授乳中は麦茶を飲んでも大丈夫?母乳や赤ちゃんへの影響と2つの注意点やおすすめ飲み方

スポンサードリンク
うちハピ

授乳中は麦茶を飲んでも大丈夫?母乳や赤ちゃんへの影響と2つの注意点やおすすめ飲み方

授乳中の女性は食べ物はもちろん、飲み物にも気をつかうもの。

その最大の理由はカフェイン。

麦茶はカフェイン・ゼロ飲料なので安心して飲めます。

でも、実は注意点が2つあります。

この記事では

・授乳中でも麦茶を飲んでOKな理由(カフェインなし、手軽で安価、水分補給に最適)
・飲む時の2つの注意点(栄養価ゼロ&冷たい麦茶はNG)
・おすすめの飲み方は丸粒麦茶のお湯だし

この3点を紹介しています。では、詳しくみてみましょう。

授乳中でも麦茶を飲んでOKな理由

授乳中は、母乳の量や質が気になるもの。

食べ物・飲み物に注意し、乳腺が詰まったり母乳の出が悪くなるのを防ごうとします。

麦茶はそんな心配なし!

ゴクゴク飲んでも大丈夫な理由は次の3つです。

カフェイン、タンニン、アレルギー物質が含まれていない

麦茶の最大の特徴は、カフェインやタンニンが含まれていないこと!

カフェインやタンニンは渋みや苦味の成分で、特有の風味を生み出してくれます。

しかし、赤ちゃんの体には負担になる成分。

授乳中はできるだけ避けたいもの。

麦茶にはカフェインもタンニンも含まれていないので、授乳中でも安心!

さらに、麦茶の原料は大麦。食物アレルギー症状を引き起こす主な食品に含まれていません。

麦茶は誰でも飲める体に優しい飲み物です。

麦茶は、ノンカフェイン、ノンカロリー、ノンシュガーで、かつ、保存料、甘味料等の添加物は通常は含まれていませんので、赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲める自然飲料です。

(引用元:全国麦茶工業共同組合

ただし、ペットボトルで売られている一部には、飲みやすさや嗜好性を高めるために「混合茶」にしている商品があります。

緑茶やウーロン茶が混ぜられていると、カフェイン・ゼロではありません。

購入するときに「麦茶かどうか」必ず確認してください。

手軽で安価に飲める

麦茶はとても安価です。

うちハピ

<参考商品>健康ミネラル麦茶ティーバッグ16袋/伊藤園

水出し・お湯だしOKのティーバッグ(16袋入り)で260円(税別)

コストパフォーマンスが良くなければ、飲み続けることはできません。

飲み方も、

・水にティーバッグを入れて1~2時間待つ
・沸騰させたお湯にティーバッグを入れて10~15分ほど待つ
・やかんなどで、10~15分煮出す

こうした方法があります。気分や好みで飲み方を変えられます。

他にも、水やお湯に溶かして飲む粉末状の麦茶(1杯分ずつパックした商品)やペットボトルの商品など、形態も多種多様!

ライフスタイルに合ったものを安価に買えるので、麦茶は赤ちゃんの世話で忙しい授乳中の女性に嬉しい飲み物です。

水分補給に最適

授乳中の女性は母乳を出す分、水分が多く必要です。

通常時よりも水分を沢山摂るには、飽きずに飲み続けられる飲み物が欠かせません。

麦茶は、クセがなく、余計なカロリーや塩分ゼロで、ほんのり味がある。

こうした特徴があって、水分補給に最適です。

麦茶を飲む時の2つの注意点

スポンサードリンク


体にもサイフにも嬉しい麦茶ですが、授乳中の女性は次の2点に注意しましょう。

栄養価はほぼゼロ

麦茶は飲みやすいのですが、それは栄養価がほとんどゼロだから。

甘味や旨味の元になる炭水化物や脂質が含まれていないのです。

余分な糖分や塩分を摂らない安心感は「栄養源にならない」ということ。

なお、一部「ミネラル豊富!」と言われている商品があります。

これはリンやマンガン、ナトリウムをほんの少しプラスしているもの。

確かにプラスされていますが、1日に成人が摂取したい量と比較すると微々たる量。

麦茶でミネラル分をしっかり摂れる訳ではありません。

栄養素は食事でしっかり摂りましょう。

冷たい麦茶はNG

特に注意したいのは夏!

暑い夏は、ついつい、キンキンに冷えた飲み物を飲みたくなります。

ただし、冷たい飲み物は内臓を直接冷やしてしまうもの。

内臓が冷えると胃腸の消化・吸収能力が低下。

さらに、体が冷えると血行が悪くなって、母乳の出る量が減ってしまいます。

夏も常温より冷たい麦茶は極力避け、できるだけ温かい麦茶を飲むようにしましょう。

おすすめの飲み方は「丸粒麦茶のお湯だし」

麦茶といえば、ペットボトルやティーバッグを思い浮かべるでしょう。

それも手軽で便利ですが、おすすめしたいのは丸粒麦茶!

柔らかな甘味と豊かな香りが気持ちを解してくれます。麦茶の香りが楽しめますよ。

作り方は簡単!

スーパーのお茶コーナーで売られている丸粒麦茶を買い、沸騰させたお湯に入れるだけ。

お茶がビールくらいの濃さになればOK。

グツグツ煮出す必要なし。水出しより早く麦茶ができ、優しい香りを楽しみながら飲めます。

ぜひ、試してみてください。

まとめ

麦茶はカフェイン、タンニン、アレルギー物質の心配がない飲み物です。

安価で、手軽に飲める、クセがなくて飲みやすい特徴があります。

ただし、栄養価はゼロ。

また、冷たい麦茶は体を冷やし、母乳の出を悪くします。

おすすめの飲み方は、丸粒麦茶のお湯だし!

温かい麦茶でしっかり水分補給して、おいしい母乳を出しましょう。

うちハピ