赤ちゃんの離乳食でメロンパンをいつから食べて大丈夫?4つの注意点とおすすめレシピ

スポンサードリンク




赤ちゃんはメロンパンをいつから食べて大丈夫?4つの注意点とおすすめレシピ

『メロンパン』を知らない人はいないのではないでしょうか?

昔からパン屋さんやスーパーなどで売られているメロンパンは、おじいちゃんおばあちゃんから小さな子供まで人気のパンのひとつです。

メロンと名前がついているのに、材料はメロンを使用していないというのは知っていましたか?

ではなぜ、メロンと名前がついているのでしょうか。

そして、赤ちゃんはいつからメロンパンを食べていいのでしょうか。

この記事では、メロンパンについて詳しくご紹介するとともに、離乳食への使用の仕方についてもお伝えします。

ポイントは6つです。

  • メロンパンってどんな食べ物?
  • メロンパンの栄養価
  • 赤ちゃんはメロンパンをいつから食べてもいい?
  • メロンパンを食べさせる時の4つの注意点
  • 離乳食時期別おやつの目安カロリー
  • 離乳食時期別オススメレシピ

最後まで記事を読んでいただければ、メロンパンを食べたくなるかも?

ぜひ、参考にしてくださいね。

メロンパンってどんな食べ物?

甘いビスケット生地のパンで、表面にメロンのような筋がついているのが特徴のパンです。

形や模様がメロンに似ているので、この名前がつけられましたが、その多くが原材料に『メロン』を使用していません。

ですが、最近では『メロン』を使った生地で作ったりと、本当の意味での『メロンパン』も出回るようになっています。

メロンパンの栄養価

タンパク質、脂質、炭水化物、ナトリウムが豊富です。

タンパク質は、筋肉や臓器の構成に必要な栄養素です。

脂質はエネルギー源になります。

炭水化物は脳を活性化さえる働きがあります。

ナトリウムは、体液量の調節、神経機能を正常に維持する効果、筋肉の動きを正常に保つ働きがあります。

赤ちゃんはメロンパンをいつから食べてもいい?

パクパク期(1歳~1歳半)から食べさせても大丈夫です。

食べさせる量は、市販のメロンパンの場合は、5分の1個までとしましょう。

手作りでもおやつとして与えるなら20gを目安に。

主食として食べさせるときは、80g~90gまでにしましょう。

メロンパンを食べさせる時の4つの注意点

①アレルギーに注意が必要です!

スポンサードリンク


メロンパンには『小麦粉』や『卵』『牛乳』が使用されています。

これらは特にアレルギーになりやすいので注意が必要な製品とされています。

メロンパンを初めて食べさせるときは、注意深く子供の様子を見守る必要があるでしょう。

まずはスプーン一杯から。

アレルギー症状が出ていないかを見ながら量を増やすようにしてください。

メロンパンでアレルギーになるとしたら『口腔アレルギー症候群』です。

このアレルギーはマフィンを食べたあと、口の周辺や舌などが赤く腫れ、時には身体に発疹がでたりします。

そのほかに代表的な症状としまして、目の充血や痒み、鼻水や身体の発疹などが現れましたら、アレルギーを疑いましょう。

重篤な症状になると、呼吸困難などになってしまうこともあるのでくれぐれも注意してください。

たとえ呼吸困難などの症状がなく緊急性が低くても、アレルギー反応が出た場合は、かかりつけの小児科を受診するようにしましょう。

②食べさせ過ぎに注意が必要です。

メロンパンは砂糖やバターなどが多く使用されているので糖分や脂肪分が高めで、食べさせ過ぎには注意が必要です。

甘くて美味しいので、赤ちゃんが『もっとちょうだい』とおねだりするかもしれませんが、カロリーの摂りすぎは肥満などのリスクがあります。

それに加え、虫歯の心配もあるので、食べたあとはお茶などを飲むようにしたほうがいいでしょう。

③窒息に注意しましょう。

メロンパンは水分が少なく、赤ちゃんが食べるときに喉に詰まらせてしまう心配があります。

その結果、喉に詰まってしまい窒息を起こし、脳症などの深刻な事態になってしまう場合があるので注意が必要です。

そんな悲しい事故が起こらないよう、食べ始めたころは小さくちぎって与えるようにし、お茶を傍に用意をしておきましょう。

メロンパンを食べ終わるまで、必ず大人が咀嚼の様子を見守ってあげてください。

④ヤケドに注意しましょう。

メロンパンを自宅で作るときは、赤ちゃんがヤケドしないよう注意が必要です。

手を伸ばせる距離に出来上がったばかりのメロンパンをおかないように徹底し、食べさせるときは充分冷ましてから与えるようにしましょう。

赤ちゃんは大人よりも肌が弱いのでヤケドをしやすくなっています。

必ず食べさせてあげる大人が温度を確認してください。

離乳食時期別おやつの目安カロリー

モグモグ期(7、8か月)

基本は不要です。

赤ちゃん用のおせんべいなど、手づかみ食べの練習をする程度に。

誤飲の危険があるので、おせんべいを食べているときは、赤ちゃんの様子を見守っていてください。

カミカミ期(9~11か月)

1日1回、10か15時ごろに与えるのがオススメです。

カロリーは50~60を目安に。

赤ちゃん向けのクラッカーやおせんべい、果物などと水分(麦茶や湯冷まし)が理想です。

パクパク期(1歳~1歳半)

1日1回、15時ごろに与えるのがオススメです。

カロリーは65を目安に。

赤ちゃん向けのクラッカーやおせんべい、果物などと水分(麦茶や湯冷まし、牛乳)が理想です。

離乳食完了後(1歳半~2歳まで)

スポンサードリンク


1日2回、10時と15時ごろに与えるのがオススメです。

カロリーは2回合わせて140を目安に。

食事で補いきれない栄養素を取り入れたおやつにしましょう。

野菜を細かく刻んで入れたパンケーキや蒸しパンなどがオススメです。

不足しがちな鉄分やミネラルを中心に食べさせると◎。

※主なミネラル源・鉄分→かぼちゃ、にんじん、ドライフルーツ、寒天、海苔、ひじき、果実類

離乳食時期別オススメレシピ

パクパク期(1歳~1歳半)

かぼちゃのヘルシーメロンパン

材料:ホットケーキミックス100g、豆腐75g、かぼちゃ25g、砂糖少々、オリーブオイル少々

↓作り方↓

①かぼちゃをレンジで加熱した後、種をとってフォークの背などで潰します。

②かぼちゃが滑らかになったら、ボウルにかぼちゃと豆腐、ホットケーキミックスを混ぜ合わせます。

③オーブンを180℃に予熱開始しましょう。

④オリーブオイルを塗った手で手頃な大きさに生地を気持ち平らにして丸めていきます。

⑤砂糖を全体にふりかけます。

⑥フォークや包丁の背を使って、生地にメロンパン風の筋を入れていきましょう。

⑦クッキングシートを敷き、生地を乗せていきます。

⑧180℃に予熱しておいたオーブンに入れて、15~20分ほど焼いてできあがりです。※焼き時間は様子を見て調節してください。

※生地がうまくまとまらない場合は、豆腐やかぼちゃ、ホットケーキミックスの量を加減しましょう。

メロンパンは家族で一緒に食べるのがオススメです。

赤ちゃんのおやつとして食べさせる量は5分の1程度なので、残ったメロンパンの扱い方に困ってしまいがちです。

赤ちゃんは私たちが想像するよりもずっと記憶力がいいので、「まだメロンパンはある」と食べながら記憶しています。

もっと食べたいと泣いたりしないよう、ママやパパ、周囲の大人も一緒にメロンパンをおやつとして食べることがオススメです。

もちろん、主食としてみんなで食べてもオッケー。

カロリーの摂りすぎを防ぎながら、一緒にご飯やおやつを食べる楽しみを経験させてあげましょう。

食べ過ぎに注意しながら、美味しいメロンパンをお子様と共に楽しんでくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です