赤ちゃんは離乳食で牛肉をいつから食べて大丈夫?4つの注意点とおすすめレシピ!

赤ちゃんは牛肉をいつから食べて大丈夫?4つの注意点とおすすめレシピ!

ハンバーグ、ステーキ、ビーフシチューに使われる牛肉。

良質なタンパク質と鉄分が豊富に含まれていて、栄養満点!

そんな牛肉を赤ちゃんはいつから食べられるのでしょうか。

4つの注意点とおすすめレシピをご紹介します。

この記事のポイントは4つです。

  • 赤ちゃんは牛肉をいつから食べていい?
  • 牛肉をあげる時の4つの注意点
  • アレルギー反応が出た時の対応!
  • 簡単おすすめ!牛肉の離乳食レシピ

それでは解説をしていきます!

参考にしてください♪

赤ちゃんはいつから牛肉を食べていいの?

赤ちゃんは牛肉を、離乳食後期のカミカミ期(9〜11ヵ月)から食べることができます。

鶏肉に慣れたら、少しずつ与えてあげます。

初めてあげるときは一番脂肪分の少ない、赤身から。

部位でいうとモモ肉がおすすめです。

赤身になれたらレバーやタン、ひき肉を与えてあげます。

レバーやタンは味付けがされてないものを選びましょう。

豚肉と牛肉を混ぜて挽いた合いびき肉は、パクパク期(1歳〜1歳6ヵ月)から食べられます。

白っぽいものは避けて、脂肪の少ないものを選んでください。

ひき肉が空気に触れる部分が傷みやすいので、買ったらすぐに冷凍するが、使い切りましょう。

サーロインやヒレなど脂身が多い部分は、赤ちゃんの消化吸収には負担になってしまうので避けます。

サイコロステーキなどの成形肉には添加物が多く含まれているので、同じく赤ちゃんにはやめておきましょう。

また、牛肉はアレルギー反応が出ることもありますので、注意しながら与えましょう。

牛肉を食べる時の注意点4つ

子どもの脳の成長に不可欠な亜鉛を含む牛肉は、赤ちゃんに与える時には注意しなければいけないことが4つあります。

1つめは、初めて食べる時は少量だけ。

牛肉は、アレルギー症状が出ることがあります。

アレルギーを持っている人の多さから見ると、お肉のアレルギーは少ない方です。

しかし、無いわけではありません。

アレルギーが発症した時に重症化しないよう、初めて与える時は必ず少量にしましょう。

また、身内に牛肉のアレルギーを持っている場合は医師に相談してから与えて下さい。

2つめは、よく加熱すること。

牛肉はよく焼かなくても大丈夫!ではありません。今では、大人でもよく焼かなければ危険と言われています。

2011年の集団食中毒の事件以降、ユッケなどの生肉が見直されました。

牛は草食動物だから、表面だけ焼けば大丈夫と思われがちですが、実際は中にも細菌が入ってしまっている場合もあり、厚生労働省も注意を呼びかけています。

特に赤ちゃんは、食中毒を引き起こした場合の耐性がありません。

最悪の場合、死に至ります。

2017年、スーパーの惣菜で食中毒が起き、3歳の尊い命が失われた事もあります。

食中毒は本当に恐ろしいもの。

赤ちゃんに牛肉を与える際の加熱は徹底し、中まで火がよく通っているか確認することが大切です。

3つめは、お肉は必ず赤身を選ぶ!

スポンサードリンク


赤ちゃんにとって脂肪の多い肉は、胃腸への負担がとても大きいもの。

大人が良かれと思っても、赤ちゃんは腹痛や下痢を引き起こしてしまう場合もあります。

きちんと赤ちゃん用に赤身のものを選ぶか、脂肪がついている場合はその部分を切り落としてください。

脂肪の部分は、後で大人が美味しくいただきましょう。

4つめは、下処理をきちんと行うこと。

薄切り肉を使う場合は、細かく刻みましょう。

赤ちゃんはまだ奥歯がなく、肉を噛みきれません。

パクパク期(1歳〜1歳6ヵ月)になっても、食べにくければ無理をせずみじん切りにしてあげましょう。

また、レバーを使う時は牛乳に浸して、臭みを取り除いてから調理しましょう。

1回の牛肉の量は?

月齢別1回の牛肉の摂取量は、以下の通りです。

カミカミ期(9〜11ヶ月頃)は10〜15g

パクパク期(1歳〜1歳6ヶ月頃)は15〜20g

牛肉のアレルギー反応が出たら…!

牛肉がアレルギーだった場合、どうすればよいのでしょうか。

症状と対応・治療方法を簡単にまとめました。

アレルギー症状

発疹やかぶれの皮膚症状。息苦しくなってしまう呼吸症状。

腹痛、下痢や嘔吐の消化器症状。

発熱、痙攣、唇の腫れなど…症状は様々です。

食べたあと1〜2時間が、症状が出やすいので特に注意が必要です。

いつもと様子が違っていないか、よく観察しましょう。

分かりやすいアレルギー反応だったらすぐに食べ物を特定できますが、小さな反応だった場合は食物を特定するのはとても難しいもの。

また食材の状態、食べた本人の体調によって症状が変わってしまうこともあります。

疲れている時だと、アレルギー反応が重症化しやすいです。

対応と治療法

スポンサードリンク


痙攣や呼吸困難、発熱といった反応が出た場合はすぐに救急車を呼びましょう。

対応が手遅れになると、最悪の場合死に至ることがあります。

後日アレルギー物質の特定が出来たら、病院で専門医の指導を受けます。

除去食や負荷試験、食べることを延期するなど、アレルギー対策は様々です。

必要ならば薬を使う場合もあります。

アレルギー症状の大きさやその子の月齢などにもよりますが、最終的には全部食べられるようにするのが一般的です。

簡単!おすすめレシピを紹介

牛肉のタンパク質は消化吸収が良く、赤ちゃんが不足しがちな鉄分も多く含まれています。

片栗粉をまぶしてからゆでると、つるんとした食感になります。

カミカミ期(9〜11ヶ月)向け!

牛肉の青のりがゆ〜おかゆなら、肉をすんなり飲み込める〜

材料:牛赤身ひき肉…15g(大さじ1)

5倍がゆ…90g(子ども茶碗軽く1杯)

青のり…少々

作り方:1.ひき肉はひたひたの熱湯でほぐしながらさっと茹で、ザルにあげる。

2.5倍がゆに1、青のりを加えて混ぜる。

牛肉焼きうどん〜蒸し焼きがコツ!しっとり仕上げに〜

材料:牛赤身薄切り肉…10g

にんじん…15g(2.5cm角1個)

ピーマン…10g(中1/4個)

ゆでうどん…60g(1/4玉強)

水…大さじ1

植物油…少々

作り方:1.牛肉は1cm幅の細切りにする。にんじんは皮をむき、ピーマンとともに1cm長さの細切りにする。うどんは1cm長さに切る。

2.フライパンに油を中火で熱し、牛肉を入れて炒め肉の色が変わったらにんじんピーマンを加えてさっと炒める。

3.2にうどん、水を加え、野菜に火が通るまで炒める。

パクパク期(1歳~1歳6ヶ月)向け!

ベビー牛丼〜肉派ベビーが大満足!鉄分もしっかり〜

材料:牛赤身薄切り肉…15g

玉ねぎ…30g(中/15個)

だし…1/2カップ

軟飯…90g(子ども茶碗軽く1杯)

作り方:1.玉ねぎは薄切りにする。牛肉は細かく刻む。

2.鍋に玉ねぎ、だしを入れて中火で熱し、煮立ったら弱火にし玉ねぎが柔らかくなるまで煮る。

3.2に牛肉を加え、煮立ったらアクを除き、1分ほど煮る。

4.器に軟飯を盛り、3をかける。

プチハンバーグポテト添え〜極小サイズだから手づかみも楽々〜

材料:牛豚合挽き肉…15g(大さじ1)

じゃがいも…40g(中1/4個)

パン粉…小さじ2

水…小さじ1

植物油…少々

作り方:1.じゃがいもは皮を剥いて食べやすく切り、やわらかくゆでる。

2.ボールにパン粉、水を入れ、ふやけたらひき肉を加えてねりまぜ、直径1cmに成形する。

3.フライパンに油を中火で熱し、2を並べて両面をこんがりと焼く。肉の横で1もこんがりと焼き、ともに器に盛る。

まとめ

赤ちゃんと牛肉についていかがでしたでしょうか。

赤ちゃんは牛肉をパクパク期(9〜11ヶ月)から食べることができます。

初めては赤身から。

慣れてきたら、レバー・牛タン・ひき肉と幅を広げていきます。

肩ロースなどの脂肪分が多いものや、添加物が多く含まれている成形肉は避けましょう。

牛肉も食中毒の心配があるので、加熱はしっかりと、真ん中まで火を通して下さい。

牛肉は鉄分補給の強い味方。

上手に付き合っていきましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です