妊娠中に姑にムカついたことを70人の先輩ママにインタビュー♪

スポンサードリンク
うちハピ

何かと文句や自分の意見を言いたがる姑。

もちろん良い意見や行動もあれば、明らかにおかしな事をする姑もいますよね・・・(‘_’)

今回はそんな姑にされて嫌だったことをまとめました!

反面教師にして、先に旦那から注意をしてもらうのも良いかもしれませんね。なかなか言ってくれない旦那もいますが・・・( ;´Д`)

参考にしてください♪

もう離婚していますが、妊娠中夫とトラブルがあって早々に里帰りをしていました。

自分の夫に原因が合って合わせる顔がないせいか、音沙汰がなかったのですが出産直前に入院している産院に電話をかけてきて出産費用を勝手に支払おうとしていました。

それで全ての事をチャラにしようとしていたんだと思いますが、先に私が加入している社会保険で手続きを済ませていたので事なきをえました。

何も相談なしに支払おうとしていたことに正直不快感をおぼえました。

初めての出産が近づいてきて、体調も不安定な中、何とか家事をしていた時です。

「様子を見に来た」と家に来た姑に対して家事を手伝ってくれる事を期待したところ「何この汚い部屋」という姑の一言がありました。

しんどい中何とかがんばっていただけあり、ムカつきました。

始めて病院へ検診に行く日、心配だからと強引に着いてきました。

初診なので問診票を書いたのですが覗き込んで内容を見られました。

別にやましいことなどありませんが、初潮の年齢など個人的な内容なので少しは遠慮しろ!とムカつきました。

私が妊娠したのは30代半ば過ぎで、確かに若くはありませんでした。

でも明らかに高齢者妊婦扱いと考えていたようで、「私は若い時に産んだけど、あなたは若くないのだから気を付けなさい」と言われました。

思いついたままを言ったのかもしれませんが、この言葉は生涯忘れられないほどムカつきました。

妊娠初期の頃。私より1年ほど早くに出産した義妹とともに義母が田舎から出産準備品をそろえるお手伝いに行きたいと言い出し・・・。

田舎から先輩面で来られるだけでもウンザリなのによく聞けば義妹の赤ちゃんが水疱瘡と判明。

かさぶたが出来てきたからもう大丈夫と言われてムカつきました!単に旅行したいだけかと思いました。

初めての妊娠がわかったとき姑に報告したら初孫ということもあり、かなり舞い上がってしまったようで、毎日のようにあれこれベビー用品を買ってきては「これ買ってきたの!絶対必要だから!」とうちへ置いていくようになりました。

正直いらないものもあったし、全く自重してくれない様子に正直腹が立ちました。

立会いたいと言われ、絶対遠慮したかったので、病院の都合で1人しか立会いできないと断ったら、じゃあ私がと言われ、私の気持ちをまるで無視でとてもムカつきましたし、悲しかったです。

実際には夫が立会いましたが不満そうな態度で、せっかく健康に生まれたのに、モヤっとしました。

姑は結構子離れしていないタイプの人で、夫と会うと常に「可愛い可愛い」と人です。

先日も私たち夫婦と姑とで会った時に「あら○○ちゃん、痩せたんじゃない?ちゃんとご飯食べさせてもらってないのね」という発言がありました。

その後、「妊婦であっても家事ぐらいできるでしょ?」といういやみったらしい言葉を言われてむかつきました。

初めての妊娠で、たくさん気を遣って頂いていたからなのですが、毎日のように家にきて掃除をしてくれていました。

しかし、その掃除の度に細かなチェックが入り、悪気はないのかもしれないのですが、小言を言われるようになりました。

そこで、やんわりと来て頂くのをお断りすると、やってあげているのにと言われるようになり、うんざりでした。

妊娠中に姑にムカッときた 私の旦那さんは長男です、それで、初孫でもある子供を妊娠したのですが、まず、「毎朝10時頃に電話をかけてきます。」

それで、会話の内容はと言えば、「ご近所さんの愚痴や悪口!」なぜ、ムカッっとくるのか。

それは、結婚して初めて姑さんと出会たので、知らないご近所さんの人の事を話されても、私には意味不明です。

そして、朝の10時頃~しっかり1時間、この会話で時間を取られます。

それでも、私は「うんうん」とあいづちをうって聞いていましたが内心は「飽き飽き」でした。

妊娠後期にはいり、産後は家の掃除もろくにできないと思ったのであちこちキレイに掃除をしていました。

玄関に始まり本当に大きなおなかを抱えてふぅふぅいいながらあちこちピカピカにしたのに、お見舞いにきてくれた姑がなぜか、思いつきで我が家で散髪しました。

毛をちらかしていき腹がたちました。

妊娠中期に入り体調が安定してきた頃、しばらく出かけられないからと家族で温泉旅行に行くことに。

泉質や他の方たちの目線もきになるため温泉に入るのは控えたのですが「なぜ入らないのか」しつこくて。

誰が楽しくて姑と一緒に温泉なんて入らなくてはいけないのかとむかつきました。

妊娠中に、頼んでもいないのに妊婦健診についてきたのですが、その時に先生にあれこれ聞いたり横から口を出してきたり、もっと食べないから赤ちゃんが小さめだと言い出したことです。

私は何も言わなかったけど心の中ではすごくムカついてました。

食べ過ぎたほうが今は良くないと言われてる時代なのに、と思ったものです。

私は2度流産の経験があることから、3回目に妊娠してもきちんと出産できるか不安がありました。

そのため赤ちゃんを迎える準備品も妊娠後期から徐々に揃えていくつもりだったのですが初期の段階で姑からミルクやらオムツ、下着などがじゃんじゃん送られてきて、かえって情緒不安定になりました。もう少し気を使ってほしいものです。

初めての妊娠中です。妊娠報告をしたときには泣いて喜んでくれました。

しかし、安定期に入り性別が女の子とわかると不服そうな顔をされました。

跡取りが欲しいのかもしれませんが、あからさまに顔に出されると腹が立ちます。

2人目を妊娠中に2つ上の子を大変だろうと週末になるとお姑さんが預かってくれました。

その度にお泊まりの支度をして車で送迎しました。

長引けば妊婦の私が運転して迎えに行きました。

下手すると風邪をこじらせ病院に行く事もありました。

週末は主人がいるので手はあるのですが実家からの「可愛いから連れてきて」の要望に主人は断ってくれませんでした。

2〜3日可愛がるだけで疲れてくれば「迎えに来て」と電話が入り、躾けはしないし、病気にさせるお姑さんに頭にきました。

自分の母は、マタニティグッツや、戌の日の安産祈願、子供のものを何かと買ってくれましたが、姑は何もありません。

何もしてもらってないのなら、私も老後など何もするつもりはなく、なるべく無関心でいようと思っています。

2人目の出産の時、私が入院中の上の子守りと家事の為に手伝いに来てくれる事になったのはありがたいと思いましたが、私が入院する前に、舅と2人で来ました。

家に来て第一声が、「今日の夕食は何❓用意してくれるんでしょ。」でした。

驚き呆れた私は何も言えず、慌てて、主人が、私には家事をさせないと言ってました。

主人が出勤した後、姑と舅と一緒にいるのはかなり苦痛で、出産予定日を過ぎても陣痛が来ず、上の子も、義両親にはなつかず、本当に最悪でした。

同居している姑からは、妊娠していても事務の仕事ならできるだろうと、いわれてしまって、いやいや派遣の仕事を妊娠9カ月までやっていました。

うちハピ

毎日帰宅して姑の顔を見るとむかついていました。

姑はお勤めをしたことがありませんでしたので、満員電車のこととか通勤の大変さを知りませんでした。

第1子を全前置胎盤で通常の帝王切開よりもリスクを伴う命がけの出産で実の両親は祈る思いで病院に駆けつけ見守ってるなか「生まれたら電話ちょうだいね~。」と気楽に自宅待機した姑。

こっちは命がけで手術台乗ってるのよ!

前置胎盤の帝王切開をあまくみていた姑にイライラした。

つわりがひどくて寝ていると言っているのに大丈夫かと毎日電話をしてきました。

心配してくれるのはありがたいけど話したくないし気持ち悪くてトイレにこもっているのに電話攻撃で電話が鳴るのが苦痛でした。

それからつわりなのに食べ物を送ってきて匂いで吐きました。

ありがた迷惑ってこういうことだと思いました。

初めての出産の時に、親戚で集まってご飯を食べる機会がありました。

その時にみんなお酒を飲む家系だったので乾杯の場面になったのですが、少しくらい大丈夫でしょ。

こういうときはお酒しか飲まないからお茶もないのよね。飲みたいなら買ってきてと真冬に言われたので、とてもむかつきました。

初めての妊娠の時、姑が自分の若かった頃体を休める時間も無く働いた。

など私が家事を終わらせて一息つこうとすると、話をしだすので気を休める時が無かった。

その割りに大事な体だからなどと気遣うふりをする。

冷やすのは駄目などと言って、真夏に靴下を履くよう促された。

重症妊娠悪阻の私に点滴が落ちてるかしつこく聞いてきて、カルシウムとらなあかんときつい魚を出してきて即嘔吐しました。

陣痛時は呼んでもないのに来て部屋でうろうろ。

病院にも入れないようなバースプラン提出してるのに無言で侵入。

もう泣きたくて苦しくて生涯忘れません!

妊娠中、ひどいつわりで家事もなかなか出来ず、出掛けることもままならないという状況だったのですが、歩いて行き来できる距離に住んでいたにも関わらず、一切音沙汰なしの無関心さでビックリしてしまいました。

もうムカつくことを通り越して呆れました。

切迫早産で安静にしていた時、姑が突然泊まりに来ました。

夜遅くまで韓国ドラマは見るしワインは飲むし、我が物顔に振る舞われて心底ムカつきました。

つわりでえずきながら夕食を作っていると、姑が「私はつわりが軽かった、貴方は普段運動不足だからつわりが酷いのよ。ウォーキングしていらっしゃい」と言い出す始末で、切迫早産の症状について何も知らない姑に呆れてムカつきました。

妊娠中にはナマモノは食べない方が良いから控えていると伝えているのに、家族で食事をするときは必ず寿司にされた。

奢って貰った以上文句も言えずにいたけれど、卵くらいしか食べられず腹が立ちました。

更に餅は乳腺炎になりやすいらしいと言ったら、出産間近に餅を一キロ持ってきたので、寿司もワザだったようです。

国際結婚な私たち。日本での結婚式の日取りを決め家族の航空チケットを手配支払いも済ませた3日後に妊娠が発覚しました。予定日はまさかの結婚式予定日の1週間前。さすがに結婚式は無理だと義理の両親に告げると、結婚式予定日には生まれているだろうから結婚式もやってくれとの無茶振りをされました。出産直後の人に結婚式もやれという気遣いのない態度にムカつくと同時に呆れました。
初産の時、姑から胎児の性別について悪口を言われたのがムカつきました。

私の家系は女ばかり生まれるので、それを揶揄されました。

「貴方の家は女腹だけど、余程前世の行いが悪かったとしか思えない。ちゃんとお墓参りはしてるの?」「お腹の子が女だったらお金ばかりかかって可哀想。私は立派に男の子を三人育てた」などとネチネチ言われてムカつきました。

性別を決めるのは男性の遺伝子だという事も知らないで、よくそういう無神経な事が言えるなとドン引きしました。

初めての妊娠のとき、甘い物がとても食べたくなる食べづわりでした。

そのせいで安定期に入るまでにはとても太ってしまいました。

久しぶりに旦那の実家に行ったら姑に「可愛いブタちゃんみたい」と言われ、とてもムカつきました。

初めての妊娠中です。姑が勝手に赤ちゃんの洋服を買ってきました。

私達夫婦の好みとは真逆のものでしたが、かわいいです、ありがとうございますと言いました。

しかし、私達の反応が姑が思っていたものと違ったようで、もう何も買わないと怒られました。

未だにネチネチ言われます。

まだ一人目が産まれてもいないというのに、二人目作るなら早めにしてね、世話しに来るのに体力がもたないから、と言われました。

まず初めに私は妊娠中にも出産後にもお世話して欲しいと頼んでませんから、どうぞ娘の子供の世話だけしててくれと思いました。

一人目の出産で、特につわりがひどく、ご飯もほとんど受け付けず、働いているので、吐きながら会社や病院を、往復していたとき、姑は油物の匂いは気持ち悪くなったわと昔話をし始めました。特に、いたわるそぶりもなく、油物も食べないのにとムカつきました。また、私の若い頃は最後まで重いもの持っていたわと言われ、切迫気味だったので、ほんとうにムカつきました。
妊娠中は、同居している姑に妊娠は病気ではないのだから、どんどん動いてくれないと困るといわれてしまって、その言葉にむかついてしまって、結局は家にいるのが嫌で、派遣社員として働いていました。

妊娠9カ月まで勤務してました。

つわりで具合が悪くて寝ていたら姑が遊びに来て「息子が外で必死に働いているのに、あなたはのんきね。妊娠は病気じゃないのに・・」とグチグチ言い始めました。

そして「お昼ご飯の用意をお願い」と言ってつわりで具合いが悪い私にご飯の用意をさせました。

妊娠中も臨月まで仕事をしていました。土日はゆっくり検診に行き、旦那とデートをと思っていると必ず姑から電話があります。

「せっかくだからご飯を食べにおいで。」しょうがないから行ってみると、料理はできておらず私が料理する羽目に。

もちろん片付けも。

こっちの気も知らないでとイライラしました。

つわりのとき毎日電話してきて心配会いたいとしつこかったので安定期に入って会いに行こうとしたら今度は来てもらっても転んだりしたら怖いし危ないから来なくていいと言い出しました。

産後行くからと言っていたけど産後は実母がくるから来て欲しくなくて義母には振り回されました。

妊娠21週目にエコーで胎児の性別を検査しました。

男の子だと言われ、姑に会った際にそう伝えると、一姫二太郎といって最初は女の子のほうが育てやすくて良かった、お雛様も飾れるしなどと言われて少しガッカリしましたが気にしてはいませんでした。

ところが産まれてみると女の子だったのに、姑はやっぱり名字を継いでくれる男の子のほうが良い、と出産後グッタリしている私の枕元で夫に話しをしていて、ただ難癖をつけたいだと分かり、かなりムカつきました。

‪妊娠5週目からつわりが始まり、ずっと体調が悪いままだったのですが、それを知った義母がほぼ毎日LINEで体調はどうか聞いてくるのが本当に鬱陶しかったです。

つわりで吐き気がするので携帯もあまり見たくなかったのに、LINEを返さないと電話がかかってきていたのでものすごく負担に思っていました。‬

つわりが落わり、水分も抜けきっていたので、水を飲んでも体重が増えました。

医者に、いくら水太りとはいえ次の検診までに2キロ増えたら警告のハンコを押すと言われていたので、一人分だけ食べていたら、姑に叱られました。

赤ちゃんの分と2人分しっかり食べなさい!と。医者に止められたことを告げると、そんなヤブ医者に行くのやめろ、と更に叱られました。

妊娠中に実家にいた嫁が食べたいものを言ってくるのですが車で1時間かかるため行けない事もありました。

その時嫁が「心配じゃないから来ないんだ」とか「子供の事考えてないから」とか言ってきた事が一番むかつきました。

そんな事全くないのですが、毎日だったら実家に帰らなければいいのにと思ってしまいました。

第一子を妊娠中、心配性の姑は地震があるたびに電話をかけてきました。

比較的大きな地震だけでなく震度3程度の小さな地震でもその都度かけてきます。

体調が悪くて寝ているときでも容赦なく電話をかけてくるのでとても鬱陶しかったです。

姑はいいことをしていると思っているようですが私にとってはありがた迷惑でした。

1人目を妊娠してすぐの頃、姑からお金を貸して欲しいと言われました。

一度は断ったのですが、給料が出たら必ず返すと言われ私は10万円を貸しました。

それから2ヶ月経ってもお金は返してもらえなかったので旦那に相談したところ、姑に話が行き翌日我が家のポストに10万円が入れられていました。

その出来事があってから姑とは必要以上に関わっていません。

それでも懲りてないのか、その後も2回ほどお金を貸して欲しいと言われました。

初めての出産のときに、雑務をいろいろ押し付けられ周りが先にお風呂を勧めてくれましたが姑が「女は最後に入るものだ」とみんなの前で怒鳴りつけてくるということがありました。

旦那が末っ子ということもあり、面白くなかったのかとにかく辛く当たってきました。

1人目の子供を出産してから姑と完全同居しています。

一緒に生活をしてみて解ったのですが、姑はとにかく面倒くさがりやで掃除も家事も嫌いな怠け者です。

そんな中2人目の子供を妊娠した時、妊娠後期に入ってお腹が大きくなってきても家事全般を手伝ってくれませんでした。

お正月に親戚が集まって食事をした時のことです。

食器洗いを大きなお腹がシンクに当たるのを気にしながらしていると、親戚の一人が「大きなお腹で大変でしょう?洗い物代わるわ」と気遣ってくれました。

初めての妊娠中に、サーモンのムニエルを作って姑に出したところ、「こんなもの家じゃださないよ。」と嫌味を言われました。

そのあとも私の出すご飯には味が濃いとか薄いとか、ちょくちょく嫌味を言ってきました。

いつも気を使ってご飯を作っていました。

今一歳になる娘を妊娠中、切迫早産で急遽入院することになりました。

ベッドに縛り付けられての生活はとても苦痛で、お義母さんもたまに病院に通ってくれていたのですが、2人目の時は自分の近くの病院で産んだらいいわと言われ、少し腹が立ちました。

その方が世話がしやすいというのは、分かるのですが、今の家から1時間以上かかる病院に定期検診に通うのかと思うと、うんざりです。

それなら、こちらの家に来て、世話をしてくれたら良いのにと、思ってしまいました。

初めての妊娠中、つわりがひどくて引きこもって寝ていると、突然訪ねてきて掃除もしてないでしょうと掃除機をかけだしました。

ゆっくり眠りたいのに掃除機の音で眠れないし、姑のいるところで眠るのも気が引けました。

掃除してくれるのはありがたいけど、具合悪いのにと思うとむかつきました。

とにかくこれ食べろあれ食べろうるさかった。

こっちはつわりが辛いのに、昔ながらの「2人分食べなきゃ」という呪文のような言葉。

無理やり食べさせられて、でも同居だから吐くこともできない。おかげで太ってお医者様に怒られる始末でした。

実家が自営業の旦那。妊娠していても姑は『妊娠は病気じゃないんだから。頑張って!』と昔の方らしい発言をして臨月ギリギリまで働かされていたのにムカっとしました。

同じ妊娠経験者なのに何で辛さを分かってくれないのか!(笑)

初めての妊娠中、つわりがひどくて引きこもっていました。そろそろ具合もよくなったでしょう。

と姑が突然訪ねてきて、そろそろきちんと朝起きて家事をしなさいと言われたことが今でも忘れられません。

つわりの苦しさをしらない姑には言われたくないと思いました。

初めての妊娠のとき、私の時はあーだったこうだったと自分基準で生活を指示された。

アレルギーがある魚の食品まで食べられないというと、お腹の赤ちゃんにまで好き嫌いができるとアレルギーを無視して食べさせられそうになった。

つわりが酷くて動けない私を心配してきてくれたと思った姑さん…自分の家の洗濯機が壊れたから『貸してくれない?』と来たのだった…

しかも動けない私に『人の家の洗濯機は使い方が分からない』と動けない私に洗濯物を押し付けてきたのには本当にイラっとしました!

人によってはありがたいことなのかもしれませんが、「これ作ってきたの。栄養がたっぷりだから食べて!」と自分が作った料理や野菜、お茶を持ってくることです。

持ってくるだけならまだしも、後日、料理に対する感想を求められます。

食べたくないときだってあるのに、とてもおせっかいに感じイライラします。

また、子供が生まれる前にも自分好みの子供服を購入し、持ってきます。いろいろ気を遣うのは疲れますし、イラっとします。

ほっといてほしいです!

姑は、自然食に拘っていて、自然食を推進する宗教に入っています。

私が妊娠中に、おなかの赤ちゃんの為に、私に無農薬のお米を食べさせたいから、姑を通して買うように言われました。

しかし、私の勤め先で米を買うノルマがあるので、姑からは買えないと言いました。でも、会社から買った米は誰かにあげればいいと言い張りました。

旦那も負けて、姑から1年分買うことになってしまいました。

悪阻が酷く、外出することもできない妊娠初期でした。もちろん料理をすることもままならず、毎日が必死でした。

そんな時、姑から送られてくるのは「丸ごと南瓜」。

力を使うカットももちろん私の仕事。夫が実家に戻る度に持ち帰ってくる南瓜に奮闘していました。

使っても使っても無くならない南瓜。

何故か夫も食が進まず。

夫に問いただすと、実は南瓜が嫌いだったことが判明。

姑は息子が苦手な南瓜を食べさせたいという思いだけで、息子に持たせていたようです。

息子の苦手克服くらい、結婚前にやっておいて欲しかったです。

なぜ妊娠イライラしまし。

長男を妊娠中に、男の子だということがわかると、主人が小さい頃に着ていた服やパジャマを披露してきたこと。

明らかに昭和な感じで、生まれたらこんなの着せなきゃいけないのかな、こんな昭和なもの着せたくないなと思ったらむかついてきました。

姑にとっては初孫なので嬉しいと思ってくれるのは嬉しいのですが、妊娠中血圧が上がり体調が悪く入退院していました。

病院の先生から安静にと言われたのですが、よくお見舞いに来てくれました。

産まれてくる赤ちゃんが心配で家にいる時は毎週日曜の度に家によく来てくれました。

来てくれると気も遣わないといけないし姑のお知り合いの悪口が酷く、それがストレスになりかえって血圧が上昇し、来られるのが凄くムカつきました。

そっと見守ってほしい気持ちでした。

旦那の実家が本家ということもあり、お腹の子が女の子だったため、姑が生まれる前から次は男の子ね!と何度も言ってきたこと。

それから旦那は高身長ですが、私があまり大きくないため身長だけはあなたに絶対似て欲しくないと言われました。

妊娠が分かり、早々につわりが始まりました。姑は初孫だからと、私にいろいろと食べさせたい気持ちがあったようです。

でも、私は平日はフルタイムで仕事をしていたし、週末休みの日はなるべく横になっていたいのに、電話やメールで「ご飯を作ってあげるから食べに来なさい」と頻繁に連絡がきました。

気持ち悪いのを我慢して、主人と伺ったものの、どうしても気持ち悪くて「ごめんなさい。気持ち悪いので帰らせてください」というと「せっかく作ったのに食べなさいよ!」とキレ気味。

ホントむかつきました。

初めての出産の時、主人の洗濯のことを聞かれて、自分でやってるみたいですと言ったら怒られました。

そんなことは あなたがちゃんと私(姑)にお願いしますと伝えるべきだと言われましたが、主人は洗濯くらい自分ですると言って嫌がり、あなたの息子さんが嫌がってるんですよとも言えず、結局お姑さんの怒りをかったまま時がすぎました

現在第二子を妊娠中なのですが、姑の姑にあたる大トメが嫌で仕方がありません。

田舎に暮らしているので身内感覚が強く、私が人に話していない第二子の妊娠のことやまだ確定していない性別のことなどをベラベラ他人に言いふらすのが苦痛で仕方ないです!本人が話してないんだからテキトーなこと他人に言いふらすな!って思います。

すぐに会える距離に住んでなかったので妊娠中もたまに会えるくらいの頻度でした。

連絡をとることもほとんどなく、久々に義実家に行った時に会う程度でした。

義実家に行き姑に会うたびに、妊娠中の体重管理について言われ、ちょっと太りすぎてるんではないかと言われ、体重管理に関してナイーブだったのでとても腹が立ちました。

初めての出産のとき、里帰り出産をしたいと姑に言ったら、機嫌が悪くなり、その後から無視をされました。

夫婦で姑の機嫌をとりに言ったら、「いつもこんなに良くしてやってるのに、里帰り出産をするなんてあり得ない」と激怒されました。

無視されたりショックなことを言われて流産すんじゃないかと思う程ストレスを感じました。

思い出しただけでも血が逆流しそうです。私の妊娠を、まるで自分が妊娠したかのように取り仕切っていく姑でした。

ベビー用品も部屋の家具配置も食べるものも何もかも、勝手に決めて勝手に買って・・・。私の髪型にまで口を出し、ショートカットにしなさいとまで言われました。

極めつけは、よぼよぼのおっぱいを出して、授乳のふりをするというご乱心。ありえないです!!

つわりがきつくて、吐いてばかりいた私。食べれない日が続いていて、お風呂掃除もできなくなったら、自分も旦那を妊娠している時につわりがひどかったらしいが、「病気でもないのに、動けば気分転換になっていいでしょ。私は動くようにしていました。」と小言を言われた。
結婚して二年たっても子供ができないので、踏み切った不妊治療。

頭の固い田舎育ちの姑には、不妊治療自体が分かるはずがないので、言わなくていいと夫に何度も言っていたので、治療中は内緒にしていましたが、妊娠できたあとに嬉しくて言ってしまった夫。

体外受精について理解できず、借り腹だとか、自然ではないとか散々嫌みを言われてむかつきました。

産まれてから息子にあまり会わせていないのは、私のリベンジです!

動くと、お腹に子どもがいるのに大事にしないと怒られてしまい、そうかと思って動かないと、気が利かない、動かないとお腹の子が育ちすぎるし、産む時の体力がつかないと怒られ、何をしても気に入らないという態度にムカつきました。
姑にとっての初孫だったのでとにかく構ってくるんです。

それがとても鬱陶しかったです。

それにダサい妊婦服を持ってきては私に着せようとするし、悪阻にはこれが良いと言って好みでない惣菜を作ってくるし結構めんどくさかったです。

はじめての妊娠の時に、なかなか授からなかったこともあり、今やから言うけど、妊娠しないのは私が細いからだから、漢方でも飲ましって親戚から言われてたの。

妊娠出来て良かったわと言われ、妊娠は夫婦間の問題なのにと思いイラっとしました。

うちハピ