「妃」の意味や由来、読み方って?「妃」を使った女の子の名前26選

スポンサードリンク

女の子の名前に好んで使われる「妃」。

この漢字は名付けの候補に挙げる人も多い。

それくらいに人気の高さが伺える漢字です。

「妃」という漢字について

字画数:6画
音読み:はい、ひ
訓読み:きさき

名前で使う場合には、「ひめ」という響きで女の子の名前を考える人もいます。

特に「妃」という漢字には独特の響きがあります。

だからこそ、可愛い女の子の名前に最適と考えられる漢字なのです。

「妃」を使った女の子の名前

晃妃(あきひ)
温妃(あつき)
彩妃(あやき)
乙妃(おとひ)
妃衣(きい)
妃華(きか)
姫妃(きさ)
妃月(きづき)
紗妃(さき)
珠妃(たまき)
夏妃(なつき)
陽妃(はるき)
妃織(ひおり)
妃菜(ひな)
妃花(ひめか)
妃香(ひめか)
妃乃(ひめの)
真妃(まき)
美妃(みき)
優妃絵(ゆきえ)
妃奈乃(ひなの)
妃菜子(ひなこ)
千亜妃(ちあき)
紗由妃(さゆき)
瑠妃(るき)
柚妃(ゆずき)

女の子に「妃」を使う場合

天子の妻、妃の意味を現します。

皇族の女性や女神の尊称にも使われています。

とても高貴なイメージがある漢字です。

だからこそ、子供の名前に使いたくなるという親の気持ちも理解できるのです。

「妃」の付く名前の芸能人、有名人

鹿沼 憂妃さん
佐藤 千亜妃さん
水谷 妃里さん
瀬戸 早妃さん
杉野 希妃さん
井上 舞妃子さん
松本 美夕妃さん
近藤 奈保妃さん
染谷 妃波さん
藤島 妃呂子さん
磯 春妃さん
難波 美妃さん
有沢 妃呂子さん
山下 真妃さん
水井 妃佐子さん
小野 妃香里さん
盛田 幸妃さん
田中 美妃さん
臼井 由妃さん

女の子憧れの漢字

スポンサードリンク


とにかく可愛らしいイメージのある漢字。

だからこそ名前に使いたい漢字として有名です。

気高く美しいという印象のある漢字だからこそ、我が子にも!

そんな風に親は考えるものです。

また、女の子も自分が成長をした後に思うはずです。

親がつけてくれた気品のある名前を誇らしく思うわけです。

名前の漢字に負けないような育ち方をしてほしい。

親の思いはどこまでも熱いわけです。

名前を決める時に漢字を選ぶ理由

響きを先行すると、当て字のような場合になる命名方法もあります。

そんな中「妃」については漢字自体に惚れ込んで我が子の名づけには必ず使いたいと願う。

実際に多いわけです。

皇族の妻を表現すると〇〇妃と表します。

この響きに憧れを抱く。

そして漢字の持つ意味を知る。

皇族の妻という意味だけではなく、漢字自体に品がある。

この理由から名前に使いたいの願うのです。

皇族の妻たちのように、一途に夫を助ける姿を表す漢字。

我が子にもそんな風に自分をしっかりと持ち合わせた生き方をしてほしい。

親から子供へ受け継ぎたい思いが名前に込められるわけです。

「妃」を使うのはおこがましい?

よくある名前の漢字で「姫」を使う場合があります。

これは姫のように育て欲しいという願いを込めた漢字です。

逆に「妃」の場合には「姫」の場合とどう違うのでしょうか?

最近流行しているキラキラネームにも、よく使われている漢字が「妃」です。

ただ「妃」という漢字の意味を分かって付けている場合には十分な品格を感じます。

オンリーワンの名前を付けたいと考える時。

やはり「妃」と組み合わせて映える名前を考える。

この過程が親としても幸せな瞬間なのではないでしょうか。

「妃」は人の妻という意味だけではない

中には「妃」は子供の名前に相応しいかどうか・・・と悩む場合もあります。

そこは割り切って考えてみてください。

あえて皇族たちの女性に使われる漢字であることは置いておきましょう。

「妃」という漢字の持つ愛らしさや女性らしさに目を向ければ良いのです。

庶民の目から見ても「妃」はかなり高貴なイメージがあります。

それを子供の命名に使う。

なんて素晴らしいチャンスなのでしょう。

そう考えれば良いのではないでしょうか?

「妃」という漢字に魅せられる

スポンサードリンク


多くの人が「妃」という漢字には多かれ少なかれ憧れを持つものです。

だからこそ、「妃」という漢字に魅せられる人も多いのです。

自分たちが子供にその漢字を使いたいと思った瞬間に採用するのが一番です。

漢字に対して親が憧れを持つ場合には、考えることはありません。

その漢字を使って可愛い名前を考えてあげれば良いわけです。

名付けとはそのような感覚的な気持ちも大事です。

深く考えすぎると、結局は思いつかないままという事もよくあることです。

漢字の字面が美しい「妃」

雨の神様に仕える女性が両手を重ねてひざまずく姿を表現しているのです。

右側の部分は、蛇を表現しています。

何かを願い祈るような姿が「妃」という漢字から読み取れるわけです。

高貴で育ちの良さを示す漢字

女の子に生まれた瞬間。

親はその子が気品漂う大人に成長してくれることを心より願うわけです。

優美な人間になってほしいという思いから命名をする。

そのときに「妃」という漢字を使うことは全く問題ないのです。

むしろ親の熱い思いが込められることが幸せに結びつくわけです。