妊婦はハーブティーを飲んじゃダメ?妊娠中のおすすめ・NGハーブティー

スポンサードリンク
うちハピ

妊娠中はホルモンバランスの影響で悪阻や貧血などのマイナートラブルに悩まされる妊婦さんが数多くいらっしゃいます。

妊娠中の不快な症状の緩和や安産のためにハーブティーを飲まれる方もいるでしょう。

そもそも妊娠中にハーブティーを飲んでも良いのでしょうか。

そこで、妊娠中のハーブティーについて、妊婦さんお勧めや避けた方が良いハーブティー、ハーブティーの効果と注意点をご紹介致します。

  • 妊娠中にハーブティーを飲んでもいいの?
  • ハーブティーについて
  • 妊娠中にお勧めのハーブティーと効果
  • 妊娠中に避けた方が良いハーブティーと注意点
  • ハーブティーの入れ方と飲み方

妊娠中は、体調不良でも自己判断で薬を飲むことは出来ません。

薬の力を借りずに自然なもので体調が改善できたら嬉しいですよね。

しかし、ハーブティーには、リラックスや安産効果とは逆に妊娠中に飲むと赤ちゃんに影響を及ぼす物もあります。

ハーブティーの効果や飲み方についてご紹介致します。

妊娠中にハーブティーを飲んでもいいの?

もちろん妊娠中でもハーブティーを飲むことは可能です。

ハーブティーは、カフェインレスな物が多いので妊娠中でも安心して飲むことができます。

しかし、ハーブティーにはマイナートラブルを改善する効果もありますが、子宮を収縮を促して流産や早産を引き起こす作用もあるので注意が必要です。

妊娠中にハーブティーを飲む場合は、カフェインだけでなくハーブの持つ効果をきちんと確認をしてから飲むようにして下さい。

妊娠初期は、赤ちゃんの身体が作られる大切な時期です。

お腹の赤ちゃんのためにも、妊娠初期のハーブティーはなるべく控えるよう心がけましょう。

ハーブティーについて

 

ハーブティーは身体に良いものと言われていますが、そもそもハーブティーって何なのでしょうか?

どんな魅力があるのでしょうか。

ハーブティーって何?

ハーブティーは、数千種類の薬用植物から出来ていて、様々な種類の味や香りがあります。

うちハピ

別名「西洋の漢方」とも言われ様々な効果があります。

ハーブティーの3つの魅力

ハーブティーは自然の恵みをそのまま取り入れることができます。

カフェインレス

ハーブティーのほとんどはカフェインが入っていません。妊娠中でも安心していつでも飲むことができます。

砂糖が入っていない

お砂糖が入っていないので、妊娠中でもカロリーや体重を気にせずに飲むことができます。

無添加

保存料や合成着色料、合成香料が入っていないので植物そのものの香りや色を楽しむ事ができます。

ハーブティーの効果

ハーブティーの香りが鼻から身体に入り脳に到達することで穏やかな心地となるアロマテラピー効果があります。

精神的にも身体的にも効果のあるハーブティーは、妊娠中の悪阻や浮腫み、安産効果が期待できます。

一方で妊娠中に飲んでしまうと早産や流産を引き起こす効果もあるので注意が必要です。

妊娠中にお勧めのハーブティーと効果

妊娠中にお勧めのハーブティーと効果についてご紹介致します。

ルイボスティー

スポンサードリンク


南アフリカで健康茶として飲まれているルイボスティーは、妊娠中に不足しがちな鉄や亜鉛、カルシウムを補ってくれます。

また、妊娠中はホルモンバランスの影響でイライラしたり、シミやソバカスのお肌トラブルにも悩まされます。

ルイボスティーは、美肌効果や精神安定作用もあり、更にノンカフェインなので妊娠中に打って付けの飲み物です。

タンポポ茶

タンポポの根の部分には利尿作用を促す効果があります。

妊娠中の浮腫みを改善するのに効果的です。

その他にも便秘改善や解熱効果がありますが、飲みすぎるとお腹を下してしまったり血圧を低下させる作用があるので低血圧の人には注意が必要です。

また、産後は母乳の出を良くしてくれる効果があるので授乳期にもお勧めです。

ハイビスカスティー

タンポポ茶と同様に利尿作用が高いので浮腫み改善に効果的です。

また、クエン酸が含まれているので悪阻で口の中をさっぱりとさせたい時に効果的です。

ローズヒップティー

レモンの20倍近くのビタミンCが含まれています。

免疫力が低下している妊娠中は、風邪予防としての効果が期待できます。

但し、飲みすぎるとお腹を下してしまうので注意をしながら飲む事が大切です。

ラズベリーリーフティー

陣痛を和らげる効果があり「安産ティー」として有名なラズベリーリーフティー。

母乳の出を良くしたり産後の母体の回復にも効果があります。

子宮収縮効果があるので妊娠初期から中期は飲まないようにしましょう。

妊娠後期でも臨月くらいから飲むのがお勧めです。

その他にも、冷えを解消し身体を温めてくれるジンジャーティーや悪阻の気持ち悪さを和らげてくれるペパーミントティーもお勧めです。

ジンジャーティーは飲みすぎるとお腹を壊しやすくなりますし、ペパーミントティーは産後に飲みすぎると母乳の出が悪くなると言われているので注意が必要です。

妊娠中に避けた方が良いハーブティーと注意点

ハーブの中には神経系に影響を及ぼすものがあります。

妊娠中は、下記のハーブティーは飲まないよう注意をして下さいね。

セントジョーズワートハーブティー

抗うつ作用や精神を安定させる作用があるセントジョーズワートは、妊娠中や授乳中にも避けた方が良いハーブです。

妊娠中に飲むと子宮の筋肉を緊張させる効果があり切迫流産や早産を引き起こす可能性があります。

授乳中に飲んでしまうと、母乳を通して赤ちゃんに影響を及ぼす場合もありますので注意が必要です。

ジャスミンティー

ジャスミンティーは、カフェインが含まれているハーブティーです。

カフェインはコーヒーほど入ってはいませんが注意が必要です。

コンビニやスーパーで手軽に購入できるものですが妊娠中は控えるようにしましょう。

カモミールティー

血流を良くして浮腫みを解消したり緊張をほぐす効果のあるカモミールティーですが、妊娠中は子宮を収縮する作用があります。

カフェインレスでリラックス効果があるので日頃のから愛飲している人も多いと思いますが妊娠中は避けるようにしましょう。

レモングラスティー

レモンのような香りでとても爽やかなハーブティーです。

悪阻時に効きそうなイメージですが、子宮を収縮する作用があるので妊娠時には控えるようにしましょう。

ラベンダーティー

ラベンダーは、誰もが知っているメジャーなハーブです。

リラックス効果が高く良い香りなので好きな人も多いでしょう。

しかし、女性ホルモンの分泌に影響を及ぼす可能性があるので妊娠中には注意が必要です。

その他にも多くのハーブティーには子宮収縮の効果があります。

飲む前に必ずハーブの効果を確認してから飲むようにしましょう。

ハーブティーの入れ方と飲み方

ハーブティーの入れ方

スポンサードリンク


ハーブはお湯に浸すことで成分が抽出されます。

ティーカップとティーポットは先にお湯で温めておきます。

沸騰したお湯をハーブの入ったポットへ入れ3分ほど蒸します。

茶こしを使いティーカップにゆっくりと注ぎます。

ハーブをお湯に浸しすぎると苦くなって飲みにくくなるので注意して下さいね。

ハーブティーの飲み方

お湯でハーブを浸すと香りが広がり、鼻から身体に取り入れられて脳へと届きます。

ハーブの成分が脳神経へ働きかけて、アロマテラピー効果を得られます。

また口から取り込まれた成分は消化管経由で身体に取り込まれます。血液で全身に流れ、胎盤へ送られます。

胎盤からお腹の赤ちゃんへ届くのでハーブの成分を十分に確認して下さい。

カフェインレスだからと言って大量に飲んだり長時間ダラダラと飲み続けることは避けるようにして下さいね。

まとめ

妊娠中は母体の健康やお腹の赤ちゃんのためにも食べる物や飲む物には十分に気をつける必要があります。

妊娠前からハーブティーを日常の飲み物として飲んでいた場合、カフェインレスだからと言って妊娠中に飲み続けることは危険です。

子宮を収縮する作用があるハーブティーが非常に多くあります。

いつも飲んでいる物であっても妊娠中に飲めるかどうかの確認は必ず行って下さいね。

 

うちハピ