木を使った名前15選~木の意味や由来と読み方を徹底解説!

スポンサードリンク

「木」」という漢字について

字画数:4画
音読み:ぼく、もく
訓読み:き、こ

「木」の他の読み方は?

「木」は音読みで「ぼく」や「もく」、訓読みすれば「き」や「こ」と読めますが、その他にも「しげ」や「も」と読むことができます。

名前に使用する漢字ではないと思いがちの「木」ですが、読み方が他にもあることで様々な名前に「木」を使うことができます。

ちなみに、音読みの「もく」は奈良時代以前からある古い読み方です。

そして「ぼく」は平安時代頃に正式とされた読み方。現在でも「もく」「ぼく」はどちらもよく使われている読み方なので、「木」が使われている漢字を読む際は間違えないように注意が必要でもあります。

また「木」を「こ」と読むこともありますね。

「木枯らし」や「木の葉」がそれにあたります。

これは「き」が続く発音に影響されて「こ」に変化していったのです。

「木」を使った男の名前

木壱(きいち)
木生(こう)
太木(たもく)
恒木(つねき)
杜木(とも)
陽木(はるき)
正木(まさしげ)
優木(ゆうき)
悠木(ゆうぼく)
祐木弥(ゆきや)
木依太(きいた)
木衣斗(きいと)
雅木(まさき)
泰木(たいき)
瑞木(みずき)

「木」を使った男性芸能人、有名人

西山 水木さん
山口 馬木也さん

「木」の使い方

「木」は先頭字でも止め字としても使用できる漢字のひとつです。

読み方も様々なので、与えたい印象によって「木」の使い方を変えるのもいいですね。

「木」の持つ意味

「木」は説明するまでもなく、幹のしっかりした植物の「木」を指す漢字です。

その「木」の持つ他の意味を詳しくみていきます。

「木」は生えている「木」だけを指していない

スポンサードリンク


「木」というと、生えている「木」を思い浮かべる方も多いでしょう。

道や公園など、私たちが普段暮らしている地域には、たくさんの「木」が植えられているため、間近に感じられる自然のひとつですよね。

ですが、「木」という漢字は生きている「木」だけを指していません。切り出された「木」も「木」の一部です。

「木材」という熟語があることで、おわかりいただけるのではないでしょうか。

「木」は惑星のひとつを指す

「木」は身近に生えている「木」だけを想像しがちですが、惑星のひとつにも「木」が使用されています。それが「木星」です。

「木」は惑星のひとつになるほど、神秘的で魅力的な存在ということがわかります。

ちなみに、Thursdayの訳語として「木曜日」とも言いますが、これは日本語独自の用法です。

「木」を使った熟語

「木」を使った熟語は数多く存在しています。

生きている「木」を指す熟語には、「巨木」「老木」「植木」「並木」があります。

また、切り出された「木」を表す熟語は、「木工」「木造」「枕木」「土木」が当てはまります。

また、飾り気がないという意味を指す「木訥(ぼくとつ)」という熟語もあります。

ですが現在では「木訥」ではなく「朴訥」と書くのが一般的です。

「木」の説明の仕方

「木」という漢字を人に伝えたい場合、どのように説明すればわかりやすいでしょうか。

「き」と言ってしまえばいいような気もしますが、「き」と読む漢字はたくさん存在しています。

そのため、「生えている木」などと説明するのがいいかもしれませんね。

もしくは、「木曜日の木です」と伝えると、すぐに「木」という漢字をわかってもらうことができるでしょう。

「しげ」という読み方で名前に「木」を使用している場合は、「木曜日の木でしげと読みます」と一言添えると親切です。

「木」を使用する魅力とは

「木」は、生きている「木」、切り出された「木」を指すことをお伝えしましたが、その「木」を名前に取り入れることでどのような魅力を引き出すことができるのでしょうか。

「木」を使うことで素朴さを出す

スポンサードリンク


「木」にはありのままのという意味も込められています。

そのため、「木」を名前に使うことで、素朴で自然を愛するようにと願いを込めることができます。

また、「木」を名前に入れることで、ナチュラルさを感じ取ることもできるため、男の子の名前に使用すると自然が大好きな男性というイメージもつきやすくなりますね。

「木」の与える印象

「木」を「こ」と読ませて名前に使う場合は、個性的な雰囲気を出すことができます。ありのままの自分らしさを大切にしてほしいと願いを込めることができます。

また、「こ」は若々しさ、「しげ」は度量が大きく誰のことでも受け止める印象を与えることも可能。

まとめ

「木」は自然のイメージが大きい漢字のため、自然の中でありのままの姿で生きていく男の子の印象を与えます。

アクティブに動き回る姿を想像することもできますが、男性臭さがある漢字ではなく、読み方によってはどこかかわいらしさもプラスされる魅力的な漢字です。

素朴でありのままという意味もあるため、願いを込めて名前に使うこともできましたね。

あまり名前に使うイメージがわかない「木」ではありますが、だからこそ名前に使用して、個性を光らせてあげるのもいいでしょう。