つわり中にグレープフルーツを食べたい!3つの注意点とおすすめの食べ方

スポンサードリンク

『つわり=グレープフルーツ』というイメージを持っている人も多いと思います。

グレープフルーツを食べると吐き気や胃のむかつきなど、つわりのつらい症状が軽くなるという人も少なくありません。

つわり中は無性にグレープフルーツが食べたくなったという妊婦さんも多いでしょう。

私もつわり中にはグレープフルーツがいつも以上においしく感じて、よく食べていました。

・つわり中にもおすすめ!グレープフルーツの魅力とは?
・つわり中のグレープフルーツ、気を付けるポイントを知りたい!
・つわり中にもおいしく♪グレープフルーツのおすすめの食べ方

つわりの症状がつらいと、グレープフルーツしか食べられないという人もいると思いますが、どのくらい食べてもいいのか、注意点なども気になりますよね。

つわり中に安心してグレープフルーツを食べられるように、注意点やおすすめの食べ方など詳しく調べてみました。参考にしてみてくださいね。

つわり中にグレープフルーツが食べたい!その理由や魅力とは?

すっきりとした味わいと酸味、そして程よい苦味が口の中をさっぱりとさせてくれるグレープフルーツ。

つわりの症状が始まるとともにグレープフルーツが食べたくて仕方がないという妊婦さんも少なくありません。

なぜつわり中にはグレープフルーツを食べたくなるのか、その理由や魅力について見ていきましょう。

つわり中にグレープフルーツが食べたくなる理由

妊娠するまではグレープフルーツはほとんど食べてこなかったという人でも、妊娠してつわりが始まると同時にグレープフルーツが食べたくなる人は多いです。

グレープフルーツが食べたくなる理由に関しては個人差がありますが、おもに

・妊娠による味覚の変化
・酸味が唾液の分泌量を増やす
・香りによるリラックス効果
・すっきりしていて食べやすい

ということが挙げられると思います。

妊娠するとホルモンバランスが大きく変わるため、味覚が変わることは珍しいことではありません。

また、ホルモンバランスの影響で唾液の分泌量が減ってしまいます。

酸味のあるグレープフルーツを食べることで唾液の量が増えるので、つわりの症状が和らぐと感じる人が多いようです。

グレープフルーツの香りにはリラックス効果もあり、香りを嗅ぐだけでも気分がすっきりするということも理由のひとつではないでしょうか。

つわり中におすすめ!グレープフルーツの魅力は?

『つわり=グレープフルーツ』というイメージがあるように、つわり中にはグレープフルーツがおすすめです。

グレープフルーツにはつわり中の妊婦さんに嬉しい効果もたくさん!

グレープフルーツの主成分は、

・ビタミンC
・葉酸
・カリウム
・リン

となっており、妊娠中にたっぷり摂りたい葉酸が多く含まれているのが特徴です。

またビタミンCの含有量も多いことも魅力のひとつ。

ビタミンCは肌の調子を整える作用もありますが、風邪予防や疲労回復にも役立ちます。

特に妊娠中は免疫力が低下しており、風邪をひきやすくなっています。

ビタミンCをたっぷり摂って風邪予防に役立てましょう。

低カロリーという点もうれしいポイントです。

グレープフルーツは100gあたりおよそ36kcalと超低カロリー!

体重が気になる妊娠期でも、グレープフルーツはおやつやデザートに取り入れやすいことも魅力です。

つわり中にグレープフルーツを食べるときに気を付けたい3つのこと

「とにかくグレープフルーツが食べたい!」という妊婦さんも多いと思いますが、つわり中にグレープフルーツを食べるときにはどのようなことに気を付ければいいのでしょう。

より安心してグレープフルーツを取り入れるために、次の3つのことに注意しましょう。

  1. 食べ過ぎには気を付けよう!
  2. 空腹のときは注意!
  3. よく洗って食べよう!

グレープフルーツの食べ過ぎには気を付けよう!

スポンサードリンク


先にも紹介したとおり、グレープフルーツはカロリーが低くおやつや食事にも取り入れやすいフルーツです。

しかし食べ過ぎは厳禁!

グレープフルーツは酸味が強くほろ苦さが特徴のフルーツなので、糖分も少なめと思われがちです。

しかしほかのフルーツと比べても、ずば抜けて低糖質というわけではありません。

<100gあたりの糖分量>

・グレープフルーツ・・・7.5g
・オレンジ・・・7.1g
・レモン・・・7.6g
・桃・・・8.4g
・いちご・・・7.1g
・リンゴ・・・13.1g
・ブドウ14.4g

酸味が少なく甘みが強いフルーツは糖質量が多いですが、同じ柑橘類と比べるとグレープフルーツの糖質量はさほど変わりません。

グレープフルーツもたくさん食べてしまえば糖質とカロリーを多く摂取してしまうことになります。

グレープフルーツを絞ってジュースにして飲んでしまうと、それだけ量を摂ってしまいます。

妊娠中のフルーツは、妊娠初期で1日に200g、妊娠中期以降で300g程度が好ましいとされています。

(参照:厚生労働省|妊産婦のための食事バランスガイドより)

グレープフルーツの可食部は1個当たり250gほどあるものもあります。

1日にグレープフルーツを2つ食べてしまうと食べ過ぎになってしまうことも。

空腹のときにグレープフルーツを食べるのは注意が必要!

グレープフルーツは酸味の強いフルーツのひとつです。

空腹で胃の中に何も入っていない状態でグレープフルーツを食べてしまうと、胃が荒れてしまい胃痛や吐き気などの症状があらわれてしまうことがあります。

つわり中だと空腹のときにグレープフルーツを食べることもあると思いますが、そんな時は

・水や炭酸水を飲んでから食べる
・サラダなどにプラスして食べる
・水や炭酸水に絞って飲む

ほかの食べ物を受け付けないという場合は、水や炭酸水と一緒にグレープフルーツを食べるようにしましょう。

また、サラダなどにプラスするとつわり中に食べにくい野菜もさっぱりと食べられるのでおすすめですよ。

グレープフルーツはよく洗ってから食べよう!

グレープフルーツは皮を剥いて食べるフルーツですから、洗う必要がないのでは?と思われがちです。

グレープフルーツは国内産のものはほとんどなく、

・アメリカ
・南アフリカ
・イスラエル
・メキシコ
・トルコ

などから輸入されています。

輸入フルーツの多くには、ワックスや防カビ剤が付着しており、皮を剥いたときに手にもついてしまう恐れがあります。

ワックスや防カビ剤が胎児に影響を与えることは報告されていませんが、毎日たくさんのグレープフルーツを食べていては、その影響が懸念されます。

皮を剥く前にしっかりと流水で洗い、ペーパーなどでふき取ってから皮を剥いて食べるようにしましょう。

つわり中におすすめ!グレープフルーツの食べ方

グレープフルーツは皮を剥いてそのまま食べたり、半分にカットしてスプーンですくって食べたりすることが多いと思います。

「グレープフルーツを食べたいけどほかの食べ方を知りたい!」という人のために、つわり中におすすめのグレープフルーツを食べ方を紹介します。

グレープフルーツの炭酸水カクテルでさっぱり!

スポンサードリンク


薄皮をきれいに向いて適当な大きさにカットしたグレープフルーツを、炭酸水の中にお好みの量を入れて、炭酸水カクテルを作ってみてはいかがでしょう。

炭酸水がすっきりとしていて、そこへグレープフルーツの酸味が加わって飲みやすくなりますよ。

果汁だけでなく果肉を丸ごと入れるので食べごたえがあり、つわり中でもおいしく食べられるはずです。

グレープフルーツジュレで食べごたえアップ!

グレープフルーツを丸ごと使ってトロトロのジュレにすれば食べごたえもアップするのでおすすめです。

<グレープフルーツジュレの作り方>

・グレープフルーツ・・・200g
・砂糖・・・小さじ1杯
・粉ゼラチン・・・4g
・お湯・・・大さじ1杯

  1. グレープフルーツの薄皮を向き、果肉が少し残る程度に粗くつぶします。
  2. 砂糖を加え、レンジで70度ほどになるまで温めます。
  3. お湯に粉ゼラチンを加えてふやかしておきます。
  4. ふやかした粉ゼラチンに温めた果汁を少量加えてよく混ぜます。
  5. 手順4を温めた果汁に戻し、よくかき混ぜます。
  6. 器に入れて冷蔵庫で冷やしたら完成です。

リーフレタスと一緒にグレープフルーツサラダに!

たっぷりのリーフレタスと一緒にグレープフルーツを混ぜ合わせたサラダもおすすめです。

栄養が偏りがちなつわり中は、グレープフルーツと一緒なら野菜もたっぷり食べられるかもしれません。

リーフレタスは柔らかく食べやすいのでおすすめですよ。

お好みの野菜と合わせてもOKです。

ドレッシングは柑橘系のドレッシングがマッチします。

フレンチドレッシングもおすすめです。

まとめ

つわりの強い味方でもあるグレープフルーツ。

1年を通して安定した価格で購入することができることも魅力のひとつです。

つわり中にグレープフルーツを食べるときには、

・食べ過ぎには注意!
・空腹のときには水と一緒に!
・よく洗ってから!

など、いくつかのことに気を付けて食べるようにしましょう。

さっぱりとした酸味がつわりの症状を軽減してくれるので、上手にグレープフルーツを取り入れてつらいつわりを乗り切りましょう。