妊娠後期に辛い3つのこと~妊娠後期の辛い時期を旦那と乗り切る3つの方法

スポンサードリンク

妊娠後期になり出産も間近となると、妊婦さんは辛い事が増えてきます。

目に見えないこれからの生活に対する不安はもちろん、体の不快症状なども増えてくるので妊娠自体が嫌になってしまう事も少なくはありません。

こんな辛い時期はどのように乗り切るべきなのでしょうか?

  • ストレスや不安でとても辛い
  • 体のあちこちに不快な症状が!
  • 体がきつくて家事が辛い

今回は妊娠後期の辛い事をまとめてみました。

各項目にパパに実践してほしい方法もご紹介しています。

妊婦さんの辛い時期には、パパの協力が必要不可欠です。

是非ご夫婦で参考になさって下さいね♪

精神的不安から情緒不安定に

妊娠初期はホルモンバランスの乱れから、情緒不安定になってしまう妊婦さんがとても多いです。

しかし、妊娠後期になると大きなお腹の影響で、思い通りに体が動かない事が増えてきます。

その事が原因でストレスがたまったり、これからの将来の不安や心配が重なると情緒不安定になってしまいがち。

情緒不安定な時は少しの事が喧嘩の原因に

普段ならこれくらいの事でイラッとしないのに・・・。

と感じている妊婦さんも多いですよね。

それだけ妊娠中の心と体はデリケートなのです。

しかしパパからしてみれば、「そんな事言われても俺だって仕事で疲れてるのに・・・」と言いたくなってしまいますよね。

しかし、よく考えてみてください。

ママは二人の子どもをお腹で頑張って育ててくれているのです。

そんな時にパパにできる事は、ママの不安を少しでも和らげてあげる事。

パパもイラッとする事や、戸惑ってしまう事があるかもしれませんが、それだけママは大変なんだ。不安なんだ。と理解してあげましょう。

黙って話を聞いてあげたり、こまめに連絡を取りママを安心させてあげる事がとても大切です。

体の不快症状が増える!

妊娠する事で、妊婦さんの体には様々な変化が起こります。

ホルモンバランスの乱れはもちろん、どんどんお腹が大きくなる事で頻尿や腰の痛みなど体にも多くの負担がかかってくるのです。

普段の生活をするのも一苦労。

パパはそんなママの気持ちをしっかりと理解してあげましょう。

頻尿になる

これは膀胱と子宮の位置関係により起こる事です。

膀胱は子宮の前に位置しているので、お腹の赤ちゃんが成長していくにつれ子宮が大きくなり膀胱が刺激されやすくなります。

膀胱の許容量が少なくなってしまうので、トイレが近くなってしまいがち。

腰痛や肩こり

腰痛は多くの妊婦さんに見られるトラブルです。

ホルモンの影響で骨盤が緩んでくるので、腰や背中への負担が大きくなってしまいます。

また、お腹が大きくなる事で、体の重心が前に移動してしまいがち。

そうなる事で腰の筋肉に負担がかかってしまう事も考えられます。

肩こりは、乳腺が発達し乳房が大きくなる事で起こりやすいです。

肩への負担が大きくなり、ひどい時には頭痛を招く事も。

パパはマッサージを!

スポンサードリンク


ママの肩こりや腰痛を感じた時には、黙ってマッサージをしてあげましょう。

仕事を頑張っているパパには、なかなか自分からマッサージをして!とは言いづらいものです。

ママはマッサージをしてもらう事で、体がほぐれるのはもちろんですし、きちんと私のことを見てくれているんだ。と安心できます。

何よりも自分の事を考えてくれているという気持ちが嬉しいのです。

家事が辛くなる

お腹が大きくなり、体が思うように動かなくなると家事がどんどん辛くなってきます。

これまで当たり前のようにママがしてくれていた事でも分担をしたり、少しでもママの負担を減らしてあげる事が大切です。

お腹が大きくなる事で不便になる事

体が重くなってくるので物を持ち上げたり、運んだりという動作は特に辛いです。

あとは、前かがみの姿勢になることも大変。

特に手伝ってもらえて嬉しいのは、ゴミ捨てや買い物、浴室の掃除などです。

えっ?そんな程度の事なの?と思うパパも多いかもしれませんが、これらの家事は妊婦さんにとってはとても辛い事なのです。

特にゴミ捨ては前かがみになってゴミをまとめ、重たいゴミをゴミ捨て場まで運ぶ。

この動作はお腹の大きな妊婦さんにとってはとても大変。

浴室の掃除も、狭い浴室を前かがみになって掃除をするのは妊婦さんにとっては一苦労なのです。

やってあげてる感を出さずにスマートに!

これはとても重要です。

「俺、手伝ってるよ!」といった感じを出されると、感謝したいのになんだか嫌な気分になってしまうママも多いでしょう。

まず何をすれば良いのかわからないというパパは、ゴミ捨てを手伝う事から初めてみると良いかもしれません。

出勤のついでに、ゴミを出す。ただこれだけです。

これだけでママは大助かり。

その他にも、普段からママが辛そうにしている時には、さりげなく手伝うようにすると喜んでもらえる事間違いなしです。

是非今日から実践してみてくださいね。

まとめ

ママが快適な妊娠生活を送るには、パパの協力が必要不可欠です。

パパも毎日の仕事で疲れているかもしれませんが、お腹で二人の赤ちゃんを育てるママの事をきちんと考えてあげましょう。

上手に家事ができなくても、パパがママの事を思って行動をしていればママは喜んでくれますよ。

辛い妊娠後期ですが、二人で上手に乗り越えていきましょう!