なるべく喫煙所の近くは通らないようにした方が良いですね。

③アイコスを活用する

スポンサードリンク


妊娠していても旦那さんがタバコを吸う方も多いでしょう。

旦那さんがなかなかタバコをやめられない場合は、せめて外で吸ってもらうようにしましょう。

換気扇の下でも、換気しきれなかったタバコの煙が副流煙になってしまいます。

アイコスという電子タバコは副流煙がほとんで出ないので、妊娠を機に旦那さんのタバコをアイコスに変えてもらうのもお勧めです。

旦那さんの禁煙でお悩みの方は、妊婦なのに夫が喫煙!旦那のタバコ赤ちゃんへの影響とやめる2つの方法 の記事もぜひ参考にしてくださいね。

妊娠中の副流煙、対策をとってリスクに備えよう

妊娠中の副流煙には、母体や胎児への悪い影響があります。

・胎児の発育不全
・早産や流産の危険
・乳幼児突然死症候群

気付かずに赤ちゃんに辛い思いをさせてしまっていたなんてことがないように、妊娠中の副流煙を避けるための対策をとりましょう。

・禁煙席などを利用
・喫煙所付近に行かない
・アイコスを活用する

妊娠中の自分とお腹の赤ちゃんの身は自分で守らなければいけません。

居酒屋などの副流煙が多そうな場所には極力いかないようにしましょう。

なるべく副流煙を吸わないように気をつけたいですね。

関連記事⇒妊娠超初期の喫煙の影響って?タバコの5つの注意点と気づかず吸ってしまった時の対処法