「恭」の意味や由来、読み方って?「恭」を使った男の子・女の子の名前33選

スポンサードリンク

芸能人や有名人の名前に良くみられる漢字。

「恭」にはそのようなイメージがあります。

お子さんの名付けの場面でも昔も今も「恭」は選ばれる文字も一つでもあるのです。

「恭」には日本人らしい古風な由来が込められているからです。

「恭」という漢字について

字画数:10画
音読み:きょう
訓読み:つつ(しむ)

音読みの「きょう」という響きで名前に使う場合が多い。

それでも「恭」は名乗りの使うときには、読み方を工夫する場合も多いのです。

男の子には、「やすし」「すけ」という読み方をする場合もあります。

「恭」を使った男の子の名前

恭(やすし)
有恭(うきょう)
一恭(かずよし)
恭我(きょうが)
悠恭(はるゆき)
恭治(きょうじ)
恭佑(きょうすけ)
恭平(きょうへい)
佐恭(さきょう)
恭史(たかし)
隆恭(たかやす)
則恭(のりやす)
英恭(ひでやす)
雅恭(まさちか)
正恭(まさのり)
峰恭(みねよし)
元恭(もとゆき)
恭記(やすき)
恭斗(やすと)
康恭(やすゆき)
勇恭(ゆうすけ)
恭彦(ゆきひこ)
恭哉(ゆきや)
恭士郎(きょうしろう)
恭太郎(きょうたろう)

「きょう」という響きに惹かれて

男の子の名前に「恭」を使う。

読み方次第で名付けの範囲は広がります。

圧倒的に多いのは「きょう」という響きの名前を付けたいという親御さんの希望です。

日本的で男の子らしい名前を付けるとき。

昔も今も「恭」は好まれる漢字の一つです。

「恭」を使った女の子の名前

恭花(きょうか)
恭子(きょうこ)
恭怜(すみれ)
恭江(たかえ)
恭葉(やすは)
恭奈(ゆきな)
恭実(ゆきみ)
恭美(よしみ)

読み方によって変わる雰囲気

女の子の名前で「きょうこ」さんというのは、とても凛とした美人を想像します。

同じ「恭」を使う名前でも「やす」「ゆき」という読み方をすることで、雰囲気も変わるものです。

全体的に女の子の「恭」には独特な世界観があるのです。

「恭」を使った有名人・芸能人の名前

スポンサードリンク


安陪 恭加さん
池田 恭祐さん
郡司 恭子さん
竹下 恭平さん
中村 恭平さん
飯塚 恭平さん
飯田 恭平さん
村中 恭兵さん
淵本 恭子さん
金子 恭平さん
岡崎 恭裕さん
大西 恭平さん
三村 恭代さん
立田 恭三さん
堀 恭子さん
森田 恭平さん
深田 恭子さん
山形 恭平さん
柴田 恭平さん
麻生 恭子さん
黒川 恭祐さん
若林 正恭さん
岩崎 恭子さん
阪口 恭平さん
神取 恭子さん
齋藤 恭央さん
内田 恭子さん
西野 恭之介さん
奈良井 恭子さん
河口 恭吾さん
小林 恭子さん
本田 恭子さん
永池 恭男さん
佐々木 恭子さん
高柳 恭子さん
青山 恭子さん
秋山 恭子さん
鶴野 恭子さん
木村 恭子さん
氷上 恭子さん
佐藤 恭彦さん
加藤 恭子さん
竹澤 恭子さん
藤本 恭子さん
本田 恭之さん
叶 恭子さん
椎野 恭一さん
宇佐元 恭一さん
片山 恭一さん
高見 恭子さん
愛染 恭子さん
北見 恭子さん
岩本 恭生さん

名前に「恭」を使う意味とは?

「恭」には神様を拝むときの心を現す。

そのような意味が込められているのです。

慎む、うやうやしいという意味にも使える漢字です。

礼儀正しく奥ゆかしい雰囲気を称える漢字としても、有名です。

日常的にはお目にかからない漢字

名前にしか使わない漢字というものは世の中には多くある。

「恭」という漢字もその一つです。

そもそも字面がやや複雑です。

それでも漢字のアリたちにはきちんとした意味が詰まっているのです。

「恭」という漢字が目に留まるのは、「恭賀新年」という年賀状の文字です。

そもそも、慎み深いという意味がある漢字です。

「恭」の漢字としての意味

謙虚さということを示す漢字でもあります。

世の中をこれから渡ろうとしている子供には、礼儀正しくいてほしい。

控えめで他人を押しのけるような真似をしてほしくない。

そんな親の気持ちはいつの時代もかわりません。

そこで「恭」という漢字に思いを込めるのです。

自分の立場をわきまえる人間に

平成の世の中になるにつれて自分主義の人が増えています。

そんな時代の流れに流されない冷静さを持ってほしい。

「恭」という漢字にはそもそも、誠実さを示す意味が込められているのです。

基本的に慎重に且つ注意深く世の中を渡れる人間になること。

それも「恭」という漢字が持つ意味でもあるのです。

「恭」という漢字を分解してみると

まず漢字の上部にあるものは「共」という文字です。

これは両手を添えるといるという意味や、「とも」にという意味があるのです。

そして漢字の下部分には「心」という文字が見えています。

これは肝心なこと。

そういう意味です。

つまり心臓という意味を持つのです。

物事をしっかりと見つめる千里眼

スポンサードリンク


これからの人生において、何事も円滑に丸く進められる人。

そんな人格者に育ってほしい。

そんな願いを親は寄せるものです。

そして何をするときにも人の「心」を大事にすることができる人。

まさに理想的な人間を目指しているような漢字です。

それでも親というものは、漢字に込められた意味をきちんと捉えるものです。

名付けとは、漢字をただ充てるだけではなりません。

特に「恭」という漢字の持つ丁寧さや謙虚さに惹かれる場合がほとんどです。

丁寧で慎み深い成長を願う

「恭」は性別を問わず名付けの場合には好まれる漢字です。

穏やかさと瀬功差を持ち合わせている漢字です。

名前としては選びたい漢字の一つにも挙げられます。