羽を使った名前42選~羽の意味や由来と読み方を徹底解説!

スポンサードリンク

「羽」という漢字について

字画数:6画
音読み:ウ
訓読み:は・はね・わ

「羽」の意味や由来や成り立ちと特徴

「羽」という漢字は、鳥の二枚のつばさの象形からできました。

鳥のつばさのことを意味します。「羽毛」などがその例えです。

昆虫が空を飛ぶために付いている物も羽と言います。

そして、飛ぶというイメージから派生して飛行機のつばさのことも羽と言います。

また、バドミントンのシャトルや、水車の回転体の周辺に取り付けられた金属のことも羽と言います。

1羽、2羽と鳥の数を数える時にも使われていて、前に来る言葉に応じて「わ」「ば」「ぱ」と読み方が変わります。

部首は「羽(はね)」です。

翼など「はね」に関係する漢字の部首に使われています。

「羽」という漢字を名付けに使う時に込められる思い

「羽」という漢字には、鳥の羽という意味があります。

そのため名付けに「羽」という漢字を使う時には、

「優しい子になって欲しい」
「柔らかく人を見包み込むような人になって欲しい」
「世界に翔ける人になって欲しい」「のびのびと育って欲しい」
「好きなことを見つけて自由に生きて欲しい」

という思いを込めて名付けられます。

「羽」という漢字から受ける印象

「羽」という漢字からは、柔らかい鳥の羽毛をイメージします。

優しくて柔らかそうでふわっとした印象です。

そのため、女の子の名付けでもよく使われる漢字です。

羽の印象も感じられる落ち着いた印象を与える漢字です。

読み方には「う」「は」「はね」「わ」がありますが、どれも同じくらい使われます。

「う」という響きには、ナイーブで、優しく大切にしてあげたいという印象を受けます。

「は」「はね」という響きには、さっぱりとしていて潔く美人という印象を受けます。

「わ」という響きには、優しさと落ち着きを感じられます。

組み合わせる字によって印象が変わる

「羽」という漢字は、和風な印象がありますが、組み合わせる漢字によっては古風な雰囲気にも新しい雰囲気にもすることができます。

例えば「小羽(こはね)」「音羽(おとは)」「沙羽(さわ)」といった名前は古風で落ち着いた印象があります。

一方、「愛羽(あいは)」「紅羽(くれは)」「美羽(みう)」などは海外でも伝わりやすそうな名前ですね。

また、古くから女の子の名前で使われる「はな」という名前は、「花」「華」と書くと古風ですが、「羽奈」と書くと新しい雰囲気も感じられます。

最近は一時期ブームであったキラキラネームも落ち着き始め、和を感じられる古風な名前にも人気が復活してきています。

和を感じさせながら古過ぎない「羽」という漢字はおすすめです。

「羽」を使った熟語

スポンサードリンク


羽化(うか)

昆虫がさなぎから成虫になること。

羽衣(はごろも)

天女が羽織っている空を飛べる布のこと。

羽化登仙(うかとうせん)

酒に酔い、天に昇るような心地良さを感じること。

射石飲羽(しゃせきいんう)

射石は、石を弓で射ること。

飲羽は、放った矢の羽の部分まで突き刺さるということ。

一生懸命がんばれば、どんな困難なことも乗り越えられるという意味。

積羽沈舟(せきういんしゅう)

鳥の羽ほど軽いものでも、たくさん集まれば船を沈めるほど重くなるということ。

1人ずつの力は小さくてもたくさん集まれば大きな力になるということの例え。

「羽」の説明の仕方

電話でのやり取りのときに、あなたの名前がどの漢字を使っているか聞かれることがありますよね?

そういったシーンで「羽」を説明する例を紹介します。

例えば、

A「名前は、〇〇愛羽といいます。」

と伝えると、

B「〇〇あいはさんですね。「あいは」はどういった漢字を使いますか?」

と聞かれた場合、羽の部分の説明の仕方としては、

・A「はは、羽(はね)という字です。」
・A「はは、羽毛の羽です。」
・A「はは、羽田空港の羽です。」

などが挙げられます。

いくつかパターンを持っておくと、確実に相手に伝わりますよ!

「羽」を使った名前の有名人・芸能人

板橋 美羽さん
黒木 千羽さん
鈴木 砂羽さん
濱崎 千羽さん
宮崎 羽衣さん
椋木 美羽さん
山口 美羽さん

「羽」を使った名付け候補

スポンサードリンク


愛羽(あいは)
亜美羽(あみう)
蒼羽(あおば)
愛未羽(あみう)
絢羽(あやは)
亜結羽(あゆは)
郁羽(いくは)
一羽(いちは)
愛羽(いとは)
色羽(いろは)
羽生(うい)
羽衣香(ういか)
羽季(うき)
羽杏(うきょう)
羽多(うた)
羽乃(うの)
羽生(うぶ)
羽良羅(うらら)
音羽(おとは)
叶羽(かなう)
叶羽(かなは)
紅羽(くれは)
小羽(こう)
琴羽(ことは)
小羽(こはね)
咲羽(さわ)
佐羽子(さわこ)
沙羽(さわね)
時羽(ときわ)
朋羽(ともは)
凪羽(なぎは)
新羽(にいは)
羽奈(はな)
羽香(はねか)
真羽(まう)
美羽(みう)
美羽(みはね)
実羽(みわ)
夢羽(むう)
優羽(ゆう)
友羽(ゆうは)
凛羽(りんわ)

まとめ

柔らかさと優しさを感じさせる「羽」という漢字をご紹介しました。

これから生まれてくる大切なお子さんに愛のこもった名前をつけてあげてくださいね。