妊婦はネギトロを食べちゃダメ?妊娠中のネギトロの胎児への影響と3つの注意点

スポンサードリンク

お寿司のネタとしても人気であり、回転寿司やスーパー、コンビニでも見かけることが多いネギトロ。

ネギトロ巻きやネギトロ軍艦が大好きという方は少なくはないですよね。

単品でもおいしいですが、マグロ丼や海鮮丼に盛ってあっても、豪華さが増しより食が進みます。

そんなネギトロを含め、実は妊娠中に魚を食べると、DHAの効果で赤ちゃんの頭が良くなると言われているのをご存知ですか?

そう聞くと積極的に食べたくなりますが、一方で気になるのが水銀量。

特に鮪は胎児に良くない、という事を耳にした方も多いはずです。

また、生ものを食べるのに抵抗のある妊婦さんも多いでしょう。

妊婦さんはネギトロを食べても大丈夫なのでしょうか?

水銀による胎児への影響や、マグロの種類なども踏まえて3つの項目にまとめてみました。

  • まぐろに含まれる水銀が赤ちゃんにどう影響するの?
  • 妊娠中に食べてもいいマグロと控えるべきマグロがある!ネギトロはどっち?
  • 心配になりすぎなくても大丈夫。でも食べ過ぎにはご注意

妊娠中にネギトロを食べてもいいのか、気になっている妊婦さんの参考になりましたら幸いです。

まぐろに含まれる水銀は赤ちゃんにどう影響するの?

妊娠中のまぐろの摂取で問題になっているのは、まぐろ自体の問題ではなく、微生物を通じてまぐろに取り込まれるメチル水銀です。

多くの食品には食物連鎖などの過程で微量の水銀が含まれていますが、特に魚介類はその含有量が多いとされています。

さらにその中でも食物連鎖の上位にいる種の魚(サメやカジキ、一部のハクジラや、金目鯛など)は特にメチル水銀の量が多いとされています。

そういったことから、水銀量に関して言えばまぐろに限らず、他の魚も気を付けなくてはなりません。

通常魚から摂取するメチル水銀は大人も子供も問題なく排出できるのですが、胎児は水銀の排出が困難。

その為低い水銀量でも影響が懸念されています。

被害としては、音を聞いた際の反応が1000分の1秒以下のレベルで遅れる可能性がある、というものが厚生労働省からの発表です。

参考記事⇒魚介類の摂食と水銀に関する対応について-厚生労働省

一見大きな健康被害では無いようにも感じてしまいますが、お腹にいる赤ちゃんを気遣い、守れるのはお母さんだけです。

「あの時気を付けなかったから…」となってしまってからでは遅いので、妊娠してからは特に気を付けたいですね。

中でも妊娠中期以降はもともと生ものを控えるようにとされていますので、そういったことも念頭においておけば安心です。

逆に母乳を介しての水銀の摂取量は低い為、産後は授乳中でも問題なく食べてもよいでしょう。

食べてもいいマグロと控えるべきマグロがある?ネギトロはどっち?

マグロにも様々な種類があることをご存知でしょうか?

実はすべてのマグロが水銀を多く含んでいるわけではなく、水銀の量が少ない安全なマグロもあるのです。

同じマグロの刺身でも、鮪のたたきでも全く別物。

既定の摂取量を超え、継続的に食べてしまうと水銀によるリスクが生じる可能性のあるマグロの種類は以下の通りです。

  • クロマグロ
  • ミナミマグロ
  • メバチ

クロマグロとメバチは1回80gとして週に一回まで、ミナミマグロは同量で週に二回までが摂取上限の目安です。

主に高級なマグロは、水銀量が多いので覚えやすいでしょう。

そして水銀の含有量が少なく、妊婦さんでも妊娠前と同量で差し支えない鮪の種類は以下の通りです。

  • キハダマグロ
  • ビンナガ(ビンチョウ)
  • メジマグロ
  • ツナ缶、シーチキン

キハダマグロや一般的なシーチキンは差し支えないと言えるでしょう。

またネギトロを食す際には、このマグロの種類に注意。

特にネギトロはお店により使われているマグロが違います。

本来のネギトロは本マグロ(クロマグロ)など高級なまぐろの中おちから作られていた希少なネタでした。

しかし現在回転寿司やスーパーなどで幅広く浸透しているネギトロは、キハダやビンチョウに脂や調味料を加えた人口のネギトロです。

また、鮪の代用品であるアカマンボウ(マンダイ)を使用し、ネギトロとしているものもあります。

ちなみにマンボウの水銀量はキハダやビンナガと並ぶくらいですので、過剰に心配しなくても良いでしょう。

妊娠中はネギトロを食べる前に、どの種類のマグロを使用しているのかを把握してから食べるのが一番安心できますね。

もし、食べてしまった時には慌てずに神経質なくらいで構わないので医師に相談をする事を徹底して下さい。

関連記事⇒妊婦はマグロを食べちゃダメ?妊娠中のまぐろ栄養素や影響と2つの注意点

心配になりすぎなくても大丈夫!でも食べ過ぎにはご注意

スポンサードリンク


妊娠に気づかない期間に『うっかりネギトロやマグロを食べてしまった!』と、後々心配になる妊婦さんもいますよね。

特に妊娠超初期~妊娠初期にかけては細胞の分裂も多いと言われており、水銀が影響するのでは?と考えてしまいますが、あまり心配する必要はありません。

というのも、メチル水銀は胎盤を通して胎児に届くためです。

胎盤が形成されるまではおよそ妊娠四ヶ月。

お母さんの体に取り込まれた水銀は徐々に代謝や排出され、約二ヵ月後には取り込まれた量の約半分にまで減少します。

よって四ヶ月以前に妊娠に気づき次第食事に気を付ければ、水銀によるリスクを避ける事ができます。

どちらかといえば、妊娠初期よりも胎盤がしっかり備わっている妊娠中期~妊娠後期の方がリスクが高まりますので注意が必要。

とは言っても一度の食事や一週間あたりの短期間に食べ過ぎてしまったことで、母体やお腹の赤ちゃんに直ちに影響が出るわけではありませんので、安心してくださいね。

ただし念のため、食べ過ぎてしまったら次回の食事や一週間後の食事では水銀量の多い魚介類の摂取を控えたり、量を減らすといった工夫をしましょう。

妊娠中に妙に食べたくなるネギトロ。

食べても大丈夫か不安に思う方も多いようですが、マグロの種類と量に用心して楽しむ分には、問題がない事が分かりましたね。

妊娠中は食に関してどうしても過敏になりがちですが、我慢しすぎるストレスも妊婦さんにあまり良くはありません。

水銀の摂取量に注意し、バランスの良い食事を心掛けたうえで、ネギトロを美味しくいただきましょう!