妊娠初期に鼻血が止まらない!流産や胎児への影響と3つの対策

スポンサードリンク




妊娠初期にはいくつかの初期症状があります。

その初期症状はメジャーなつわりからマイナーな鼻血があります。

妊娠初期に鼻血が出る妊婦さんは結構多いようです。

妊娠初期に特に理由なく鼻血が出ると不安に感じてしまいますよね。

今回は妊娠中の鼻血についてお伝えします。

  • 妊娠初期の11つの症状と7つのマイナー症状
  • 妊娠初期に鼻血3つの原因
  • 妊初期の鼻血による胎児への影響と危険な鼻血の3つの目安
  • 正しい鼻血の止め方3ステップとしてはいけないこと3つ
  • 鼻血予防と対策3つとしたいこと2つ

妊娠初期は流産する可能性が高く、些細なことでもとても不安に感じるものです。

妊娠初期の症状の一つである鼻血について知ることで妊娠初期の不安を少しでも解消していきましょう。

妊娠初期の11つの症状

妊娠初期は妊娠に気づく、妊娠4週から15週までの妊娠2カ月~4ヶ月のことを指します。

では妊娠初期にはどういった症状があるのでしょうか?

  • 生理が遅れる
  • 基礎体温の高温期が続く
  • つわり
  • 眠気
  • 倦怠感
  • 下腹部痛や腰痛
  • おりものの変化
  • 下痢あるいは便秘
  • 味覚の変化
  • 嗅覚の敏感化
  • 鼻炎になる

上記のように妊娠初期には実に多くの症状があります。

今上記に上げた妊娠初期の症状はメジャーなものです。

これ以外にも多くの症状があります。

この妊娠初期症状は妊娠検査薬で反応が出る前の妊娠超初期でもでることがあります。

また妊娠初期症状は風邪に似ていることから風邪薬の服用をしてしまうことがあります。

注意が必要ですね。

妊娠初期の7つのマイナー症状

妊娠初期の症状は何が出るかは人それぞれです。

マイナーな症状にはどんなものがあるのでしょうか?

  • 鼻血
  • 頭痛
  • 足のむくみ
  • 手足のしびれ
  • 皮膚の掻痒感
  • 不眠

妊娠中によく聞く症状以外にも上記のような7つの症状も体感する妊婦さんは意外にも多くいるようです。

妊娠経過はひとによってそれぞれだということです。

妊娠初期の鼻血3つの原因

妊娠初期に鼻血がでるという症状はマイナーな症状の1つではありますが、マイナーな中でも多いようです。

では何故妊娠初期に鼻血がでるのでしょうか?

  • 体内の循環血液量が増加するため
  • 血小板の減少
  • ホルモンバランスの変化

妊娠すると体内では妊娠に合わせて変化をしています。

妊娠初期から体内の血液はどんどん増加していきます。

体内を循環している血液は体重の1/12L程ですが、妊娠すると1.5倍になります。

また心臓から送り出される血液量も増加します。妊娠前と比べると1.3~1.5倍になります。

体内の血液量は増加していますが、血液は薄まっていると思ってください。

だから赤血球が減少し貧血になるのです。また減少するのは血小板も同じです。

この血小板は血を止める役割があります。

普通は出血しても血小板の働きによってかさぶたとなり止血できます。

ですが血小板が減少する妊娠中は止血効果がダウンしている状態なのです。

またホルモンバランスの変化もあります。

妊娠を継続させるために体内ではホルモンのバランスが変化します。

このホルモンバランスが鼻の粘膜を柔らかくしてしまうのです。

妊娠してから歯磨きするときに歯ぐきから出血しやすくなるのもこのホルモンバランスによるものです。

上記の3つから妊娠中は鼻血が出やすい状態なのです。

妊娠初期の鼻血による胎児への影響と危険な鼻血の3つの目安

スポンサードリンク


妊娠初期に鼻血がでると、胎児に何かしら影響があるのではないかと不安になるものです。

では鼻血がでると胎児にはどんな影響があるのでしょうか?

基本的には鼻血がでても胎児に影響を及ぼすことはありません。

ですが以下の時には注意が必要です。

  • 出血量が多い
  • 長時間鼻血が止まらない

この2つに当てはまるときは貧血を起こす可能性や、あるいは他の病気が隠れている可能性があります。

鼻血で病院に掛かる目安3つ

  • 一日に何度も鼻血がでる
  • 鼻血が15分以上止まらない
  • 鼻血が出ている時に、それ以外の症状(頭痛やめまいなど)がある

上記に当てはまる時には産婦人科あるいは妊娠していることを告げて耳鼻科にかかるとよいでしょう。

鼻血の正しい止め方ステップ3つと鼻血が出た時にしてはいけないこと3つ

鼻血が出た時にはティッシュを詰める方が多いようですが、実はその鼻血の止め方は良くないって知っていましたか?

正しい鼻血の止め方を是非マスターしましょう。

  • 鼻血が出たら、ティッシュで鼻の穴あたりを軽く押さえる
  • 鼻筋の上の方を指でつまむようにして圧迫止血する
  • 鼻血が止まるまで椅子に座るか、上体を起こして横になる

鼻血が出た時にしてはいけないこと

スポンサードリンク


  • 鼻の穴にティッシュなどを詰める
  • 上を向く
  • 首をトントンたたく

鼻血が出た時とには、ティッシュを鼻の穴の中に詰めると、ティッシュを取る時にかさぶたが一緒に取ってしまったり、デリケートな鼻の粘膜を更に傷つけてしまったりします。

鼻血が出た時には上を向くと鼻血が喉の方へと流れてしまいます。

鼻血を止めようと上を向かないように注意しましょう。

また安静にしようと横になっても上を向くことになるので、横になる時は上体を起こして横になりましょう。

また昔ながらの方法の一つに首の後ろ辺りをトントンたたく方法がありますが、効果は有りません。

安静にすることが大切です。

妊娠初期の鼻血予防3つと鼻時対策3つ

妊娠中に鼻血が頻繁に出ると胎児に影響はなくても煩わしいものですよね。

できるだけ鼻時が出ないように予防や、出た時に慌てないように対策をしましょう。

鼻血予防3つ

  • 鼻をかむ時は勢いをつけずに優しくかむ
  • 鼻を触らない
  • 鼻をほじらない

鼻血対策3つ

  1. ティッシュを持ち歩く
  2. ウェットティッシュを持ち歩く
  3. ごみ袋を持ち歩く

鼻血が出る時はいつとはわかりません。

いつ出ても慌てないようにティッシュを必ず持ち歩くようにしましょう。

また血がついたティッシュの処理に困らないようにごみ袋も一緒に持ちましょう。

中身が見えない黒色のエチケット袋がオススメです。

また出先で鼻血が出た時にお手洗いが近くにないこともあります。

鼻から垂れた鼻血や手に付いてしまった鼻血をキレイにふき取れるようにウェットティッシュを持っていると便利です。

妊娠中の頻繁に鼻血が出る時にしたいこと2つ

妊娠中に頻繁に鼻血が出る時は、貧血予防も一緒に行いましょう。

また粘膜が傷ついて鼻血を繰り返していることもあるので、粘膜を強くするような成分も一緒にとることもオススメします。

  • 貧血予防として鉄分を積極的にとる
  • 粘膜を強くするためにビタミンを積極的に取る

産婦人科で相談して鉄剤を処方してもらいましょう。

貧血という程ではないときは、サプリメントで補うのもオススメです。

食事面では鉄分を多く含む、ほうれん草、小松菜、牛モモ肉、ヒレ肉などの赤身部分、カツオなどを食べるのがいいでしょう。

もちろんレバーにも鉄分を多く含みますが、妊娠中はビタミンAの過剰摂取による胎児奇形の影響から食べる時には量に注意して上手く活用してください。

粘膜を強くするにはビタミンが効果的です。

ビタミンB2 やビタミンB6を積極的にとりましょう。

バナナやカツオ、卵などに豊富に含まれています。

マルチビタミンというようなサプリメントを活用するのも賢い方法です。

サプリメントを活用する時には上記同様ビタミンAの摂取量にだけ注意をしてくださいね。

まとめ

スポンサードリンク


妊娠初期に鼻血が出るのは妊娠中の症状として良くあることです。

妊娠中は血液量が増えること、粘膜が柔らかくなることが鼻血の原因として挙げられます。

妊娠中に鼻血が出ても胎児への影響は時には有りません。

過度に心配する必要はありませんが、鼻血が一日に何度も出る、長時間止まらないというようなことがあれば産婦人科や耳鼻科に掛かりましょう。

鼻血が出た時には正しい鼻筋を軽く圧迫し、鼻血が止まるまでは安静にして過ごしましょう。

鼻血が頻繁に出る時には貧血予防として鉄分を、粘膜強化のためにビタミンを積極的に取るようにしましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です