納豆の冷凍・冷蔵の仕方と賞味期限って?保存方法と7つのメニュー

スポンサードリンク

大豆を発酵させてできた納豆は、栄養価も高く健康に良いことでも有名ですね。

納豆は、ネバネバの食感と匂いが独特なので、好みが分かれますが、色々な形状や料理方法があるので、納豆が嫌いな人でも食べられるレシピも多数。

納豆は、賞味期限を少しくらいなら越しても食べられる食品ですが、きちんと保存しないと発酵が進み、匂いがきつくなり味が落ちてしまいます。

また、豆が白くなっていたり、黒く変色した場合、品質に問題がないのか気になりますよね、

ここでは、納豆の正しい保存方法、納豆の変化や状態について、消費期限、おすすめの納豆メニューなど、詳しく紹介します。

 納豆はどのくらい日持ちする?賞味期限は2週間!

「納豆は腐っているから、賞味期限を過ぎても大丈夫」と思っている方も多いですが、正確にいうと納豆は腐っているわけではありません。

納豆は納豆菌の力を利用した発酵食品なので、ヨーグルトや味噌などと同列。

腐っているというのは食べられない状態になることを言うので、適当ではありませんね。納豆のパックを開けた時に、豆が白くなっている時がありますが、これは被りというもので、納豆菌が活動している証拠なので、問題なく食べることができます。

また少しずつ白くなった場合も、チロシンというアミノ酸の結晶なので問題なく食べられます。

発酵が進むと体に害がないですが、食感や味が変わってしまいますので、なるべく賞味期限内に食べるのがおすすめです。

 納豆の保存方法!

納豆は、賞味期限すぎて保存していると、アンモニア臭が強くなり、豆も黒く硬くなります。

これでは、美味しく食べることが出来ないですよね。

納豆は、どのように保存すると長く良い状態で食べることができるのでしょうか?

納豆の正しい保存方法について紹介します。

 納豆の正しい冷凍保存方法

実は納豆は冷凍保存ができる食材です。

温度に敏感な納豆は、温度が高いと発酵が進んでしまいます。

冷凍して保存することによって、発酵する速度を止めて長期保存が可能。

納豆を冷凍で保存する時は、パックを冷凍用の保存袋に入れて、他の食品に匂いが移らないようにして保存します。

購入してすぐの新鮮な状態で、保存したほうがいいですね。

納豆は冷凍で1カ月は保存が可能。

解凍する時は、電子レンジで解凍すると、納豆の風味が落ちてしまうので、冷蔵庫で自然解凍して使って下さい。

 納豆の正しい冷蔵保存方法

納豆は常温での保存が向いていないので、購入したらすぐに冷蔵保存して下さい。

パックのまま、温度が低いチルド室で保存。

納豆は、温度が高くなると発酵が進みます。

冷蔵庫の頻繁な開け閉めで温度が上がると、発酵が進みますので注意が必要ですね。

うっかり忘れて、期限が過ぎてしまい食べるのに迷ったら、匂いで判断しましょう。

アンモニア臭がきつかったら、納豆の美味しさが失われていますので、食べないほうがいいですね。

 ワンポイントアドバイス

納豆にも色々種類があります。

その中でもひきわり納豆は、割った大豆を使った納豆なので、通常の納豆よりも発酵が進みやすいです。

でも、そこまで違いがあるわけではなく、賞味期限を見ても他の納豆と同じ賞味期限なので、保存方法も通常の納豆と同じで大丈夫です。

また、藁のなかに入って売っている納豆は、保存する時、密封保存容器に移して保存して下さい。

 冷凍しておいた納豆を使った6つのメニュー

冷凍した納豆は、電子レンジの解凍ではなく、冷蔵庫で自然解凍して食べます。

冷凍した納豆を使ったメニューを紹介します。

 油あげの納豆詰め

スポンサードリンク


こんがりと油揚げを焼いた香ばしさがおいしい。中は納豆だけではなくいろいろ!

【材料】

冷凍納豆 2パック

油揚げ 4枚

梅干 大1個

かいわれ大根 1パック

万能ねぎ 4本

青じそ 7~8舞

大根おろし 少々

① 油揚げは開きやすいようにたたいて、半分に切って開いて袋状にします。

② 青じそはみじん切り、かいわれは根元を切って細かく切ります。万能ねぎは小口きり。

③ 梅干は種を取って、包丁でたたきます。

④ ボールに納豆、②、③を入れて塩少々を入れて混ぜます。

⑤ 油揚げに④を4等分して詰めます。口を用事で止めて、平たくします。

⑥ 予熱したオーブントースターに入れて、狐色になるまで15分くらい焼いてください。大根おろしを添えて出来上がり。

納豆はひきわりのほうが合っています。焦げやすいので様子を見ながら焼いてください。

 納豆オムレツ

お腹がいっぱいになるボリュームメニュー。栄養価も高いです。

【材料】

納豆 3パック

卵 8個

バター 大さじ2.5

① 納豆は自然解凍して、たれを混ぜます。万能ねぎは小口きりにします。

② 卵をほぐして塩を小さじ1/4酒大さじ2を混ぜて①に加えます。

③ フライパンを熱して、バター大さじ1/2を入れて、②の1/4両を入れて半熟に焼きます。残りも同様に焼いて、できあがり。

 小松菜納豆和え

あえるだけの簡単メニュー。

【材料】

納豆 60g

小松菜 2株

★ 醤油 大さじ1

★ みりん 大さじ1/2

★ ねりからし 小さじ1/2

① 熱湯に塩をいれて小松菜をゆで、冷水にとって冷まします。

② 小松菜の水気を絞って、2cmの長さに切ります。

③ ボールに納豆と★の調味料を合わせたものをいれ、粘りが出るまでよく混ぜて出来上がり。

 納豆餃子

納豆とニラの組み合わせがとてもおいしい、納豆ぎょうざ。

【材料】

小粒納豆 3パック

ニラ 1束

卵 1個

餃子の皮 1袋

① ニラは細かく切って、納豆と卵、醤油を少々入れてよく混ぜます。

② 餃子の皮に①をのせて、水をつけてくっつけます。餃子のようにひだにしないで半分におってあわせます。

③ フライパンにサラダ油を入れて、②を入れて中火で3分焼きひっくり返して3分焼きます。

 納豆マヨスパゲティ

ただの納豆ではなく、マヨネーズも合わせたスパゲティです。

【材料】

スパゲッティ 400g

納豆 100g

万能ねぎ 小口きり 2カップ

バター 大さじ4

削り節 6g

焼き海苔 1枚

マヨネーズ 大さじ4

七味とうがらし 適量

① 納豆は流水で洗って、粘りを落として他の材料と混ぜやすくします。

② のりははさみで細かく切ります。

③ スパゲッティはたっぷりの熱湯でゆでて、ボールに移して、軽く塩コショウ。万能ねぎとバターを加えて手早く絡めます。

④ 器にもって削り節、納豆、のりをのせて、最後にマヨネーズをのせ七味とうがらしを振って混ぜて出来上がり。

 納豆たまご味噌

【材料】

納豆 1パック

たまご 1個

納豆のたれ1つ

★ しょうが 小さじ1/4

★ 酒 大さじ1

★ みそ 小さじ2

★ 砂糖 小さじ1.5

① 納豆は包丁でたたいてひきわりにして、たれを絡めておきます。

② ★の材料を全部合わせて、鍋に入れて火にかけ弱火にして、たまごを流しいれます。

③ たまごが8割固まったら、納豆にいれてよくかき混ぜて出来上がり。

 納豆の作り置きメニュー

納豆は発酵食品ですが、作り置きのメニューはあるのでしょうか?

おすすめの納豆の作り置きメニューを紹介します。

 納豆そぼろ

お弁当に使える常備菜。シンプルな味付けでどうぞ。

【材料】

ひきわり納豆 3パック

牛ひき肉 300g

砂糖 大さじ2

醤油 大さじ2

豆板醤 小さじ1

サラダ油 大さじ1

青ねぎ 適量

① サラダ油を熱してひき肉を炒めます。ポロポロになった納豆と豆板醤を加えて炒めます。

② 納豆のたれと砂糖、しょうゆを加えて味付けをします。火を止めて青ねぎを混ぜます。

レタスに包んでもおいしいですし、ご飯にかけてもおいしいそぼろです。

 まとめ

納豆の正しい保存の方法や、おすすめのメニューを紹介しました。

納豆は長期間保存する時は、冷凍で保存。

冷蔵庫で保存する時は、発酵が進まないように温度の低いチルド室で保存しましょう。

賞味期限を過ぎても食べることが出来ますが、アンモニア臭がでる前に食べるのがおすすめです。

正しく保存して、健康に良い納豆を食べて下さいね。