妊娠後期にほてりがひどい!顔の火照りの原因と寝れない時の7つの対処法

スポンサードリンク

妊娠中は様々なマイナートラブルに悩まされる妊婦さんが少なくありません。

妊娠初期は一番ホルモンのバランスが大きく変化するので体の変化も大きく、体調を崩しやすい時期です。

安定期を迎えてほっとしたかと思えば、妊娠後期でもまた、近づいてくるお産に備えて体が準備をしていますので、体調の変化を感じやすい時・・・。

そんな妊娠後期にやたらと火照りやのぼせを感じるという方がいます。

顔が熱い、熱っぽいなどほてりからくる症状が出てきます。

妊娠後期に火照りがひどいと、夜寝付けないという困ったことになってしまう場合も。

夜きちんと睡眠がとれていないのはお腹の赤ちゃんも心配です。

今回は妊娠後期にほてって眠れない時の対処法を7つご紹介します。

  • 冷えピタなどでおでこを冷やす
  • 脇の下を冷やす
  • 首筋を冷やす
  • 氷を舐める
  • 入浴してすぐには布団に入らない
  • 寝る前はリラックス
  • 布団をかけすぎない

辛いほてり。妊娠後期のほてりはどうして起きるの?

妊娠後期の火照りはどうして起こるのでしょうか?

まず妊娠すると、ホルモンのバランスが大きく変わります。

「プロゲステロン」というホルモンは妊娠すると多く分泌されるようになるホルモンのこと。

このプロゲステロンには基礎体温をあげる働きがあるため、体がほてったように感じるのです。

また、妊娠をきっかけに自律神経に乱れが生じることがあります。

自律神経の乱れは体温を上昇させるので、ほてったように感じられるのですね。

妊娠中のほてりは顔や上半身に現れることが多いですが、一方でお腹や足などの下半身は冷えていることがあります。

妊娠中は体を冷やすのは赤ちゃんによくありません。

ほてりを感じた場合は下半身を冷やさないように、上半身だけ冷やすようにしましょう。

エアコンなどで室温を下げてしまうと下半身も冷えてしまいます。

もしエアコンで室温を下げる場合は靴下やひざ掛けなどで下半身は暖かくしておくと良いですね。

関連記事⇒妊婦はエアコンをつけちゃダメ?妊娠中のクーラー6つの注意点と胎児への影響

妊娠後期の寝れない顔の火照り、7つの対処法

妊娠後期のほてりがひどくて夜なかなか眠れない・・・。

と言う場合はどうすれば良いのでしょうか?

更に夏の熱帯夜が重なったら、居ても立ってもいられないことでしょう。

そんな火照りで寝れない時の対処法を7つご紹介します。

冷えピタなどでおでこを冷やす

熱が出た時におでこに貼ったりする冷えピタ。

とても便利ですね。

おでこや頭を冷やすことでほてってのぼせた感じが楽になります。

濡らして絞ったタオルなどでも良いでしょう。

あまりにも冷たいものは体を冷やす危険があるのでやめましょう。

脇の下を冷やす

脇の下は太い血管が通っていてリンパも流れています。

ここを冷やすことで身体中をめぐる血液が冷やされるので、熱っぽさや火照りも気にならなくなります。

やりすぎると体を冷やしてしまいますのでほどほどにしましょう。

首筋を冷やす

スポンサードリンク


首筋も脇と同じで太い血管が通っています。

ここも冷やすことでほてりの解消になります。

冷たい水に濡らして絞ったタオルや乾いたタオルにアイスノンを包んで当てても良いでしょう。

氷を舐める

ほてっている時は口の中も熱くて不快です。

氷を1個口に含みゆっくり溶かしながら食べると口の中がひんやりして気持ち良いですよ。

食べ過ぎはお腹が冷えるのでほどほどに・・・。

関連記事⇒妊婦はカキ氷を食べちゃダメ?妊娠中のかき氷4つの注意点と胎児への影響

入浴してすぐには布団に入らない

入浴のあとすぐは体温が上昇しています。

そのまま布団に入ると、熱がこもってますますほてった感じがして寝れなくなります。

布団に入る1時間前には入浴を済ませ、体温が下がり始めてからのぼせがとれるのを確認して眠るのが寝付きやすくなるコツです。

ちなみに長時間の入浴はのぼせやすくなりますのでほどほどに。

寝る前はリラックス

寝る直前にスマホを使っていたりすると、脳が日中と勘違いし興奮してすぐには寝れません。

ほてりで寝付けなくなっている時は、寝る前になるべくリラックスしてから寝るのがオススメです。

暗い部屋で瞑想するのも良いですよ。

布団をかけすぎない

妊娠中はお腹や体は冷やさないほうが良いと聞いて着込みすぎたり、布団をかけすぎたりしていませんか?

布団をたくさんかけすぎると火照りもひどくなり、寝汗をかいてしまうことで逆に寝冷えしてしまいます。

適度な服装、適度な布団で寝るようにしましょう。

妊娠後期のほてり対処法にも注意して

妊娠後期は顔や上半身を中心にほてりやすくなっています。

体が熱いと寝れなくなって困ることもありますね。

そんな時はご紹介した対処法で少しでも寝れるようにしましょう。

妊娠後期のほてりに対処するときに気をつけていただきたいのが、お腹や下半身は冷やさないということ。妊娠中はお腹や下半身の冷えは大敵です。

妊娠後期にお腹が冷えていると赤ちゃんが不快に思って逆子になる原因になったりもします。

ほてり対策には顔や頭、上半身だけ冷えるようにし、下半身は暖かくしておいてくださいね。

顔のほてりで寝れない!妊娠後期はほてりに対処しよう

妊娠後期は顔がほてって寝れないことが多くあります。

睡眠不足にならないようにほてりを対処して安眠したいものですね。

今は冷えピタなどの便利なグッズもありますので活用してほてりに対処しましょう。

ほてりを解消しようとお腹まで冷やさないように注意してください。

妊娠後期のほてりには顔や上半身を冷やして下半身は冷やさない!

覚えておいてくださいね。