妊娠超初期は空腹で気持ち悪い?空腹の原因と7つのおすすめメニュー

スポンサードリンク




妊娠超初期は空腹で気持ち悪い?空腹の原因と7つのおすすめメニュー

妊娠超初期の症状のひとつに空腹で気持ち悪くなる、いわゆる「食べづわり」があります。

つわりというと気持ち悪くて食べ物を受け付けない「吐きづわり」を思い出す方が多いのでは。

そこで今回は、妊娠超初期の空腹で気持ち悪くなる原因や7つのおすすめメニュー、対策方法をご紹介します。

今回のポイントは下記の5つです。

  • 妊娠超初期におこる空腹で気持ち悪くなる症状って何?
  • 妊娠超初期に空腹になりやすくなる4つの原因
  • 空腹を感じたらどうしたらいいの?7つのおすすめメニューと対策
  • 食べづわりで注意することは
  • 空腹はいつまで続くの?

空腹になると気持ち悪くなってしまうので、食べることが多くなります。

お砂糖の多く入ったものや甘いものは太ってしまうので注意が必要です。

食べづわりに食べても良いものや食べ方もご紹介しますので参考にしてみて下さいね。

妊娠超初期におこる空腹で気持ち悪くなる症状って何?

妊娠超初期に空腹で気持ち悪くなる症状がありますが、この症状こそがつわりです。

「つわり」というと、気持ち悪くて何も食べれなくなったり、食べ物の匂いを嗅いだだけで気持ち悪くなってしまう症状を思い出されると思います。

しかし、お腹が空いて気持ち悪くなってしまう「食べづわり」という症状もあるのです。

空腹になると胸焼けしたり胃がムカムカして気持ち悪くなるので、常に食べ続けてしまいます。

甘いものやカロリーの高いものは体重が増えてしまったり、自分の身体なのにうまくコントロールできずにイライラしてしまうことも。

妊娠超初期であってもママの身体は、お腹の赤ちゃんを育てるための準備が始まっているのです。

つわりは肉体的にも精神的にも辛いですが、自分の身体と上手に向き合っていきましょう。

妊娠超初期に空腹になりやすくなる4つの原因

妊娠超初期にお腹が空腹になると、どうして気持ち悪くなってしまう「食べづわり」がおこるのでしょうか。

実はまだ、つわりが起こる原因は医学的に解明されていません。

考えられる4つの原因を紹介します。

①女性ホルモンの分泌

妊娠超初期は、女性ホルモンが多く分泌されます。

中でも、子宮内に受精卵が着床すると分泌始める「hCG」というホルモンが影響していると言われています。

hCGホルモンは、妊娠を維持するための黄体ホルモンの分泌を促すメリットもありますが、胃がムカムカしたり胸焼けの症状を引き起こすデメリットもあります。

②お腹の赤ちゃんに栄養を送るため

妊娠超初期は、まだ妊娠が成立したばかりです。

しかし、ママの身体は赤ちゃんを育てるための準備が始まっています。

お腹の赤ちゃんも早期に臓器が作られますので妊娠超初期と初期は、ママと赤ちゃんにとってとても重要な時期。

お腹の赤ちゃんに栄養を届けようとママの身体はたくさんの栄養を摂取したくなり空腹を感じやすくなると言われています。

③自律神経の乱れ

スポンサードリンク


妊娠すると急激にママの身体は変化し、精神的にも負担が生じるため自律神経が乱れやすくなってしまいます。

自立神経は、交感神経と副交感神経で成り立っていますが、目覚めている時に優位になる交感神経が勝り甘いものを欲したりする場合があります。

④低血糖

妊娠超初期は、胎盤を作ったり赤ちゃんに栄養を届けるための準備期間。

血液量を増やすためエネルギーをたくさん消費します。

するとお腹が空き低血糖状態に。

低血糖になると吐き気や頭痛の症状が見られ、血糖値を上げるため甘いものや炭水化物を欲するようになるのです。

空腹を感じたらどうしたらいいの?7つのおすすめメニューと対策

妊娠超初期に空腹を感じたらどうすればいいのでしょうか。

お腹が空いたら食べるを続けていると体重の増加の危険も。

まずは、食事の量を少なめに低カロリーな物を数回に分けて食べるようにしましょう。

また、よく噛むと満腹中枢が刺激され満足感を得られますよ。

妊娠超初期の7つのおすすめメニューを紹介します。

①ガムや飴

噛むと満腹中枢が刺激されるのでよく噛むガムはおすすめです。

また妊娠中は栄養が赤ちゃん優先になるため、ママは虫歯になりやすいと言われます。

キシリトールガムだと虫歯予防もできて一石二鳥。

食事の前に飴をなめると血糖値の急な上昇を抑えたり、外出時や仕事中に空腹を感じた時に手軽に食べれますよ。

しかし、飴はお砂糖が多く含まれているので低カロリーなものを選んだり、個数を制限して食べるようにして下さいね。

②スルメや昆布

するめや昆布は、よく噛んで食べると味が出て美味しく食べれます。

よく噛むことで脳の満腹中枢が刺激され空腹時の満腹感を得られますし、低カロリーなので妊娠超初期におすすめ。

しかし、おつまみ用のスルメや昆布は塩分が多く含まれているので、なるべく塩分の入っていない物を心がけて下さいね。

③ドライフルーツやナッツ

ドライフルーツとナッツには、カルシウムや鉄分のミネラルが豊富。

食物繊維や抗酸化物質がギュッと凝縮された健康にも美容にもよい食べ物です。

しかし、ドライフルーツはお砂糖がたくさん含まれているので食べすぎには要注意。

ナッツもスルメや昆布と同様塩分の含まれていないタイプを選んで下さいね。

④バナナやリンゴのフレッシュなフルーツ

バナナは血圧を下げるカリウムが含まれていたり、1本で満足感を得られるうえ手でむける手軽なフルーツです。

りんごは胃酸の調子を整えてくれたり、身体を冷やさないフルーツなので妊娠超初期におすすめ。

フルーツは糖分が多くカロリーが高めなものもあるので気をつけて食べるようにしましょう。

フレッシュな果実が口の中をさっぱりとさせてきれますよ。

⑤小さな玄米おにぎりと味噌汁

スポンサードリンク


玄米は白いご飯よりも低カロリーなうえ栄養価もとても高いのでおすすめ。

おにぎりにして食べると食べやすいですが、しっかりと噛まないとお腹を壊してしまうこともあるので注意しましょう。

味噌汁は具沢山にすると満腹感が得られますよ。

しかし、味噌汁は塩分が多く含まれているので1日1杯で十分です。

⑥豆腐サラダ

良質で高タンパクなお豆腐はカロリーも控えめなので、妊娠超初期におすすめの食品。

お野菜と合わせてサラダにするとさっぱりとして食べやすいです。

妊娠中は口の中も不快になることが多いのでお豆腐は口あたりも良くさっぱりとさせてくれますよ。

⑦一口サイズのサンドウィッチ

炭水化物のパンお腹が満たされますし、一口サイズのサンドイッチであれば食べやすい上に食べすぎることもありませんね。

サンドイッチの具は、ハムやチーズ、野菜サンドがおすすめ。

食べづわりで注意することは

空腹になると気持ち悪くなってしまう食べづわりは、食べることで症状が改善されます。

しかし、ずっと食べ続けていては体重も増えてしまいますし、カロリーや塩分、糖分も摂りすぎてしまうことも。

食べづわりを抑えるため、四六時中食べる生活を続けていると体重が増えるだけでなく妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群を引き起こすことも。

病気になってしまうと難産や食事管理が必要な生活になってしまう恐れがあります。

食べすぎはもちろんですが、食べる物にも十分に注意して下さいね。

また、食べた後はしっかりと歯を磨くようにしてください。

妊娠をすると優先的に赤ちゃんに栄養が送られるため、ママは虫歯になりやすくなります。

虫歯になってしまうと妊娠中は薬に制限が出てしまうのですぐに治療できないことも。

虫歯にならないよう、日頃からしっかりとケアをして下さいね。

空腹はいつまで続くの?

妊娠超初期から始まった空腹は、安定期である5ヶ月くらいまで続くと言われています。

しかし、人によっては出産の直前まであったと言う人も。

期間の長さに違いはありますが、いずれは終わりのあるもの。

赤ちゃんを出産するまでは、自分の身体と向き合いましょう。

まとめ

スポンサードリンク


妊娠超初期の空腹で気持ち悪くなる症状は、ほとんどが一時的でおさまります。

しばらくの間は、肉体的にも精神的にも辛いかもしれませんが、いずれは終わりのあるもの。

かわいい我が子ためのママの試練と思って頑張って乗り越えましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です