妊娠後期足の付け根が痛い!ピキーンと激痛が走る原因と3つの対処法

スポンサードリンク
うちハピ

妊娠後期になるとマイナートラブルを体感する妊婦さんが多くなります。

妊婦さんによってマイナートラブルは異なりますが、マイナートラブルはない方が良いに決まっていますね。

今回は妊娠後期の足の付け根の痛みについてお伝えします。

  • 妊娠後期の足の付け根が痛む3つの原因
  • 妊娠後期の足の付け根の痛み3つの対処法

妊娠後期のマイナートラブルの1つに足の付け根が痛むことがあります。

妊娠後期では多くのマイナートラブルがあります。

できればマイナートラブルは早めに解消して快適に過ごしていきたいですよね。

妊娠後期の足の付け根が痛む3つの原因

妊娠後期には足の付け根が痛むようになります。

ではどんな原因から足の付け根が痛むようになるのでしょうか?

  1. 反りかえった姿勢が多くなるため
  2. 大きくなった胎児に圧迫されるため
  3. ホルモンの分泌により関節が緩むため

反りかえった姿勢が多くなるため

妊娠中期ごろから妊娠後期では胎児の成長が著しく、お腹のふくらみはかなり大きくなります。

すると重心が変化するため、バランスを取ろうと反りかえったような姿勢が多くなります。

この反りかえった姿勢は妊婦さん自身では気づいていないことが多いため、パートナーや鏡でチェックするようにしましょう。

大きくなった胎児に圧迫されるため

胎児が大きくなると関節が圧迫されます。

さらに臨月に入り、出産が近くなると胎児は下へと移動するため、より痛みが増加することがあります。

ホルモンの分泌により関節が緩むため

また出産が近付くとリラキシンというホルモンの分泌が増えます。

うちハピ

リラキシンは関節や靱帯を緩める働きがあります。関節や靱帯が緩まるため、痛みがでることがあるのです。

妊娠後期の足の付け根の痛み3つの対処法

足の付け根の痛みを感じる時には以下のような方法を取り入れてみましょう。

  • 骨盤ベルトの着用
  • 姿勢に注意する
  • マタニティー整体を利用する

骨盤ベルトの着用で骨盤を締めることでお腹が下がる事による痛みや、関節の緩みにより痛みを緩和することができます。

産前、産後の両方使用できる骨盤ベルトがあります。

痛みがある時には取り入れてみるのが良いでしょう。

妊娠後期では反りかえった姿勢が多くなります。

できるだけまっすぐ立つこと、座る時にはあぐらにするなど、身体の歪みを悪化しないように姿勢に注意しましょう。

マタニティー整体で、身体の歪みを整えることで痛みが緩和できます。

お腹に負担が無いように施術してくれるので痛みが気になるときに活用してみるのもいいでしょう。

妊娠後期のマイナートラブル

妊娠後期には、足の付け根が痛むこと以外にも、多くのマイナートラブルが起こることがあります。

  • 足の付け根が痛む
  • 恥骨が痛む
  • 腰痛
  • 動悸・息切れ
  • 貧血
  • 便秘
  • 後期つわり

現時点で症状がなくても、お腹が大きくなるにつれて次第に症状が現れる可能性もあるので、妊娠後期にはこんなマイナートラブルがあるんだ程度に覚えておくと良いでしょう。

恥骨が痛む

スポンサードリンク


妊娠後期、出産が近くになるにつれ、恥骨部分が痛むようになる人がいます。

胎児が下に下がるため、出産に向けて恥骨部分が緩むようになるために、痛みが起こるようです。

腰痛

お腹が大きくなると重心が変わるため、反りかえったような姿勢を取ることが多くなります。

また胎児に圧迫されるために、腰痛が起こるようになります。

動悸・息切れ

妊娠後期では体内の血液量が最大量に達します。

血液量が多くなるとそれだけ多くの血液を体に循環させるために、心臓の負担を大きくなります。

したがって動悸や息切れが起こりやすくなってしまうのです。また貧血だと動悸や息切れの原因になることもあります。

貧血

妊娠中は血液量が増えるため、貧血になりやすくなります。

鉄分を意識して摂取するようにしましょう。

また貧血がひどい時には掛かりつけの産婦人科で鉄剤を処方してもらったり、サプリメントを活用したりしましょう。

便秘

妊娠後期では、胎児に腸が圧迫されて動きが鈍くなること、ホルモンの分泌から腸の機能が低下するために、便秘になる妊婦さんが多くいます。

水分補給と食物繊維を意識して摂るようしましょう。

またヨーグルトやオリゴ糖など腸内環境を整える効果をもつ食材も意識して摂るようにしましょう。

後期つわり

妊娠後期では大きくなった胎児に胃が圧迫されて、胸やけや胃痛などを起こすことがあります。

これを後期つわりと呼びます。

後期つわりでは、食後すぐに横にならない、1回に食べる量を減らし、食事回数を増やすようにするのがいいでしょう。

また食事は消化に良いものを選び、揚げ物や味の濃いものは避けるのが良いでしょう。

まとめ

妊娠後期では妊婦さんの中には足の付け根に痛みを感じることがあります。

大きくなった胎児に圧迫されることや、分泌されるホルモンの作用から関節や靱帯が緩むために痛みを感じることがあります。

痛みの強弱は人それぞれですが、中には激痛で歩けない妊婦さんもいます。

痛みがひどい時には横になり、身体を休めるようにしましょう。

必要に応じて、骨盤ベルトやマタニティー整体を取り入れるようにしましょう。

また普段からの姿勢にも注意しましょう。

あまりにも痛みがひどい時は掛かりつけの産婦人科に相談してみましょう。

うちハピ