妊婦はミロを飲んじゃダメ?妊娠中のmiloの効果と影響と3つの注意点

スポンサードリンク

妊娠中はお腹の赤ちゃんのためにも、たくさんの栄養素をバランスよくとることが大事です。

とは言ってもつわり中やお腹の大きい時期に、バランスの良い食事を毎日作るのはなかなか大変ですよね。

そんな時は、栄養補給型のドリンクの力を借り流ことで、無理せず簡単にたくさんの栄養素を摂ることができます。

「ミロ」という飲み物をご存知でしょうか?

ミロとは牛乳と混ぜて飲む、粉タイプの栄養補助飲料です。

子供の飲み物のイメージが強いミロですが、その栄養素は妊婦さんにもオススメできるものです。

ミロに含まれる栄養素は大きくわけて3つあります。

・カルシウム
・鉄分
・ビタミンD

どれも妊娠中に不足しがちで必要な栄養素です。

妊婦もミロを飲めば手軽に栄養補給ができますね。

しかし、妊婦がミロを飲む場合は注意点が3つあります。

・飲みすぎない
・冷たくしない
・朝飲むのが良い

この3つの注意点を守って、ミロで簡単に妊娠中の栄養補給をしましょう。

妊婦に必要な栄養満点のミロ!

ミロといえば成長期の子供向けに販売されている飲料です。

しかしその栄養素は妊婦にとっても嬉しい効果のあるものばかり。

ミロにはどんな栄養素が含まれているのでしょうか。

・カルシウム

ミロにはカルシウムが豊富に含まれています。

ミロを牛乳に溶かして飲むことで得られるカルシウムの量は、1日に摂取するカルシウム量の実に55.7%もあります。

カルシウムはお腹の赤ちゃんの骨などの形成や、妊婦さん自身の骨や歯を健康に保つためにも、たくさん摂ったほうが良い栄養素です。

妊娠中はどうしてもお腹の赤ちゃんに栄養素を回してしまうので、妊婦自体は栄養が不足しがちです。

そのまま放っておくと歯がもろくなったり、骨がスカスカになったりと、後悔してしまいます。

妊娠中や授乳中は特に、多くのカルシウムが失われます。

私も妊娠中から授乳中にかけて、ものすごく歯が弱くなり虫歯がすごく増えてしまいました。

お腹の赤ちゃんや母乳にカルシウムを取られてしまっていたからですね。

カルシウムをしっかりとっておかないと、足りない分のカルシウムは妊婦の骨や歯から溶け出して、お腹の赤ちゃんに回されます。

つまり妊婦自身がボロボロになってしまうのです。

そうならないように妊娠中はしっかりとカルシウムを摂ることが大事です。

・鉄分

ミロから摂取される鉄分の量は、1日の鉄分摂取量の43%。

ほぼ半日分の量が1杯のミロで摂取できてしまうのですね。

鉄分は赤血球を作るのに必要な栄養素ですが、現代の食生活ではなかなか摂取しづらい栄養素です。

しかし、妊婦には必要不可欠な栄養素なのでしっかり摂りたいですね。

妊婦健診では貧血の検査も行います。

妊婦が貧血状態だとお腹の赤ちゃんにもよくありませんし、もし妊婦が貧血だった場合、出産までには改善しておく必要があるからです。

出産時に妊婦が貧血状態ですと、出産時の出血に耐えられないことが考えられます。

出産時には大量に出血しますので体の血液が失われます。

貧血状態で大量に出血するとショック状態に陥ったり、最悪の場合出血多量で死亡することも。

妊娠中には鉄分をしっかりと摂取して貧血を予防することが大事です。

・ビタミンD

ミロには1日に摂取するべきビタミンDが43.2%が含まれています。

ミロにはカルシウムも豊富に含まれていますが、実はカルシウムは吸収されにくい栄養素なんです。

せっかく摂取したカルシウムも吸収されるのは40%程度。

残りの60%は排泄されてしまうのです。

もったいないですよね。

ビタミンDはそんなカルシウムの吸収を助ける役割があります。

吸収されにくいカルシウムですが、ビタミンDと一緒に摂取することで吸収されやすくなります。

カルシウムを摂取するなら一緒にビタミンDを摂ると、効率的に体内に吸収されるのでオススメです。

ミロにはカルシウムもビタミンDも豊富に含まれているので妊婦さんに最適な飲料と言えますね。

関連記事⇒妊婦にビタミンは必要?目安の摂取量や食品、摂取方法など5つの注意点

妊婦に嬉しいミロ。でも注意点を守って飲もう

ミロには妊婦に嬉しい栄養素がたくさん含まれています。

妊婦でも毎朝ミロを飲めば健康間違いなしですね。

しかし、妊婦がミロを飲む場合は3つの注意点があります。

1.飲み過ぎない

スポンサードリンク


ミロにはわずかですがカフェインが入っています。

少しの量なので心配ありませんが、飲みすぎるとカフェインの摂りすぎになってしまいます。

妊娠中はカフェインは控えたほうが良いのでミロも飲みすぎないように注意しましょう。

ミロの公式ホームページ上の質問では、妊婦のミロを飲む量について「1日1杯程度」という回答がありますので、その量を守るようにしましょう。

2.冷たくしない

夏にミロを飲むときは冷たい牛乳に氷も入れてキンキンに冷えたものが美味しく感じます。

しかし妊娠中に冷えは大敵です。

冷えが原因でお腹のハリが出ることもあります。

妊娠中にミロを飲む場合は、ホットで飲むのがオススメです。

温めた牛乳にミロを溶かして飲めば体もあったまり、お腹の赤ちゃんも喜びますよ。

3.朝飲むのが良い

ミロは朝一で飲むことでもっとも効率的に栄養素を摂れるとされています。

朝ごはんの時に温かいミロを一緒に飲めば、1日に必要な鉄分やカルシウムの半分は摂れますね。

関連記事⇒妊婦はプロテインを飲んじゃダメ?妊娠中のプロテインの影響と2つの注意点

まとめ

市販の粉末タイプの飲料は、なんだか体に悪いイメージがあるという人もいるでしょう。

しかし、ミロには妊娠中に必要不可欠な栄養素が多く含まれています。

手軽かつ効率的に栄養素を摂れるミロは妊婦にもオススメできます。

・飲みすぎない
・冷たくしない
・朝飲むのが良い

以上3つの注意点を守って、妊娠中の栄養補給にミロを役立ててみてくださいね。