妊活中は炭酸飲料を飲んじゃダメ?子作り中の炭酸飲料やジュース3つの注意点

スポンサードリンク

シュワシュワとした清涼感がおいしい炭酸飲料。甘いものからキリっとした飲み口の物まで、種類豊富ですよね♪

喉が渇きやすい夏だけではなく、一年中楽しめる炭酸飲料は、好んで飲む方も多いのではないでしょうか?

しかし、食品に気を使いたい妊活中は、いつも通りたくさん飲んでも良いものか気になりますよね。

そこで、今回の記事では妊活中の炭酸飲料についての情報をまとめてみました。

記事のポイントは3点です。

妊活中に炭酸飲料を飲んでもいいのか?

炭酸飲料を飲む上での注意点

妊活中に飲むならこんな炭酸飲料がおすすめ

妊活中にどんな炭酸飲料を選べばよいのか、お悩みの方の参考になりましたら幸いです!それでは早速、炭酸飲料の種類から説明していきたいと思います。

炭酸飲料ってどんな飲み物を指すの?炭酸水とは違う?

炭酸飲料とは、炭酸水に甘味料や香料、フレーバーなどを加えて作られた清涼飲料水の事を指します。

そのため、水に二酸化炭素を溶かして作る炭酸水とは別の物になります。

炭酸飲料の例を挙げると、コーラやサイダーが分かりやすいですね、この他にも、ガラナやジンジャエール、クリームソーダなども炭酸飲料に含まれます。

炭酸飲料と言われたら、コンビニなどでよく並んでいる、甘い炭酸ジュースを思い浮かべるとよいでしょう。

見た目が透明で炭酸水と判別が難しいものは、ラベルを見ればすぐにわかります。購入の参考にしてくださいね。

炭酸飲料は妊活中に飲んでも良いの?

今回の記事で一番気になる疑問ですが、妊活中に炭酸飲料を飲んではいけない!という事はありませんので、安心してくださいね。

ですが、炭酸飲料には多くの糖分が含まれている事は頭に入れておいた方がよいでしょう。

ここからは、妊活中や炭酸飲料を飲む上での注意点を挙げていきます。

炭酸飲料は砂糖のかたまり!飲みすぎには注意して

シュワシュワとした口当たりであまり気にはなりませんが、実は炭酸飲料には多くの砂糖が含まれています。

炭酸が抜けた炭酸飲料を飲んでみると、とても甘く感じますよね。

砂糖が控えめだと、炭酸の風味で飲料が甘く感じられません。

炭酸と甘さを同時に程よく感じる事が出来るように、他のジュースと比べてみても、炭酸飲料は多めに砂糖が含まれています。

そのため、いくら好きでも毎日炭酸飲料を飲む事は、妊活中ではなくてもあまり健康的にもいいものではありません。

例えば、炭酸飲料の中でも不動の人気であるコーラですが、100mlあたり11.3g。

500mlで56.5gものお砂糖が含まれています。これを角砂糖に換算すると、約18個もの角砂糖を体内に入れている事になるんですね!改めて知るとびっくりするのではないでしょうか?

また、デカビタCも100mlあたり13.5g,、CCレモンも100mlあたり10.1gと、平均的に多めなのがわかりますね。

ゴクゴクと飲めてしまうためあまり自覚はありませんが、500mlペット1本でもこれだけのお砂糖が含まれています。

砂糖の摂りすぎは妊娠を遠ざける!?

妊活と糖分は一見関係がなさそうですが、実は砂糖の摂りすぎは妊娠を遠ざけてしまう原因のひとつにもなります。

砂糖の摂りすぎは低血糖状態を起こし、インスリンの過剰な分泌につながります。

インスリンが過剰に増えてしまうと排卵障害の原因になったり、子宮内膜症の原因になってしまう可能性があるのです。

空腹時にイライラしたり、食後に眠くなるようなら低血糖のサインです。

美味しくて気分がすっきりする炭酸飲料ですが、こういった場面で飲むのは避けた方が良いですね。

このような症状が気になるときは、食事や間食で糖分を取りすぎていないか注意しましょう。

お砂糖たっぷりの炭酸飲料は、虫歯の原因にも…

スポンサードリンク


カルシウムの減少やつわりの影響で、女性は妊娠を機に虫歯になりやすくなります。

加えて、妊娠中は歯の治療が制限されることも。そのため、妊活中から健康的な歯を保ち、なるべく虫歯を増やさないように心がける事が大切です。

炭酸飲料は歯を溶かすともいわれていますが、この砂糖の量を見ればそれも頷けますよね。

また、砂糖の飲料をこまめに飲む事によって、歯を長く酸にさらすことになります。

だらだらと飲む事はなるべく避け、飲んだ後は水やお茶を飲み一度口の中をリセットするといいですよ。

妊活中だけど炭酸飲料が飲みたい!そんな方におすすめの炭酸飲料と選び方

妊活中に糖分が多く含まれている炭酸飲料が良くないのはわかりましたが、今までよく飲んでいた方からすると、急に禁止されるのはつらいものがありますよね。

そんな方に向けて、妊活中でも飲みやすい炭酸飲料や選び方をご紹介いたします。

購入の際はぜひ参考にしてみてくださいね。

糖分が控えめの炭酸飲料を選ぶ!購入前にラベルの炭水化物の値をチェック!

炭酸飲料を選ぶ際の目安として、ラベルの炭水化物の値をチェックするとよいでしょう。

炭酸飲料に記載されている炭水化物の値は、ほぼ糖質とイコールです。そのため、この値が低いものを選ぶのがオススメです。

炭酸の栄養ドリンクは、この値が多い為糖分も大量に入っている事が多いです。

この次に多いのが、サイダーやコーラといった炭酸飲料です。

炭水化物の値が比較的少ないのは、やはり甘味が少なく炭酸水に近い炭酸飲料になります。

炭酸飲料の代わりに炭酸水を飲んでみる

炭酸飲料の甘みが好きなわけではなく、炭酸のシュワシュワ感を楽しみたいのであれば、思い切って成分的にも安心な炭酸水に変えてみるのも手です。

炭酸水のみでは味気がない…という場合は、レモン果汁などを絞ったりと風味が加えられて美味しいですよ!

また、きりっとした飲み口の炭酸水は、吐き気を軽減しつわりの際に活躍することも。

妊娠を予定している場合は、買いだめしておくのも良いかもしれませんね。

妊活中も炭酸飲料は飲んでOK♪ただし、選び方と飲む頻度には注意!

いかがでしたか?妊活中であっても、絶対に炭酸飲料を飲んではいけない!という事はありませんので、その点は安心してくださいね。

しかし、炭酸飲料には砂糖が多く含まれているため、その点を忘れずに毎日大量に飲むようなことは控えた方が良いと言えるでしょう。

一日のうちに飲み物以外でも糖分を摂取する機会は多い為、妊活に限らず、健康面でもあまりいいものではありませんね。

また、妊娠中は血糖値が上がりやすく、妊娠糖尿病になってしまう可能性がある為、糖分の多い炭酸飲料には気を付けてくださいね。

炭酸飲料を選ぶときに迷った際は、成分表を見て購入の参考にしましょう♪

参考URL|一般財団法人 日本清涼飲料水検査協会