妊婦は頭痛薬を飲んじゃダメ?〜妊娠中の市販・処方薬服用の影響と注意点

スポンサードリンク
うちハピ

妊娠中は、女性ホルモンが多く分泌をされるので頭痛に悩まされる場合があります。

ホルモンバランスの影響により、血行が悪くなり、頭痛や肩こり等を引き起こします。

頭痛の不快な痛さを無くすために妊娠中でも頭痛薬を飲んで良いのでしょうか。

そこで、今回は、妊娠中の頭痛薬の服用と注意点についてご紹介します。

・妊娠中に頭痛薬を飲んでもいいの?

・妊娠中の頭痛に飲んでも良い薬

・妊娠中の頭痛に飲んではいけない薬

・市販薬は飲んでも大丈夫?

・頭痛を改善する方法

妊娠中は、女性ホルモンが多く分泌されるため、様々なマイナートラブルが起こります。

その中1つとして「頭痛」を発症する人もいます。どんな薬を飲んで良いのか、薬に頼らない改善方法は何かを事前に調べておくと、いざという時も落ち着いて対応できますよ!

・妊娠中に頭痛薬を飲んでもいいの?

妊娠中に、頭痛がおきてしまった場合、頭痛薬を飲んでも問題ないのでしょうか。

基本的には、お腹の赤ちゃんに影響を与える危険性があるので、出来るだけ飲まない方が良いでしょう。

しかし、痛み強くて何も手につかない時は、我慢をするとストレスが増えて胎教に良くありません。

妊娠中に飲める薬もあるので、産婦人科の主治医の先生や助産師さんに相談してみて下さいね。

・妊娠中の頭痛に飲んでも良い薬

妊娠中はできるだけ薬は飲まない方がいいですが、飲んでも良い薬があるので紹介致します。

【アセトアミノフェンを主成分とする頭痛薬】

うちハピ

アセトアミノフェンを主成分とする頭痛薬は、妊娠中でも比較的安全に使用出来ますが、100%安全と証明されたものではありません。

妊娠末期に服用すると胎児や新生児に重篤な影響を与える恐れがあります。

安易に自分で判断はせず、薬が必要な際は、必ず産婦人科の主治医の先生にご相談下さい。

〈カロナールの危険性〉

病院などでよく処方される鎮痛剤の「カロナール」は、アセトアミノフェンを主成分としているお薬です。

ネズミで動物実験をした結果、おなかの仔の動脈管が収縮し「新生児遷延性肺高血圧症」という思い病気を発症したという実験報告があります。

人間のお腹の赤ちゃんに影響があったという報告がありません。しかし、赤ちゃんへの安全性が100%保証されているわけでは無いので十分な注意が必要となります。

・妊娠中の頭痛に飲んではいけない薬

頭痛薬などの鎮痛剤は、妊娠期間によって飲める薬もありますが、ここでは、全期間を通じて、妊娠中には飲んではいけない薬を紹介します。

 

成分 製品名 妊娠中の服用の可否
インドメタシン インダシン、インデバ ✖️
ジクロフェナク ボルタレン ✖️
スリンダク クリノリル ✖️
メロキシカム モービック ✖️
セレコキシブ セレコックス ✖️

 

上記の薬を妊婦さんが飲んだ結果、赤ちゃんに影響が出て重い病気を発症した報告や、死亡例、動物実験の結果でも危険性が高いと報告をされた薬になります。

妊娠中や授乳中にも飲むのは絶対に避けて下さい。

・市販薬は飲んでも大丈夫?

スポンサードリンク


頭痛薬などの鎮痛剤は、市販薬でも様々な種類がありますが、自己判断で安易に市販薬を飲むのはやめましょう。

但し、市販薬でも「アセトアミノフェン」を主成分とする鎮痛剤は、妊娠中でも比較的安全に使用はできます。

飲む時は、必ず産婦人科の主治医の先生に必ず相談するようにして下さい。また、鎮痛剤は、妊娠の期間によって使い分けが必要となりますのでご注意下さい。

 

成分 製品名 妊娠初期〜中期 妊娠後期
イブプロフェン イブA錠、ナロンエース ✖️
ロキソプロフェン ロキソニン ✖️
アスピリン バファリンA ✖️
アセトアミノフェン カロナール、タイレノールA ✖️

※妊娠中でも比較的安全に使用できますが、100%安全と証明されている訳ではありません。

上記の薬を服用の際は、必ず産婦人科の主治医の先生や薬剤師さんにご相談下さい。

・頭痛を改善する方法

妊娠中は、お腹の赤ちゃんのためにも出来るだけ薬の服用は避けたいですよね。

薬を飲まないで頭痛を改善する3つの方法を紹介します。

広がった血管を冷やす

偏頭痛は血管が広がることで痛みが生じるので、冷やしタオルや市販の熱さまシートを痛みの感じる箇所を抑えてあげると、血管が収縮して痛みが和らぎます。

部屋を暗くしてリラックス

偏頭痛の場合、光や音に敏感になり動くと痛みが増します。

部屋を暗くし、テレビは消して軽い睡眠を取りリラックスしましょう。軽い睡眠は、血管収縮を促して痛みを和らげます。

血行を良くして温める

肩こりが原因の頭痛ならば、ストレッチや入浴をして温めるようにしましょう。血行が良くなり凝りが解消されることで、痛みを和らげることができます。

まとめ

妊娠中に薬を飲む際は、赤ちゃんに影響を及ぼす危険性があります。

いつも飲んでいる薬だから大丈夫と思って飲んでしまうと大変なことになる事もあります。

飲んでしまった後に後悔しないよう、薬を選んだり飲む時は、産婦人科の主治医の先生又は薬剤師さんに必ず相談をして下さいね!

 

 

 

うちハピ