赤ちゃんは離乳食でカニをいつから食べて大丈夫?3つのポイントと蟹レシピ

赤ちゃんはかにをいつから食べて大丈夫?与える際の3つのポイント

お正月やお祝いの席には欠かせないかに。

かには甘みやうま味が強く、そのまま食べるだけでなく炊き込みご飯や茶わん蒸しの具など、様々な料理に使えることも魅力です。

我が家でもかにが旬を迎える冬になると、ボイルされたズワイガニを食べますが、そこでふと「赤ちゃんにはいつからかにを食べさせていいのだろう」と感じたことがありました。

ちょうどそのころ、娘が5か月を過ぎ離乳食を始めた時期だったのです。

  • 赤ちゃんはかにをいつから食べられるようになる?
  • どんなことに気をつけたらいいのか
  • かにはアレルギーが心配!
  • おいしくて簡単!かにを使った離乳食レシピを知りたい!

私と同じように「かにをいつから食べさせていいのか」と迷っている人のために、赤ちゃんとかにについて詳しく紹介します。

うっかり食べさせて後悔することのないように、正しい知識を身につけておきましょう。

赤ちゃんはかにをいつから食べられる?

かには身が柔らかく、すでにボイルされているものが売られているため、「赤ちゃんでも問題なくたべられるかも!」と思う人もいるかもしれません。

しかしこれはNGです。かには甘みも強く食べやすそうですが、赤ちゃんには1歳を過ぎてから少量であれば与えることができます。

『早くても1歳』とされていますが、『3歳頃まであえて与える必要はない』という意見もあります。

その理由としては、

  • アレルギーの心配がある
  • 鮮度が落ちるスピードが速い

この2点が挙げられます。

かにはアレルギーに注意!

かにはアレルギーが出やすい食材として挙げられています。

消費者庁が発表した資料によると、かにはアレルギーの発症数が多い『特定原材料』のひとつとして扱われています。

  • 小麦
  • 落花生
  • えび
  • そば
  • かに

特定原材料の7品目のうち、かには7番目に症例が多いとされており、かにを使った食品には表示が義務付けられています。

アレルギーの症例が多いということは、アレルギー反応が出るリスクがほかの食材よりも高いということですので、赤ちゃんに与えるときには十分注意することが大切です。

(参照:消費者庁『アレルギー表示について』より

かには鮮度が落ちやすい

かににはいろいろな種類があります。

  • ズワイガニ
  • タラバガニ
  • 毛ガニ
  • 花咲ガニ
  • ワタリガニ

スーパーなどで購入できるのはこの5つくらいでしょうか。どのかにも鮮度が落ちやすいという特徴があり、鮮度が落ちたものは食中毒を引き起こすリスクが高まります。

赤ちゃんにかにを与えるときは、新鮮なものを選び、鮮度が落ちないように管理して持ち帰ることが大切です。

赤ちゃんにかにを食べさせるときの3つのポイント

スポンサードリンク


赤ちゃんにかにを食べさせるときには、どのようなことに気を付ければいいのでしょう。

ここでは安心して赤ちゃんにかにを食べさせてあげられるように、3つのポイントを紹介します。

参考にしてみてくださいね。

  1. 初めてのかには平日の午前中に与えよう
  2. かには小さくほぐして食べやすく
  3. 新鮮なものをよく加熱して

アレルギーを考慮して、かには平日の午前中に与えるのがおすすめ!

先にも紹介したように、かにはアレルギーの心配がある食材です。

初めて食べさせる食材は、かにに限らず「アレルギー症状が出たらどうしよう」と、ちょっとだけナーバスになってしまいますよね。

アレルギーが出やすいかにならなおのことです。

もしかにを食べさせたあとにアレルギー症状が出たとしても、平日の午前中なら医療機関が開いています。

すぐに診察を受けることができるので安心です。

初めてかにを食べさせるときは、一口だけ食べさせて食後1時間は体調に変化がないか見守りましょう。

もし次のような症状があらわれたら、かかりつけの小児科に相談してください。

  • 口の周りが赤くなる
  • 口の中や喉が赤くかゆがる
  • 体にじんましんや発疹が出ている
  • 鼻水や咳が出ている
  • 目の充血
  • おう吐
  • 下痢
  • 呼吸が苦しそう

また、かにを食べてアレルギーが出ると、「ほかの甲殻類でも症状が出るのでは?」という心配も出てくるでしょう。

一般的にかにやえび、たこやいかはひとくくりにされやすく、どれかひとつにアレルギー症状が起こるとほかの甲殻類でも起こる可能性はゼロではありません。

だからといって甲殻類すべてを排除することは絶対にしないようにしましょう。

かににアレルギー症状が出ても、ほかのものは何ともないというケースも珍しくありません。

赤ちゃんが食べやすいように小さくほぐして

かには身が選以上になっていて、口に入れるとほろほろとほぐれることも特徴のひとつです。

しかし赤ちゃんにとっては大きなままだと食べづらく感じてしまいます。

赤ちゃんにかにを食べさせる場合は、かにの身を丁寧にほぐして食べやすいように工夫します。

  • かに雑炊
  • かに玉
  • かにスープ
  • かに入り茶わん蒸し

など、ほぐしたかにを加えても、おいしく食べられるような調理法を選ぶことをおすすめします。

かにはしっかり加熱をしてから与えよう

スポンサードリンク


かにはすでにボイルされたものが販売されていますが、ボイルされたものでも再びしっかり加熱してから与えることが大切です。

また生のかには絶対にNGです。その理由としては、

  • 表面に細菌が付着していることがある
  • 消化器官が未熟

抵抗力がある大人には問題のない細菌でも、抵抗力の弱い赤ちゃんにとっては食中毒を起こす原因となってしまうこともあるのです。

消化器官も未熟なため、生ものは消化に時間がかかり体に負担がかかります。

生のかにが食べられるようになるのは、ボイルのかによりももっと遅い8歳頃が目安です。

私が持っている離乳食の本によると、

『実は胃や腸だけでなく、腎臓や肝臓の機能なども含めて「内臓機能」が完成するという意味で言えば、大人と同じものを食べられるのは、なんと8才ごろなのです』

『原則的には、やっとこの時期に生ものもOKに。』

と掲載されています。

(引用:Baby-mo『いつからOK?離乳食食べていいもの悪いもの』P10、P16より)

かにかまなら赤ちゃんに食べさせてもいい?

次に私が疑問に感じたのは、「かには離乳食期には向かないけどかにかまならいいの?」ということでした。

かにかまはいわゆる『かに風味かまぼこ』なので、かにの風味はするものの原料は白身のすり身です。

「柔らかいので食べられるのでは?」と思う人もいるでしょう。

詳しく調べてみると、かにかまはかにと同じく『1歳以降から少しずつ』とのことでした。

その理由としては、

  • 塩分など調味料が多く含まれる
  • 添加物が気になる

この2点です。

離乳食期の赤ちゃんに食べさせるには不向きといっていいでしょう。

かにかまも1歳を過ぎてから、調味料がわりや風味づけに少量を使うようにすることをおすすめします。

かに缶は?

かに缶の原料はズワイガニのことが多いですが、ボイルのかにに比べて塩分が多いため、かにかまと同様1歳以降から少量を調味料代わりに使うようにしましょう。

お粥や雑炊、野菜に和えるなど、風味づけに使うのがおすすめです。

サッと湯通しして塩抜きしてから使うことをおすすめします。

簡単♪おいしい!かにを使ったレシピ2選

かには赤ちゃんが離乳食を食べている時期にはあまり向かない食材ですが、1歳半を過ぎて幼児食に切り替わったころから、少しずつ取り入れてみましょう。

簡単でおいしい、かにレシピを2つ紹介します。

大人もおいしい!かに雑炊

スポンサードリンク


○材料(赤ちゃん1人分)

ごはん・・・60g

かに・・・10g

だし汁・・・100ml

○作り方

1.鍋にだし汁を入れてひと煮立ちさせます。

2.かにはサッと湯通ししてから細かくほぐしましょう。

3.鍋にごはんを入れ、ごはんが柔らかくなるまで火にかけます。

4.最後にかにを加え、弱火で2分ほど加熱したら完成です。

5.大人用も一緒に作るときは、赤ちゃんの分を取り分けたら塩を加えてください。

幼児からOK!簡単かに玉

○材料(作りやすい分量)

卵・・・2個

だし汁・・・大さじ2杯

かに・・・30g

油・・・少々

○作り方

1.ボウルに卵を割り入れ、しっかり撹拌します。

2.だし汁とかにを加えて混ぜ合わせます。

3.フライパンに油を入れ、しっかり温まってから卵を流し入れます。

4.ざっくりと混ぜながら中央に寄せるようにして形を整えます。

5.ひっくり返して1~2分加熱し、中まで火が通ったら完成です。

6.大人はしょうゆや塩など好みの調味料をかけてください。甘酢あんを作ってかけるのもおすすめです。

かにはアレルギーに気を付けながら与えよう

かにはアレルギーが出やすい食材ということで、離乳食期の赤ちゃんにはあまり向いていない食材ということがわかりました。

  • 与えるなら1歳以降に少量ずつ
  • 初めてのかには平日の午前中に
  • 食べやすいように工夫しよう

など、赤ちゃんが食べやすいように工夫し、アレルギーのことも考えながら少しずつ与えるようにしましょう。

ちなみに我が家の娘は、2歳ごろにかに缶を、4歳ごろにボイルのかにを食べました。

幸いアレルギーは出ませんでしたが、食べさせるときはアレルギーが出ないかドキドキしたことを覚えています。

子どもが興味を持ったときに食べさせる、くらいの考え方でもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です