向を使った名前50選~向の意味や由来と読み方を徹底解説!

スポンサードリンク

「向」という漢字について

音読み:こう
訓読み:む-く、む-ける、む-かう、む-こう
字画数:6画

名前に使われる場合は、「ひさ」、「むか」、「むかう」、「むき」、「むけ」の読み方で使われます。

「向」の意味や由来や成り立ちと特徴

「向」の意味については、主に5つあります。

・あるところを目指して移動する、移動させる
・あるところを目指して変化する
・目指す先がどちらにあるかを示す
・あてはまる
・反対側

「向」の漢字の成り立ちは、家に窓がある形をあらわした象形文字です。

窓は、いつも同じ方向に向いていることから、「向かう」の意味になったと言われています。

特徴としては、小学3年生で習う常用漢字です。

名前に合う読み方が少ないため、「日向(ひなた)」など熟語を使った名前で使われることが多い漢字です。

「向」を使った熟語

こちらでは、「向」がどのような熟語やことわざなどで使われているかを紹介していきます。

直向き

「ひたむき」と読みます。真面目に一つのことに打ち込む様子をあらわします。

一心一向

他のことに心を奪われず、一つに集中することを意味しています。

回向発願

自分が積んだ功徳を他の人にも分け、極楽往生を願うことを意味しています。

得手勝手は向こうには効かない

自分が得意なことや自分にとって都合の良いことについて、いくら利点を説明しても相手が納得しない、聞き入れてもらえないことを意味しています。

蟷螂が斧を以て降車に向かう

蟷螂とはカマキリのことを指し、小さいカマキリが前足を振り上げて、大きな車に立ち向かい、車の進行を変えさせたという故事から、弱い者が自分の力量を考えず、強いものに立ち向かうことを意味しています。

「向」の説明の仕方

電話でのやり取りの際、あなたの名前がどの漢字を使っているか聞かれることがありますよね?

そういったシーンで「向」を説明する例を紹介しておきます。

例えば、

A「名前は、○○向陽といいます。」
B「○○こうようさんですね。「こうよう」はどういった漢字を使いますか?」

と聞かれた場合、向の部分の説明の仕方としては、

A「こうは、向かうという漢字です。」
A「こうは、方向のこうです。」

などが挙げられます。

いくつかパターンを持っておくと、説明しやすく、確実に相手に伝えられます。

「向」を使った有名人・芸能人

スポンサードリンク


三原 向平さん
藤原 向意さん

「向」を使った名前候補

向壱(こういち)
向瑛(こうえい、ひさてる)
向我(こうが)
向紀(こうき、ひさき、ひさのり)
向思(こうし、ひさし)
向弐(こうじ)
向瞬(こうしゅん)
向祥(こうしょう)
向佑(こうすけ)
向晟(こうせい)
向汰(こうた)
向大(こうだい、ひさひろ)
向磨(こうま)
向輝(こうき、ひさき、ひさてる)
向晃(ひさあき)
向勝(ひさかつ)
向繁(ひさしげ)
向澄(ひさずみ)
向賢(ひさたか、こうけん)
向睦(ひさちか)
向嗣(ひさつぐ)
向杜(ひさと)
向俊(ひさとし)
向知(ひさとも)
向直(ひさなお)
向成(ひさなり)
向徳(ひさのり)
向悠(ひさはる)
向彦(ひさひこ)
向秀(ひさひで)
一向(いっこう)
英向(えいこう)
回向(えこう)
恵向(けいこう)
謙向(けんこう)
源向(げんこう)
紫向(しこう)
修向(しゅうこう)
誠向(せいこう)
漸向(ぜんこう)
泰向(たいこう)
遥向(ようこう)
龍向(りゅうこう)
涼向(りょうこう)
旭向(あきひさ)
聖向(きよひさ、せいこう)
昂向(たかひさ)
朝向(ともひさ)
恭向(やすひさ)

「向」を選ぶ親の気持ちとは?

名前は子どもに贈る最初のプレゼントです。

子どもの将来を思い浮かべて最高のプレゼントをしてあげたいですね。

名前に使う漢字それぞれには、どんな想いが込められるのでしょう。

そこで、「向」の漢字に込める親の想いについて紹介しましょう。

目標に向かって努力できる人に

「直向き」に目標に向かって、努力を惜しむことなく頑張りぬく強い心を持った頼もしい男性になるようにとの願いもよいですね。

リーダーシップのある人に

「めざす先を示す」を意味することから、目標にたどり着くために、みんなを先導できるようなリーダーシップを発揮できる頼りがいのある人物になるようにとの期待を込めることもできます。

明るく前向きな人に

スポンサードリンク


どんな困難が待ち受けていたとしても、いつも明るく前向きに新たな道を探し出せるように、そして、その明るく純真な心で、多くの人に愛される人になるようにとの想いも込めることができます。

まとめ

「向」という漢字は、「向井」や「向田」など苗字ではよく目にしますが、名前に使う読み方が少ないため、名付けで使われることは少ないようです。

向上心、志向などのように漢字が持つ印象は、とてもポジティブで目標に向かって努力する姿や心が純粋でまっすぐなどが連想され、子どもの未来が明るいものとなる予感がする漢字と言えます。

「こう」の読み方で始まる名前は、明るく活発でみんなに愛される人柄を持つ印象があり、「ひさ」の読み方で始まる名前は、情熱と冷静さをあわせ持ち、まわりからの信頼も得られリーダーとなる素質を感じます。

ぜひ、「向」の字を使ったすてきな名前を付けてあげて下さい。