妊娠後期に下腹部痛が続く!便秘の痛みとの違いや影響と4つの対処法

スポンサードリンク




妊娠後期に下腹部痛を感じる妊婦さんは意外にもいます。

妊娠後期に下腹部痛があると陣痛なのか、前駆陣痛なのか、それとも早産なのかと色々と心配になりますよね。

そこで今回は妊娠後期の下腹部痛についてお伝えします。

  • 妊娠後期の下腹部痛6つの原因
  • 便秘の特徴と便秘4つの対策
  • 妊娠後期の下腹部痛4つの対処法

妊娠後期の下腹部痛6つの原因

妊娠後期に下腹部痛があると不安や心配になってしまいます。

妊娠後期の下腹部痛にはどんな原因があるのでしょうか?

  1. 便秘
  2. 下痢
  3. お腹の張り
  4. 前駆陣痛
  5. 本陣痛
  6. 早産・切迫早産

妊娠後期の下腹部痛には便秘や下痢などの特に問題のないものから、早産や切迫早産に起こりうるトラブルによる腹痛があります。

妊娠後期は出産まであと少しなため、下腹部痛が起きると不安や心配を感じがちです。

自分の腹痛が何によるものなのかを知ることで冷静に対処できることでしょう。

便秘

便秘は悪化すると腹痛だけでなく、吐気を催すことがあります。

  • 大きくなった胎児や子宮に圧迫され腸の動きが鈍くなる
  • 妊娠中は黄体ホルモンの分泌が増え、腸の機能が低下する
  • 運動不足
  • 水分不足
  • 貧血による鉄剤やサプリメントの副作用

妊娠中には特に便秘になりやすい状態です。

日ごろから便秘にならないように意識して生活する必要があります。

下痢

下痢の時には腹痛が伴うことが多いものです。

妊娠中に下痢になると胎児への直接的な影響はありません。

ですが腸が過敏に動くことで子宮への刺激となり子宮の収縮を引き起こすことがあります。

また下痢の原因によっては注意が必要です。食中毒が原因で下痢になっている場合には、食中毒の種類によっては胎児への影響があるので速やかに受診するようにしましょう。

お腹の張り

妊娠後期では生理的にお腹が張ることが多くなります。

また胎動による刺激からもお腹が張ることもあります。

生理的なお腹の張りでは、安静にしていれば収まるものです。

前駆陣痛

妊娠後期、特に臨月など出産が近くなると、前駆陣痛が起こることがあります。

前駆陣痛は陣痛の練習のようなものです。

本陣痛とは違って、痛みが不規則におこります。

時には前駆陣痛から本陣痛に繋がることもあります。

本陣痛

陣痛でも下腹部痛があります。

本陣痛が疑われる時には、痛みの間隔を測り、規則的に起きているかを確認しましょう。

早産・切迫早産

何らかのトラブルで早産、あるいは切迫早産になっている時には下腹部痛を伴うことがあります。

  • 常位胎盤早期剥離
  • 細菌性膣炎
  • 絨毛膜羊膜炎
  • 前置胎盤

上記のようなトラブルが起きている場合、下腹部痛を伴い、切迫早産あるいは早産となることがあります。

常位胎盤早期剥離

通常、胎盤は胎児の出産後に出てくるものです。

ですが、常位胎盤早期剥離では、子宮内に胎児がいるにもかかわらず胎盤が剥がれてしまう状態をいいます。

胎盤は胎児に酸素と栄養を運ぶ重要な部分です。

胎盤が早期に剥がれてしまうと胎児への影響が多気だけでなく、出血も多いため、母子供に危険な状態になります。

基本的に、常位胎盤早期剥離では激痛と多めの出血を伴います。時には子宮内に血が留まり出血が少ないことがあります。ですが陣痛とは異なる持続的な痛みがおこります。

細菌性膣炎

細菌性膣炎では細菌によって膣が炎症を起こしている状態です。

妊娠中は免疫力が低下していること、膣の自浄作用も低下しているため細菌性膣炎になることがあります。

おりものが灰色ぽくなること、悪臭がする、膣にかゆみがあるなどの症状がでます。

妊娠後期に細菌性膣炎になると、お腹が張ること、子宮内に細菌が入ってしまうと破水や絨毛膜羊膜炎などを引き起こすこともあります。

こういったことから早産になることがあります。

絨毛羊膜炎

絨毛羊膜炎は細菌感染などによって赤ちゃんを包む脱落膜、絨毛膜、羊膜のうち、絨毛膜、羊膜が炎症を起こしている状態をいいます。

絨毛膜羊膜炎では症状がでないこともありますが通常では発熱やおりものの悪臭、下腹部痛があります。

絨毛羊膜炎では早産になることが非常に多いです。

前置胎盤

前置胎盤では胎盤が子宮口にかぶっている様に有る状態をいいます。

前置胎盤と死んだ冴えた場合には帝王切開での出産になります。

前置胎盤では妊娠経過に特に影響はありませんが、妊娠後期に入ると出血することが多く、お腹の張りなどから切迫早産、早産になる可能性が高いです。

便秘4つの特徴

スポンサードリンク


妊娠後期では、便秘になりやすいものです。

便秘とはどういった状態を言うのでしょうか?

  • 便秘による腹痛は左側下腹部が痛むことが多い
  • 普段からウンチがでない
  • ウンチがコロコロとしたウサギのフンのようなうんちだ
  • 便秘が悪化すると吐気を伴うことがある

便秘による腹痛は酷いと冷や汗がでることもあります。

便秘を解消すると腹痛が治ることがほとんどです。

妊娠後期では特に便秘になりやすいので、普段から便秘予防、改善を意識した生活を送るようにしましょう。

妊娠後期の4つの便秘対策

妊娠後期に便秘による下腹部痛がある場合にはできるだけ早めに改善するようにしましょう。

  1. 水分補給をこまめにする
  2. 食物繊維をとる
  3. ヨーグルトを食べる
  4. 必要に応じて下剤を処方してもらう

水分補給をこまめにする

妊娠中は体温が高く維持されていること、妊娠後期では羊水の増加や維持されることによって通常以上に水分が必要になります。

水分が少ないと、便が硬くなり、排出が困難にもなるため、妊娠前よりも意識して水分をとるようにしましょう。

食物繊維をとる

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。

どちらもバランスよくとることが大切です。

水溶性食物繊維には腸内で便を軟らかくする効果があります。

不水溶性食物繊維には便のカサを増すことで腸内を刺激し、便の排出を作用します。

水溶性食物繊維はバナナ、キウイ、りんご、こんやくなどに多く含まれます。

不水溶性食物繊維ではさつまいも、ごぼうなどの根菜、玄米などの雑穀などに多く含まれます。

ヨーグルトを食べる

ヨーグルトには乳酸菌が多く含まれています。

善玉菌を増やし、活性化、悪玉菌を減少させる効果があります。つまり腸内環境を整える効果があります。

ヨーグルトと一緒にバナナやプルーンなどを食べて相乗効果を狙うのもいいでしょう。

またオリゴ糖やきな粉を掛けて食べるのも便秘解消に効果があります。

必要に応じて下剤を処方してもらう

妊娠後期では便秘だとお腹が張ってしまうことがあります。

食生活を変えてもみても効果が現われない時には、掛かりつけの産婦人科医に相談しましょう。

必要に応じて妊娠中でも使用可能な下剤を処方してくれます。

妊娠後期の下腹部痛4つの対処法

妊娠後期に下腹部痛が有る場合には以下のように対処しましょう。

  1. 安静にする
  2. 痛みの間隔、痛みの強さを記録しておく
  3. 痛み以外に症状はないか確認する
  4. 必要に応じて受診する

下腹部痛はある時には、まずは安静にしましょう。

痛みの間隔や強さを記録し、前駆陣痛や陣痛ではないか確認しましょう。

また痛み以外に出血などがないか確認しましょう。

下腹部痛以外に症状がある時には、トラブルが起きていることが考えられるのでできるだけ早く受診しましょう。

まとめ

スポンサードリンク


妊娠後期では生理的にお腹が張ること多く、下腹部痛を感じることが多くなります。

また妊娠中はホルモンの作用や大きくなった胎児によって腸が圧迫されることで便秘になりやすくなります。

妊娠後期での下腹部痛が便秘によるものなのか、それ以外なのかについて自身で知ることで冷静に対応することができます。

妊娠後期の便秘は食生活に注意しできるだけ早く改善するようにしましょう。

また妊娠後期での下腹部痛は場合によっては早産や切迫早産になっていることがあります。

状況に応じて受診するようにしましょう。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です