赤ちゃんの離乳食でマッシュポテトはいつから食べて大丈夫?注意点とおすすめレシピ

スポンサードリンク




年中手に入りやすく、食卓に上ることも多いじゃがいも。

用途も色々で柔らかくなりやすいので、離乳食にも使いやすい食材ですね。

そんなじゃがいも料理の中でも、ペースト状でクリーミーなマッシュポテト。

柔らくて赤ちゃんも食べやすそうですが、実際はどうなのでしょうか?

そこで今回はマッシュポテトについて。

記事のポイントは3つです。

・赤ちゃんはマッシュポテトをいつから食べて大丈夫?
・赤ちゃんがマッシュポテトを食べるときの注意点
・赤ちゃんにおすすめのマッシュポテトを使ったレシピ

それでは解説していきます。

参考にしてみてください。

赤ちゃんはマッシュポテトをいつから食べて大丈夫?

じゃがいも自体は離乳食初期から取り入れることができる野菜なので、混ぜる材料を選べばマッシュポテトも離乳食初期から食べられます。

さらに、じゃがいもは炭水化物を多く含んでいるので主食に置き換えることができ、米やうどんからは摂れないビタミンCも摂ることができるのです。

主食として栄養も摂れて、食べやすいマッシュポテトは離乳食向きのメニューだと言えます。

赤ちゃんがマッシュポテトを食べるときの3つの注意点

赤ちゃんが安心しておいしくマッシュポテトを食べるために、気をつけてほしいポイントが3つあります。

それでは1つずつ見ていきましょう。

離乳食の進み具合に合わせ、混ぜる材料を変えていく

一般的なマッシュポテトは、すりつぶしたじゃがいもに牛乳やバター、スパイスなどを混ぜ合わせて作られています。

この混ぜ合わせる材料によってさまざまなアレンジができるのですが、その中にはスパイスやクリーム類など離乳食には不向きな食材もあります。

調理済みのものや外食時に与える場合は、混ぜられている食材にも注意しましょう。

最初は、すりつぶしたじゃがいもを湯やミルクでのばしたものが良いでしょう。

じゃがいもの皮や芽はしっかり取り除く

じゃがいもの表面には所々くぼみがありますよね。

このくぼみには小さな芽があり、時間が経つとと芽が大きくなってきます。

この芽の部分を多量に摂取すると、食中毒様の症状やめまい、呼吸困難なども引き起こす可能性があります。

これは、ソラニンなどの毒によるもので、緑色に変色してきた皮の部分にも同じことがいえるのです。

体の機能が未熟で小さな赤ちゃんにとっては、わずかな毒も体の負担になってしまいます。

どのじゃがいも料理の場合でも、調理するときは皮を厚めにむき、芽の部分を取り除くようにしましょう。

購入後すぐに使わない場合は、暗くて涼しいところで保管すると発芽や変色を防ぐことができます。

じゃがいものアクを抜いておく

スポンサードリンク


どの食材でも、アクが強いと苦みやえぐみが出てしまいます。

クリーミーなマッシュポテトにするには、アクはできるだけ取っておきましょう。

切ったじゃがいもを、全体が水に入るようたっぷりの水に浸して10分程度置いておくだけです。

長く浸しすぎると、ビタミンも流れ出てしまうので気をつけましょう。

赤ちゃんにおすすめのマッシュポテトを使ったレシピ

ここで、離乳食段階に合わせたマッシュポテトを使ったレシピを紹介します!

離乳食初期

マッシュポテト

材料

・じゃがいも       適量
・調整したミルクまたは水 適量

作り方

①じゃがいもの芽と皮を取り、小さめに切って10分程水に浸す

②柔らかくなるまで茹でる

③裏ごし器かすり鉢ですりつぶす

④調整したミルクまたは水を少しずつ加え、食べやすい硬さに伸ばして完成

これが、赤ちゃん用マッシュポテトの基本形です。

これをもとにして、離乳食の進み具合やレシピに合わせ、硬さや調味料などをアレンジしてみてください。

離乳食中期

ポテトグラタン

材料

・マッシュポテト  50g
・にんじん     10g
・玉ねぎ      10g
・鮭ほぐし身    小さじ1
・水        大さじ4
・粉ミルク     2さじ
・片栗粉      小さじ1
・粉チーズ     お好みで

作り方

①にんじん、玉ねぎを細かく刻み、柔らかく茹でる

②鮭は茹でて、皮や骨を取り除く

③マッシュポテトと①②を混ぜて耐熱の器に入れる

④小鍋で水を温めて粉ミルクを溶かす

⑤④に水で溶いた片栗粉を入れてとろみをつける

⑥③に⑤と粉チーズをかけ、オーブントースターなどで焦げ目をつけたら完成

離乳食後期以降

スポンサードリンク


野菜たっぷりおやき

材料

・マッシュポテト              50g
・好みの野菜(作り置き野菜スープでも可)   大さじ2~3程度
・片栗粉                  大さじ1

作り方

①好みの野菜を細かく刻み、柔らかくなるまで茹でる

②マッシュポテトに片栗粉、①を混ぜ合わせる

(味をつけたしたい場合は、ここで顆粒コンソメや粉チーズなども一緒に混ぜ込む)

③食べやすい大きさに成型し、フライパンで両面焼き目をつけたら完成

マッシュポテトを使ったレシピは、調味料などを付け足せば、そのまま大人用のおかずにもなるものがたくさんあります。

マッシュポテトの状態にすると冷凍保存もできるので、作り置きにも便利です!

まとめ

マッシュポテトは、混ぜる材料を赤ちゃんに合わせれば、離乳食初期から食べることができます。

市販品などでは、スパイスやクリーム類など離乳食には不向きな食材が含まれていることもあります。

手作り品以外を与える場合は、混ぜられている食材にも注意しましょう。

じゃがいも調理時には、皮や芽をしっかり取り除くことでソラニン等の影響を防ぎ、アク抜きでえぐみなどを取り除くようにしましょう。

取り分けメニューに最適なマッシュポテト。

ぜひ試してみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です