光を使った名前50選~光の意味や由来と読み方を徹底解説!

スポンサードリンク

「光」という漢字について

音読み:こう
訓読み:ひかり、ひか-る
字画数:6画

名前に使われる場合は、「あき」、「あきら」、「あり」、「かぬ」、「かね」、「さかえ」、「てる」、「ひこ」、「ひろ」、「ひろし」、「み」、「みつ」、「みつる」、「みち」の読み方で使われます。

「光」の意味や由来や成り立ちと特徴

「光」の意味については、主に6つあります。

・目に明るさを感じさせるもの
・ツヤ、かがやきがあるもの
・非常に優れて目立つ
・名誉
・けしき
・時間

「光」の漢字の成り立ちは、人が松明を持って明るく照らしている様子をあらわした会意文字です。

炎がまわりを照らし、明るくすることから「ひかり」という意味になりました。

特徴としては、小学2年生で習う常用漢字です。

読み方も多いため、男の子、女の子どちらでも名付けに使われており、人気の高い漢字です。

「光」を使った熟語

こちらでは、「光」がどのような熟語やことわざなどで使われているかを紹介していきます。

回光返照

人の意識は、外に向けられることが多いが、自分自身の内面に意識を向け、反省し修行することを言います。

また、人が亡くなる間際に一時的に元気になることや、消滅寸前に輝きや勢いを取り戻すことも意味します。

翠色冷光

冷たく感じるような月の青白い光のことを指します。

光るほど鳴らぬ

稲妻が激しく光っているわりに、音が小さいことから、口では大きなことを言ったり、やかましい人でも、怖がるほどでもないことを意味しています。

光を和らげ塵に同ず

勉学に励み、修行によって身につけた道徳心や知性を隠し、俗世間に同化し、目立たず暮すことを意味しています。

「光」の説明の仕方

電話でのやり取りの際、あなたの名前がどの漢字を使っているか聞かれることがありますよね?

そういったシーンで「光」を説明する例を紹介しておきます。

例えば、

A「名前は、○○一光といいます。」
B「○○いっこうさんですね。「いっこう」はどういった漢字を使いますか?」

と聞かれた場合、光の部分の説明の仕方としては、

A「こうは、日光のこうです。」
A「こうは、ひかりという漢字です。」

などが挙げられます。

いくつかパターンを持っておくと、説明しやすく、確実に相手に伝えられます。

「光」を使った有名人・芸能人

スポンサードリンク


内村 光良さん
伊集院 光さん
内海 光司さん
及川 光博さん
太田 光さん
桂 南光さん
堂本 光一さん
浜田 光雄さん
門田 博光さん
北山 宏光さん
堀 光昭さん
津田 光男さん
八乙女 光さん
高橋 光さん
小木 茂光さん
篠田 光亮さん
柴田 光太郎さん

「光」を使った名前候補

光(こう、ひかる、ひかり、あきら、きよし)
光登(あきと、ひろと)
光典(あきのり、ひろのり、みつのり)
光洋(あきひろ、みつひろ、こうよう)
光征(あきまさ、てるまさ)
光明(こうめい、みつあき、てるあき)
光雲(こううん)
光我(こうが)
光栄(こうえい)
光希(こうき、てるき、みつき、ひろき)
光顕(こうけん)
光弦(こうげん、みつる)
光志(こうし、ひろし)
光州(こうしゅう)
光駿(こうしゅん)
光晋(こうしん)
光寿(こうじゅ、みつとし、あきとし、ひろとし)
光佑(こうすけ)
光誠(こうせい)
光大(こうだい)
光平(こうへい)
光馬(こうま)
光耶(こうや、ひろや、みつや)
光耀(こうよう)
光彦(てるひこ、みつひこ)
光文(てるふみ、みつふみ)
光巳(てるみ)
光理(ひかり)
光隆(みつたか、てるたか)
光留(みつる)
光英(あきひで、みつひで)
瑛光(えいこう)
海光(かいこう)
克光(かつてる)
和光(かずてる、わこう)
聖光(きよみつ、きよあき、せいこう)
邦光(くにみつ、くにてる、くにあき)
謙光(けんこう)
滋光(しげみつ、しげあき)
志光(しこう、ふみてる、ふみあき、ふみひろ)
澄光(すみてる、すみあき)
拓光(たくみ)
友光(ともみつ、ともてる、ともあき、ともひろ)
春光(はるみつ、はるあき)
儀光(よしみつ、よしてる、よしあき、よしひろ)
陽光(はるみつ、はるあき、ようこう)
光史朗(こうしろう)
光次郎(こうじろう)
光太郎(こうたろう)

「光」を選ぶ親の気持ちとは?

名前は子どもに贈る最初のプレゼントです。

子どもの将来を思い浮かべて最高のプレゼントをしてあげたいですね。

名前に使う漢字それぞれには、どんな想いが込められるのでしょう。

そこで、「光」の漢字に込める親の想いについて紹介しましょう。

まわりに明るさをもたらす人に

光は、まわりを松明などの炎で明るく照らすことから、周囲の人に明るく接することができ、和やかなムードを作ってくれる心も暖かな人になることを願うこともよいでしょう。

キラキラと輝く人生になるように

光が射し、まわりがキラキラと輝くように、子どもが歩んでいく人生が、キラキラと輝き、充実したものになるようにとの願いもおすすめです。

まっすぐにのびやかに育つように

光がまっすぐに伸びて射すように、目標に向かってまっすぐに突き進み、のびのびと輝きながら成長できるようにとの想いも込めることができます。

まとめ

「光」は、周囲を照らす光の意味があり、この「光」という漢字を名前に持つ男の子は、きっとまわりの人々を朗らかにし、愛されること間違いなしでしょう。

また、組み合わせる漢字の意味も合わせて、きらりと光る素晴らしい名前を付けてあげて下さい。