キウイの冷凍・冷蔵の仕方と賞味期限って?保存方法と6つのメニュー

スポンサードリンク

皮にびっしりと毛があり、真ん中を切ってスプーンで手軽に食べられるキウイ。

年中お店にあるので、手に入りやすい果物ですよね。

キウイには、ビタミンC、カリウム、食物繊維、ビタミンEなどの栄養が豊富で、健康にもいいので、積極的にとっていきましょう。

キウイには、グリーンキウイとゴールデンキウイの2種類があり。

中身が黄色いゴールデンのほうが、グリーンよりも甘みがありますし、ビタミンCとEが豊富に含まれています。

日持ちがする印象のキウイですが、正しい保存方法で保存すると、長い間みずみずしさが保ち、おいしく食べることができます。

キウイの消費期限、正しい保存方法、キウイを使ったメニューを紹介します。

キウイはどのくらい日持ちする?賞味期限は1~2週間!

キウイは果物の中では日持ちがいいフルーツです。

熟す前のキウイを買ってきて、冷蔵保存すると、長い間保存することができます。

キウイの選び方は、形が俵型のきれいな形のもの。

傷やへこみがないもの、表面の毛がびっしり生えそろっているものを選びましょう。

表面の毛が生えそろっていなかったり、柔らかいものは、熟しすぎている可能性があります。

持ったときにずっしりと重みはあるものが、新鮮でおいしいキウイです。

キウイの保存方法!

キウイは、常温で保存することもできますし、冷蔵、冷凍でも保存することができます。

いつ食べるのか、どうやって食べるのか、柔らかいものがいいのか、固いのがいいのかなど、目的や好みに合わせて保存方法は選んでください。

キウイの保存方法について紹介します。

キウイの正しい冷凍保存方法

キウイは、冷凍で保存することができます。

冷凍で保存する場合は、皮をむいて、輪切りにします。

変色を防ぐため、甘みを加えるために砂糖を振って、冷凍用の保存袋に平らに入れます。

砂糖は振らなくてもいいですが、若干変色する場合があります。

食べるときは、凍ったまま食べてもおいしいですし、ヨーグルトに入れたり、スムージーにしたり。

料理に使うときも凍ったまま使用、もしくは自然解凍してください。

キウイは冷凍で、1ヶ月の期間保存することができます。

キウイの正しい冷蔵保存方法

キウイを冷蔵で保存する場合は、ポリ袋に入れて、口を閉じ野菜室で保存します。

キウイは冷気に弱い果物なので、必ず野菜室で保存しましょう。

普通食べ物を保存するときは、冷凍保存が一番保存期間長いのですが、キウイの場合は冷蔵保存のほうが長持ちします。

丸のままで冷蔵保存することで、3ヶ月くらいはおいしく食べることができます。

早くキウイを熟させたいときは、エチレンガスをだすりんごと一緒に袋にいれて、野菜室で保存しましょう。

エチレンガスは果物を成熟させる効果があるので、キウイが早く成熟します。

キウイを冷やして食べたい方は、食べる2~3時間前に、冷蔵室に移して食べてください。

その他の方法

スポンサードリンク


キウイは、常温でも保存することができます。

まだ熟していなくて、早く食べたいときは常温においておくといいでしょう。

キウイは常温で4~5日持ちます。

ワンポイントアドバイス

キウイを購入するとき、手で軽く押して熟しているかどうかを確認する方が多いと思いますが、その押したへこみからキウイが傷んでくる可能性があります。

キウイの柔らかさを確認するときは、横向きの腹を押すのではなく、キウイを縦に持って上下を軽く押して、弾力があるかどうか確かめてください。

たてに押して、ややへこむ程度なら、おいしく食べられます。

冷凍しておいたキウイを使った4つのメニュー

冷凍したキウイは、凍ったまま使います。

冷凍したキウイを使った、おすすめメニューを紹介します。

【材料】

冷凍くし切りにしたキウイ 1個分
無糖ヨーグルト 400g
牛乳 50cc
砂糖 40g
粉ゼラチン 5g
水 50cc

① ヨーグルトは、混ぜて滑らかにしておきます。

② 耐熱容器に、牛乳と砂糖を入れて、レンジで50秒程度加熱します。

③ 水にゼラチンを溶かして、レンジで30秒加熱、②を加え混ぜ合わせます。

④ ヨーグルトを少しずつ流しいれ混ぜ、容器に移し冷蔵庫で2時間冷やします。

⑤ 冷凍のキウイは、常温において、適当な大きさに切ります。

⑥ キウイを袋に入れて、手でもみつぶします。

⑦ 固まったヨーグルトに、キウイをかけて出来上がりです。

キウイのスムージー

朝ごはんにぴったりの、果物が多く入ったスムージーです。

【材料】

冷凍キウイ 1個
バナナ 1本
牛乳 100ml
プレーンヨーグルト 70ml
蜂蜜 大さじ1

① 材料をすべてミキサーに入れて、スイッチを押すだけ。

キウイは凍ったまま入れてもいいですし、自然解凍したものを入れ手もいいですね。

ミキサーによっては、凍ったものを入れてはいけない場合もありますので確認してください。

フルーツサンド

朝食にもおやつにもぴったりなフルーツサンド。

キウイのほかにも色々な果物で食べてみてください。

【材料】

生クリーム 200ml
砂糖 20g
食パン 8枚きり
バナナ 2~3本
輪切り冷凍キウイ 2個

① 生クリームをボウルに入れて、砂糖を加えて、ハンドミキサー、もしくは手でホイップします。

② パンの耳を切り落とします。

バナナはパンより、小さめの長さに切ります。

キウイは自然解凍しておきます。

③ パンに生クリームを塗って、バナナを並べます。

上に生クリームをかぶせ、パンではさみラップにつつんで落ち着かせます。

④ パンに生クリームを塗ってキウイを2つ縦に並べ、生クリームを上に乗せパンではさみます。

こちらもラップで包み落ち着かせます。

⑤ 冷蔵庫で冷やして休め、食べるときに半分に切って出来上がり。

フルーツビネガー

スポンサードリンク


飲みやすくて健康にもよいフルーツビネガー。

炭酸水や水で割って飲みます。

砂糖を抑えると、ドレッシングにも使えます。

【材料】

冷凍した輪切りのキウイ 300g
酢(米酢またはりんご酢)300cc
氷砂糖 200g~250g

① 熱湯消毒した清潔な容器に、材料をすべて入れます。

② 冷暗所で1週間ほど保存します。

1日1回混ぜるようにしましょう。

③ 1週間したら冷蔵庫に入れます。

フルーツは取り出して食べてもいいですね。

体にもお肌にもいいフルーツビネガー、色々なフルーツで作ってみてくださいね。

キウイの作り置きメニュー

便利なキウイの作り置きメニュー。

冷蔵庫で何日か保存できるメニューです。

キウイドレッシング

フルーツサラダ、サラダにおすすめのキウイドレッシング。

爽やかなドレッシングです。

【材料】

キウイ 1個

★ オリーブオイル 大さじ1
★ 酢 大さじ2
★ 塩 1g
★ こしょう 少々

① キウイの皮をむいて、すりおろします。

② ★とキウイのすりおろしを混ぜ合わせます。

キウイのジャム

爽やかなジャムをトーストやヨーグルトにぴったり。

ジャムは作り置きとして最適ですね。

【材料】

キウイ 5個
砂糖 キウイの重さの3割
レモン 1切

① キウイの皮をむき、6等分にします。

② 真ん中の白い部分は、包丁で取り除きます。

③ キウイをみじん切りにします。

④ キウイの重さを量り、3割の砂糖を用意します。

⑤ 鍋にキウイと、砂糖を入れて、弱火で煮込みます。

⑥ 水気がなくなるまで煮詰めます。

⑦ 最後にレモン汁を入れて、火を止めます。

⑧ 清潔な瓶を用意して、熱いうちにつめ、冷めるまでさかさまにします。

保存は冷蔵庫で。

白い部分をとると鮮やかできれいな、キウイジャムになります。

まとめ

スポンサードリンク


キウイは長持ちする果物で栄養も豊富なので、常に常備しておきたい果物です。

特に冷凍で保存するよりも、冷蔵で保存するほうが、長期間保存できるのが、ほかの果物にはない大きな特徴です。

冷気には弱いので、冷蔵するときは必ず野菜室に入れてくださいね。

そのまま食べてもおいしいですし、アイスやスムージーなどに入れてもおいしいキウイ。

ジャムを作って作り置きするのも、おすすめ。

正しい保存方法で、おいしいキウイを食べてくださいね。