妊婦はガムを食べて大丈夫?妊娠中のガムの注意点やおすすめのガム

スポンサードリンク




妊娠中はホルモンバランスの影響で悪阻に悩まされます。

悪阻で口の中が気持ち悪くなり爽やかなミントやレモンの味をしたガムが食べたくなりがちです。

これまでは何気なく食べていたガムですが、妊娠中に食べても問題ないのでしょうか?

そこで今回は、妊娠中にガムを食べてもいいのか?、又ガムの作り方、添加物や甘味料の注意点についてご紹介を致します。

  • 妊娠中にガムを食べてもいいの?
  • ガムはどうやって作られているの?
  • ガムの原料「ガムベース」とは
  • ガムに含まれる添加物の注意点
  • ガムに含まれる甘味料の注意点
  • 妊娠中にお勧めのガム

妊娠中は、お腹の赤ちゃんに栄養が優先的に送られるため妊婦さんは虫歯になりやすいと言われています。

虫歯の予防として知られるキシリトールガムも妊娠中に食べても良いのでしょうか。

妊娠中にガムを食べる際の参考にしてみて下さいね!

妊娠中にガムを食べてもいいの?

もちろん妊娠中でもガムを食べることはできます。

しかし、ガムには甘味料や香料、軟化剤、増粘剤の添加物が多く入っています。

決して身体に良い食べ物ではないので食べすぎには注意が必要です。

妊娠初期は、悪阻で口の中が気持ち悪くなったり食欲がなくなったりすることがあります。

その際にミントの爽やかな味で口の中をさっぱりさせるのにガムは効果的です。

又、妊娠中はお腹の赤ちゃんへ優先的に栄養が送られるため、ママは虫歯になりやすくなります。

虫歯予防とひとつとしてキシリトールのガムを食べるのも良いでしょう。

しかし、ガムは添加物の宝庫ですので、食べすぎたり飲み込んだりしないよう気をつけて食べるようにしましょう。

ガムはどうやって作られているの?

そもそもガムは何から出来てどのように作られているのでしょうか。

妊娠中にママが身体に取り入れる物は、お腹の赤ちゃんにも影響を及ぼす可能性があります。

原材料や作り方をきちんと確認してから取り入れるようにしましょう。

そこで、まずはガムがどの様に作られているのかをご紹介致します。

ガムの作り方

ガムベースを作る

ガムの主成分となる「ガムベース」を作ります。

ガムベースは、ガムを噛んだ後、味が無くなった後に残るものです。

味や香りをつける

お砂糖やキシリトールで甘みを加えて、ミントやレモン、オレンジから抽出された天然植物精油で香り付けをします。

ガムを柔らかくする

噛み心地を良くするためにガムを柔らかくしたり粘り気を出したりします。

形を整える

板や粒に形を整え、梱包されて完成です。

ガムの原料「ガムベース」とは

ガムの主成分とも言える「ガムベース」は何から出来ていてどのように作られているのでしょうか。

植物性樹脂

スポンサードリンク


中南米や東南アジアに生える「アカテツ科」、「キョウチクトウ科」、「クワ科」、「トウダイグサ科」に属する樹木から採取されています。

樹木から採取された樹液を煮詰めて形を整えて出来たものがガムベースの原料となる植物性樹脂です。

代表的なものが「サポディラの木」の樹液を煮詰めて作られた「チクル」です。

チクルは天然の原料なので身体に害はありませんが、サポディラの木が減少してきており他の物を原料としたガムベースが作られています。

酢酸ビニル樹脂

ドイツで開発された無職透明、無味無臭で水に溶けない樹脂です。

天然ではなく、プラスティクから作られた樹脂でガムだけでなく、接着剤としても利用をされています。

厚生労働省は、酢酸ビニル樹脂を安全性と有効性が認められた指定添加物のひとつとして認定をしています。

しかし、一方で動物実験で動物には発ガン性が認められて、人にも発ガン性が疑われるともしています。

発ガン性の疑いがあるにも関わらず指定添加物に認定されているのはちょっと心配ですね。

妊娠中は、なるべくなら避けた方が無難でしょう。

参考:厚生労働省発表「詳細リスク評価書 酢酸ビニル」

エステルガム

噛み心地を良くするために使用されている合成樹脂です。

厚生労働省より指定添加物のひとつとして認定をされています。

しかし、臨床実験でアレルギー反応が見られる人もいるので、ひとによっては合わない場合もあります。

参考:日本医薬品添加剤協会

ポリイソブチレン

弾力性を出すために使用されている合成樹脂です。

厚生労働省より指定添加物のひとつとして認定をされています。

しかし、酢酸ビニル樹脂と同様に接着剤として使用されていますので妊娠中には避けた方が無難でしょう。

炭酸カルシウム

カルシウムの強化と長く噛んだ場合のだれを防ぐために使われています。歯磨き粉の研磨剤としても使用されていて原料は石灰石です。

厚生労働省より指定添加物のひとつとして認定をされています。

参考:厚生労働省発表「指定添加物リスト」

ガムに含まれる添加物の注意点

ガムの粘り気やとろみをつける増粘剤として利用されている「アラビアガム」は、厚生労働省が既存添加物のひとつとして認定している食品添加物です。

既存添加物とは、これまで長年使用されてきた天然添加物のことで、アラビアガムもアカシアの分泌液から得られたものです。

動物実験で、アラビアガムを過剰に摂取した妊娠中のウサギが死亡した結果が報告をされています。

過剰に摂取をしなければ問題はないかもしれませんが、妊娠中には避けた方が無難ですね。

参考:厚生労働省発表「既存添加物リスト」

ガムに含まれる甘味料の注意点

ガムに甘みを出すために主に3つの甘味料が使われています。

3つの甘味料と注意点についてご紹介致します。

果糖ブドウ糖液糖

スポンサードリンク


コーンシロップを原料に作られた甘味料で、主に炭酸飲料、果汁飲料、スポーツドリンクに使われています。

果糖はエネルギーになりにくいので中性脂肪として身体に蓄積されてしまいます。

結果、肥満や糖尿病のリスクが高まってしまうのです。

妊娠中に過剰に摂取すると体重が増えたり妊娠糖尿病の要因となり得ますので注意が必要です。

キシリトール

虫歯予防として知られているキシリトールですが、実は甘味料のひとつなのです。

白樺やカシの樹木から作られている天然の添加物です。

お砂糖と同様の甘味がありますが、カロリーは低いのが特徴です。

しかし、食べ過ぎるとお腹が緩くなってしまうので、妊娠中の過剰摂取には注意が必要です。

アスパルテーム

カロリーオフやノンカロリーと称している飲み物やお菓子には必ず入っている人工甘味料で、お砂糖の200倍もの甘味を持っています。

キシリトールのガムにはほとんどと言っていい程、アステルパームが使われています。

しかし、人工甘味料の中で最も毒性があると言われているのです。

発ガン性や糖尿病、脳障害、うつ病、不眠症などの病気のリスクを高めてしまうので、妊娠中には避けたい甘味料です。

妊娠中におすすめのガム

ガムは、添加物の宝庫と言われるくらいに添加物が山盛りに入った食べ物です。

しかし、厚生労働省が安全性を認めた添加物が入っているので過剰に摂取しなければ問題は無いと言えます。

しかし、妊娠中に食べるのであれば、なるべく身体に害の無い物を選びたいですよね。

妊娠中のお勧めのガムは、歯医者さんで販売している100%キシリトールを使用しているガムです。

妊娠中はお腹の赤ちゃんのためにも極力、化学的添加物は身体に入れたくないですよね。

虫歯予防にも繋がりますし、一度歯医者さんに相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ガムは、甘味料や香料、軟化剤、増粘剤の添加物の塊です。

正直、妊娠中は食べない方が良い物です。

しかし、妊娠中は様々な身体のマイナートラブルに悩まされてストレスも溜めがちです。

何から何まで我慢していては、むしろ胎教に良くありません。

時々は、気分をさっぱりとさせるためにガムを噛んでも良いでしょう!

どうしても気になるようであれば、歯医者さんで販売しているガムやノンカフェインのガム、果糖ブドウ糖液糖やアスパルテームの添加物が入っていない物を選ぶ方がいいでしょう。

ガムを買う前にきちんと原料を確認してから食べるよう心掛けておくと安心ですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です