グレープフルーツの冷凍・冷蔵の仕方と賞味期限って?保存方法と5つのメニュー

スポンサードリンク

みずみずしさと爽やかで、ちょっと苦味があるところがおいしいグレープフルーツ。

日本で売られているグレープフルーツは、ほとんどがフロリダなどから入ってきた輸入品。

1年中スーパーなどに売っているフルーツですね。

種類もいくつかあり、ホワイトやルビーなど果肉の色が違うものもあります。

グレープフルーツにはビタミンCが多く含まれていて、風邪の予防や、美容効果も期待できるフルーツ。

グレープフルーツは、どうやって保存すると長持ちするのか気になりますよね。

ここでは、グレープフルーツの消費期限、長持ちする保存方法、おすすめのメニューなど、グレープフルーツについて詳しく紹介していきます。

グレープフルーツはどのくらい日持ちする?賞味期限は3~4週間!

グレープフルーツは冷蔵で3~4週間の賞味期限で、フルーツの中では長持ちします。

ただ、それだけにスーパーなどでも長く売られていて、新鮮なものを見分けることが大切になります。

新鮮なグレープフルーツの選び方は、皮にハリが合って、持ったときにずっしりと重いもの。

大きいものほど良く熟していて、おいしいです。

たまに皮にしみがあるものがありますが、しみは味や鮮度にまったく関係ないので、安心して購入してください。

グレープフルーツの保存方法!

グレープフルーツは、冷凍、常温で保存することができるのでしょうか?

グレープフルーツの正しい保存方法、保存期間について調べました。

グレープフルーツの正しい冷凍保存方法

グレープフルーツは、実は冷凍して保存することもできるフルーツです。

ただ冷凍するときは、丸ごと保存するのではなく、外側の皮、内側の薄皮までむいて1房ずつにします。

これを、ラップを敷いた金属のトレイに、1房ずつ並べて冷凍します。

冷凍が完了したら、保存袋に入れてまとめて冷凍保存します。

皮をむくのが面倒ですが、食べるときはすごく楽!

凍ったまま食べることができますし、半解凍して食べてもおいしいですね。

アイスクリームや、ヨーグルトに添えて食べてもおしゃれでおいしい。

凍ったまま、スムージーにするのもおすすめです。

もうひとつの冷凍する方法は、絞って果汁にして冷凍する方法です。

シャーベットにして食べるのもおすすめ。

グレープフルーツの冷凍での保存期間は1ヶ月です。

グレープフルーツの正しい冷蔵保存方法

グレープフルーツを冷蔵保存するときは、乾燥しないようにポリ袋に入れて野菜室で保存しましょう。

これは、同じ柑橘類のオレンジでも同じです。

皮が厚いグレープフルーツは傷みにくく、冷蔵での保存期間は3~4週間。

半分に切った状態で冷蔵保存するときは、切り口にぴったりとラップをして保存してください。

乾燥させないことが冷蔵保存では大切です。

その他の方法

スポンサードリンク


購入後、2~3日で食べる場合は、常温の保存でも大丈夫です。

グレープフルーツは、皮が厚いので傷みにくいので、風通しの良い冷暗所に保存します。

ただし、夏場は、湿気も気温も高いので、冷蔵保存のほうがいいでしょう。

冷やして食べるのがおいしいですよね。

ワンポイントアドバイス

グレープフルーツは輸入物が多いので、皮に防菌剤、防カビ剤を使用していることが多いです。

子供がいる家庭では、気になる方も多いのではないでしょうか。

気になるときは、食べる前にしっかりと洗って食べたら大丈夫です。

冷凍しておいたグレープフルーツを使った3つのメニュー

冷凍したグレープフルーツは、皮を向いた状態なので料理に使いやすいです。

おすすめのグレープフルーツを使ったメニューを紹介します。

グレープフルーツのデザート

モヒート風のデザートです。

【材料】

グレープフルーツ100%ジュース 150g
粉寒天 2.5g
冷凍グレープフルーツ1玉分
ミント 10枚
サイダー 400g

① グレープフルーツジュースに粉寒天を入れて混ぜて、火にかけます。

② 沸騰したらパットに入れて冷やして固めます。

③ かたまったゼリーをサイの目に切って、器に入れます。

④ 凍ったグレープフルーツをのせて、ミントをのせます。

⑤ 上からサイダーを注ぎます。

他の果物をたくさん入れてもいいですね。爽やかなデザートです。

グレープフルーツケーキ

ホットケーキミックスで作る簡単なケーキです。

酸味がとてもおいしいですね。

【材料】

冷凍グレープフルーツ 1個
ホットケーキミックス 200g
卵 2個
牛乳 100g
バニラエッセンス 少々
バター 30g
砂糖 60g

① グレープフルーツは半解凍して、半分は薄切りに、半分は角切りにします。

固いので切りやすいです。

② ケーキの型にバターをぬっておきます。

③ ボウルに牛乳と卵を入れ混ぜ、バニラエッセンスも入れます。

④ ボウルホットケーキミックスを入れて、角切りにしたグレープフルーツを入れ混ぜます。

⑤ ボウルの材料を型に流しいれます。

オーブンを180度に余熱。

⑥ フライパンを中火にして、バターと砂糖を暖め、薄切りにしたグレープフルーツを並べます。

片面だけ茶色になるように焼きます。火は最弱で。

⑦ 生地が入った方に、焼いた薄切りグレープフルーツをのせて、残りの液もかけます。

⑧ 180度のオーブンで30分焼きます。

⑨ 型からはずして冷やしたら出来上がり!

グレープフルーツゼリー

冷凍グレープフルーツ 2個分
冷凍グレープフルーツ果汁 200cc
グラニュー糖 小さじ3
アガー4g
レモン 1個
蜂蜜 大さじ2

① 冷凍したグレープフルーツ果汁は、自然解凍しておきます。

② グラニュー糖とアガーを混ぜます。

③ グレープフルーツをカップに入れます。

④ グレープフルーツの果汁を、沸騰直前まで温め、グラニュー糖とアガーを混ぜます。

⑤ カップに入れて、飾りのグレープフルーツをのせます。

⑥ 輪切りのレモンと蜂蜜でつけたものを飾ります。

⑦ 冷やしてできあがり。

グレープフルーツの作り置きメニュー

スポンサードリンク


料理することで、長期で保存が可能になった作り置きメニュー。

グレープフルーツの作り置きメニューを紹介します。

グレープフルーツジャム

果物の作り置きメニューといえば、ジャム。

こちらはグレープフルーツの皮も入れたジャムで、皮の食感も楽しめます。

グレープフルーツはルビーでジャムを作ると鮮やかな色になりますね。

【材料】

グレープフルーツ ルビー 好きな量
グラニュー糖 実の半分のグラム数
レモン汁1個につき大さじ1/

① グレープフルーツは、塩でこすりながら皮を洗います。

② 皮をむいて、白い部分をスプーンで削り取ります。

皮は細切りにします。

③ 細切りにした皮を、多めの水で3回、ゆでこぼします。

④ 身をざく切りにして、種を取って、フードプロセッサーで混ぜます。

⑤ 鍋に、ゆでた皮と、実と材料を入れて煮詰めます。

グレープフルーツソース

サラダにも、お魚や肉のソースにも使えるグレープフルーツソースです。

【材料】

グレープフルーツ 2玉
コンソメ顆粒 小さじ4
バター100g

① グレープフルーツを絞って、鍋で煮詰めます。

② 量が最初の半分の量になったら、コンソメ顆粒と水を足して沸騰させます。

③ 汁を鍋からボウルに移しいれて、卵黄をときながら混ぜ、湯煎で暖めます。

④ バターを入れてとけたら出来上がりです。

卵黄を入れたときに、湯煎でゆっくり混ぜることで、かたまらず滑らかに仕上がります。

まとめ

ジューシーでおいしく香りもいいグレープフルーツ。

いつまでもおいしく食べるための、保存方法や作り置きメニューを紹介しました。

グレープフルーツは保存期間が長いフルーツですが、乾燥はみずみずしさが失われ味が落ちるので、保存するときは乾燥しないようにして保存してくださいね。

グレープフルーツは香りもリラックス効果があるので、アロマにも使われているほど。

味も香りも楽しんで食べてください。