妊婦は水下痢を起こしやすい?妊娠中の水下痢の原因と3つの予防策と解決策

妊娠中は何かと体調を崩しがちになります。

妊娠中に水下痢になってしまう妊婦さんも少なくありません。

妊娠中は妊娠前よりも水下痢になりやすくなっています。

妊娠中の水下痢の原因を3つご紹介します。

・免疫力の低下

・体の冷え

・食あたりや胃腸炎などの病気

妊娠中はホルモンのバランスが崩れることで体の調子が普段とは変わってしまいます。

そういった原因もあり妊娠中は水下痢になりやすくなっているのです。

妊娠中に水下痢になるのはお腹の赤ちゃんのことも心配ですよね。できればなりたくないです。

そこで妊娠中の水下痢の予防策を3つご紹介します。

・体を冷やさない

・食べ物に注意する

・手洗いうがいをする

この2つの対策をしても水下痢になってしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。

妊婦が水下痢になった時の解決法を3つご紹介します。

・薬を飲む

・胃腸に優しいものを食べる

・水分はしっかりとる

もし水下痢になってしまったらこの3つの方法で治すことをオススメします。

○妊婦はなりやすい?いやな水下痢

妊娠中はホルモンのバランスなどが崩れて体調が普段よりもよくないことが増えてしまいます。

貧血になったり、立ちくらみが起きたりと妊婦はいろいろなトラブルが起こりやすいです。

水下痢も妊婦に起こりやすいトラブルの一つです。

妊婦が水下痢になってしまう原因は3つあります。

・ホルモンのバランスの崩れ

妊娠するとそれまでとはホルモンのバランスが大きく変わってしまいます。

ホルモンのバランスが変わることによって様々な体の不調が現れることがあります。

水下痢もその一つです。

ホルモンのバランスが変わってしまったことで腸の動きが鈍くなり、便秘になったり水下痢になったりとトラブルを招いてしまいます。

・体の冷え

水下痢の原因の一つに体の冷えがあります。妊娠中は体が火照ることも多く冷たい飲み物やアイスなどを食べたくなることも多いです。特に夏場は妊婦には暑さが厳しい季節です。ついついエアコンで冷えた部屋の中で冷たいものを飲んだり食べたりしてしまいがち。しかし、そういったことが体の冷えにつながり、水下痢を引き起こすのです。

妊婦が体を冷やすのは水下痢以外にもトラブルを招きます。妊娠中は体を冷やさないように注意しましょう。

・食あたりや胃腸炎などの病気

妊娠中はホルモンのバランスが変化していて免疫力が低下しています。いつもなら食べても大丈夫なものでも妊娠中に食べると食中毒になってしまうこともあります。食中毒や、ウイルス性の胃腸炎などの病気で水下痢になることもあります。食べるものには注意が必要です。

○なる前に予防!妊婦が水下痢にならないための予防策

妊娠中に水下痢になるとお腹の赤ちゃんも心配です。あまりにもひどい下痢が続くと腸の働きが悪影響して最悪の場合流産なんてことも・・・。

そんなことにならないように妊娠中の水下痢を予防しましょう。

・体を冷やさない

体が冷えることは水下痢になる原因の一つです。なるべく体を冷やさないように夏でもエアコンにあたりすぎずお腹の部分は暖かくしておきましょう。冬も着るものや食べるもので冷えないようにうまく調節しましょう。

・食べ物に注意する

妊娠中は免疫力が下がっているので普段以上に食中毒にかかりやすいです。普段なら大丈夫なものでも食あたりを起こして水下痢になる可能性があります。少しでも痛んでいそうなものは食べるのを控えましょう。

・手洗いうがいをする

スポンサードリンク


ウイルス性の胃腸炎は感染します。ウイルス性の胃腸炎にかかってしまうと水下痢や嘔吐に襲われ、お腹の赤ちゃんが心配ですよね。ウイルス性の胃腸炎を予防するには手洗いうがいが有効です。しっかり手洗いうがいをして予防しましょう。

○なってしまったら?妊婦が水下痢になった時の解決策

予防策をとっていても妊娠中に水下痢にあってしまったらどうしたら良いのでしょうか。妊婦が水下痢になった時の解決策を3つご紹介します。

・薬を飲む

やはりきちんと病院に行ってしかるべき薬を飲むのが一番良いでしょう。市販の薬は逆効果のこともあるので病院で処方してもらってください。ウイルス性胃腸炎などの時に下痢止めを飲んでしまうとウイルスが排出されず逆効果になってしまいます。水下痢は出しきることも大切です。

・胃腸に優しいものを食べる

胃腸が弱って水下痢になっている時は胃腸に優しいものを食べましょう。揚げ物やお肉など胃腸に負担のかかるものを食べると水下痢が悪化してしまいます。

・水分はしっかりとる

水下痢をしている時は脱水になりやすいです。しっかりと水分は摂るようにしましょう。しかし、冷たいものを飲むのは逆効果。白湯などの刺激のなくて温かいものや常温の水などがオススメです。

○妊娠中に水下痢にならないように注意しよう

妊娠中は水下痢になりやすく、水下痢になる原因が3つありました。

・免疫力の低下

・体の冷え

・食あたりや胃腸炎などの病気

妊娠中はホルモンバランスの変化から水下痢になりやすいのです。

妊娠中に水下痢にならないために予防策を3つご紹介します。

・体を冷やさない

・食べ物に注意する

・手洗いうがいをする

この3つの予防策をしていても水下痢になってしまった場合は3つの解決策を試してみてください。

・薬を飲む

・胃腸に優しいものを食べる

・水分はしっかりとる

妊娠中の水下痢はいやなものです。なるべくならないように、なってしまったらしっかりと治すことが大事です。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です